GJ > 競馬ニュース > 引退も噂された横山典弘騎手が3度目のダービー優勝!
NEW

横山典弘「調教師は諦めた。もうずっと騎手でいく」引退も噂された大ベテランが3度目のダービー優勝!「将来性を断たなくて良かった」の言葉にファンもしみじみ?

【この記事のキーワード】, ,
今年のダービーを勝ったダノンデサイル 撮影:Ruriko.I
今年のダービーを勝ったダノンデサイル 撮影:Ruriko.I

 26日に東京競馬場で行われた競馬の祭典、第91回日本ダービー(G1)は、馬場のいいインからスルスルと抜け出した9番人気の伏兵ダノンデサイル(牡3、栗東・安田翔伍厩舎)が優勝。無敗の二冠が期待された1番人気ジャスティンミラノは2着。3着に7番人気シンエンペラーの入った3連単の払戻は、22万9910円の波乱となった。

 馬最優先主義を貫く56歳のベテランと大一番に向けて万全の状態に仕上げた陣営の努力が実った瞬間だった。

皐月賞断念から掴んだダービー馬の栄冠

 クラシック一冠目の皐月賞(G1)では、発走直前に横山典弘騎手が違和感を覚えて無念の競走除外。結果的に右前肢跛行が分かりことなきを得た。オーナーや関係者の想いを背負った晴れの舞台で苦渋の判断となったが、それから1ヶ月後にダービー優勝という最高の結末が待っていた。

 これには横山典騎手も「自分の決断が間違っていなかったのだなと。厩舎スタッフとそこから立ち上げて、ああいうことがあっても馬は大事にしていれば応えてくれるというのは、馬に感謝です」と振り返ったように、あくまで馬の状態を優先する陣営による勝利といえるだろう。

 その一方で、ジャスティンミラノに騎乗した戸崎圭太騎手のことは、少々気の毒な結果にも思えた。

 戸崎騎手は1週前のオークス(G1)を1番人気ステレンボッシュで2着に惜敗したばかり。ダービーでも同じく1番人気に騎乗していただけに本人も期するものがあったはずである。7枠15番の外枠を引いた影響も少なからずあったかもしれないが、勝ち馬に上がり3ハロンのタイムを0秒4も後れを取った上に2馬身差の完敗。今日のところは相手が一枚上だった。

 こちらについては仕方がないと思える部分もあるのだが、戸崎騎手にツキがなかったとすれば、ダノンデサイルをエスコートした相手が横山典騎手だったことかもしれない。

 というのも、パートナーの能力を余すところなく引き出した熟練の技術、勝負への勘が際立った大ベテランだが、一時は騎手を引退して調教師に転身する噂もあったからだ。

現役続行がもたらした3度目のダービー勝利

熟練の技術が光った横山典弘騎手 撮影:Ruriko.I
熟練の技術が光った横山典弘騎手 撮影:Ruriko.I

 2021年夏頃に調教師試験の勉強を始めた横山典騎手。同時期に名前の挙がった田中勝春元騎手(現調教師)は見事合格し、すでに第2の人生をスタートしている。

 対する横山典騎手は本人も「まだ全然やれると思っているけど、なんせ依頼がないからな。こればっかりは仕方ない」と未練を残しての受験。不合格だったという噂もあり、「調教師は諦めた。もうずっと騎手でいく」と周囲に漏らしていたように、現役続行を決断した経緯がある。

 そして、武豊騎手と同じ道を歩んだ結果、2009年ロジユニヴァース、2014年ワンアンドオンリーに続く3度目の日本ダービーの優勝。もし横山典騎手が試験勉強を続け、調教師になっていたとしたら…おそらくダノンデサイルとの出会いはなかったに違いない。

 そう考えた場合、「皐月賞をやめたことでこれからも含めてデサイルの将来性を断たなくて良かったと思います」と振り返った横山典騎手の言葉は感慨深いものがある。なぜなら調教師の道を選ばなかったことで、騎手・横山典弘の将来性も断たれなかったのだから……。

 昨年の有馬記念(G1)をドウデュースで制した武豊騎手の54歳9ヶ月10日を更新する56歳3ヶ月4日で、JRA・G1レースにおける最年長記録を更新した横山典騎手。公私ともに仲のいいライバルの偉業は、レジェンドも意識せざるをえないだろう。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

横山典弘「調教師は諦めた。もうずっと騎手でいく」引退も噂された大ベテランが3度目のダービー優勝!「将来性を断たなくて良かった」の言葉にファンもしみじみ?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  5. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  8. JRAマーメイドS、栗東トレセンから届いた福永祐一厩舎エーデルブルーメ「本当の評価」とは
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬