GJ > 競馬ニュース > ルメールが過怠金、横山典が騎乗停止に賛否
NEW

C.ルメールが「過怠金」横山典弘が「騎乗停止」に賛否両論!? 覚悟の突撃と不可抗力…JRAの一貫した判断とは

【この記事のキーワード】, ,
C.ルメール騎手 撮影:Ruriko.I
NHKマイルCの斜行で物議を呼んだC.ルメール騎手 撮影:Ruriko.I

C.ルメール騎手の処分に「軽すぎる」「忖度」

 先週5日に行われた3歳マイル王決定戦・NHKマイルC(G1)は、やや後味の悪い決着となってしまった。

 レース後、主戦の川田将雅騎手が「マイルで、日本で一番強いレベルまで行ければ」と語ったように、勝ったジャンタルマンタルは今後のマイル界が明るくなるような素晴らしい走りだった。

 だが、最後の直線で同馬に外から蓋をされた影響で、1番人気のアスコリピチェーノが進路を失うシーンがあった。

 このまま引き下がれないアスコリピチェーノのC.ルメール騎手は、馬群を割ってやや強引に進路を開こうとしたが、そこに前を走っていたマスクオールウィンが内側へ斜行。咄嗟の判断でさらに内へ進路を切り替えたルメール騎手だったが、その際にボンドガール、キャプテンシーが致命的と言える不利を受けてしまった。

 レース後、武豊騎手が「抜け出せそうだったんだけど……アンラッキーでした」とコメントしたボンドガールは17着、M.デムーロ騎手のキャプテンシーが18着の最下位。状況的にもルメール騎手が何らかの処分を受けるのは避けようがなく、元JRA騎手の藤田伸二氏が「誰かが騎乗停止になる」(公式X)とポストするなど、SNSでは「ルメール」「騎乗停止」といったワードが一足早くトレンド入りしていた。

 しかし、JRAが下した処分は騎乗停止ではなく過怠金3万円。これにはSNSや掲示板でも「ルメール忖度」「処分が軽すぎる」など納得いかないといった声も多く見られた。

「G1という注目度の高いレースでしたし、重要度の高い最後の直線。騎手自身もやや強引になることが分かっての馬群割りということもあって、ルメール騎手の騎乗停止を予想した人も少なくなかったと思います。

ただ、今回のケースは前を走っていたマスクオールウィンが内へヨレたことも関係しており、不可抗力が重なった面もありました。(実際にマスクオールウィンの岩田康誠騎手も過怠金3万円の処分を受けた)

こういった複数の斜行が影響した件は当然過去にもあり、G1だと昨年の秋華賞が該当します。最後の直線で前を走っていたコナコーストが内側へ斜行し、それを交わそうとしたモリアーナが内へ舵を切った結果、フェステスバントが進路を失う被害に。結果は(コナコーストの)鮫島克駿騎手が1万円、(モリアーナの)横山典弘騎手が3万円という過怠金処分でした。そういった意味では、今回のルメール騎手(と岩田康騎手)の件もある意味一貫性のある処分だと思います」(競馬記者)

騎乗停止の横山典弘騎手には同情の声

横山典弘騎手 撮影:Ruriko.I
騎乗停止になった横山典弘騎手 撮影:Ruriko.I

 その一方で、今回のルメール騎手や岩田康騎手の過怠金処分と比較して「気の毒」と同情されているのが横山典騎手だ。

 NHKマイルCの前日の京都新聞杯(G2)にウエストナウ(牡3歳、栗東・佐々木晶三厩舎)とのコンビで参戦した横山典騎手だったが、同馬が1コーナー手前でいきなり外側へ斜行……。不慮のアクシデントから何とか体勢を立て直して2着に粘り込んだが、ファーヴェント、プレリュードシチー、ハヤテノフクノスケの3頭が不利を受けてしまった。

 その結果、横山典騎手が騎乗停止処分に。今回のケースは馬の責任も大きく、ウエストナウに平地調教再審査が課せられた関係もあって開催1日の騎乗停止となったが、ファンからも「あれを防ぐのは無理だろ」「ノリさん、悪くないんじゃ」という声があったように、外目には防ぎようがない不可抗力にも見えた。

「(ウエストナウを管理する)佐々木調教師によると、どうやら物見をしてしまったようですね。ウエストナウもこれが2戦目だったように、キャリアの浅い若い馬によく見られることですが、騎手が予測して防ぐのは至難の業だと思います。ましてやウエストナウは(他馬の影響を受けにくい)先頭を走っていましたからね……」(別の記者)

 過怠金3万円で済んだルメール騎手と、騎乗停止になってしまった横山典騎手。これまで何度もファンの間で物議を呼んできたレースの審議だが、今回も賛否両論が分かれる結果となった。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

C.ルメールが「過怠金」横山典弘が「騎乗停止」に賛否両論!? 覚悟の突撃と不可抗力…JRAの一貫した判断とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  2. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  7. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ
  8. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  9. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  10. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは