GJ > 競馬ニュース > 川田将雅、J.モレイラでも勝てなかった馬が4連勝で頂点!
NEW

川田将雅、J.モレイラでも勝てなかった馬が4連勝で頂点!佐々木晶三調教師「まだ本気で走っていません」…フォーエバーヤングと最強馬対決待ったなし

東京ダービーを優勝したラムジェット 撮影:Ruriko.I
東京ダービーを優勝したラムジェット 撮影:Ruriko.I

 今年から新ダート三冠の二冠目として生まれ変わった東京ダービー(G1)が5日、大井競馬場で開催。一冠目の羽田盃(G1)がわずか8頭立てと物足りなさを残したのに対し、羽田盃覇者アマンテビアンコが不在でもフルゲート16頭とメンバーが集まった。

 レースは単勝オッズ1.7倍の圧倒的1番人気に応えた三浦皇成騎手とラムジェット(牡3、栗東・佐々木晶三厩舎)のコンビが優勝。6馬身差の2着にサトノエピック、3着にアンモシエラが入り、3連単の払戻は730円の堅い決着となった。

鞍上の強気な騎乗が生んだ圧勝劇

 ラムジェットのラムジェットによるラムジェットのためのダービー。

 そう評しても過言ではないほど、この日のラムジェットは圧倒的だった。

 前走のユニコーンS(G3)を快勝して臨んだ大一番。大目標としていたケンタッキーダービー(G1)への出走は叶わなかったが、同レース3着のフォーエバーヤングに挑戦状を叩きつけるには十分なパフォーマンスだったといえるだろう。

 羽田盃2着のアンモシエラがハナを主張する展開は大方の予想通り。ただサトノエピックが2番手でマークする積極策、さらにはラムジェットも3番手で追走したことには少々驚かされた。

 というのもサトノエピックは過去に逃げて圧勝した実績もあるが、ラムジェットはデビューからここまでの6戦で後方待機策を採っていた馬だからだ。スタートで遅かったにもかかわらず、三浦騎手がパートナーを促して外の3番手を選択したということは、すでにレース前からこういう競馬がプランにあったのかもしれない。

 そうなると道中はほぼ中央勢の3頭併せの状態。この時点で波乱に終わる可能性が限りなく減ったと気付いたファンも少なくなかったはずだ。3頭の隊列が変わることなく迎えた最終コーナーで三浦騎手が激しいアクションでムチを入れたシーンに一瞬危うさを感じたものの、エンジンが掛かってからは桁違いの伸び。ライバルたちを置き去りにすると手応えに余裕を残したまま、6馬身差をつけてゴール。終わってみれば1頭だけ別次元の走りを披露していた。

「この馬が出るレースで僕がすべて結果を残さなくてはいけないという緊張感」を持って臨んだ三浦騎手も勝利を噛みしめるようにガッツポーズ。この日のラムジェットならいつもの後方待機でも楽勝した可能性が高いとはいえ、強気なポジション取りにパートナーに対する全幅の信頼が伝わってくる競馬だった。

川田将雅、J.モレイラでも勝てなかった馬が破竹の4連勝

 昨年7月中京で北村宏司騎手を背にデビュー勝ちを決めたラムジェットだが、2戦目に川田将雅騎手で3着、3戦目もJ.モレイラ騎手で9着と結果を残すことは出来なかった。しかし、4戦目に初コンビを組んだ三浦騎手が手綱を取ってから破竹の4連勝で、ダートの頂点まで一気に駆け上がってしまった。管理する佐々木調教師から「この馬は皇成に合っていると自信を持って言ってくれた」と三浦騎手が陣営に感謝したのも当然か。

 三浦騎手は「もっともっと上に行く馬」佐々木調教師も「まだ本気で走っていません」とさらなる高みを意識する言葉を残したラムジェット。順調ならジャパンダートダービー(G1、10月2日)で二冠達成を狙う。このレースには、フォーエバーヤングも参戦を予定している。

 ライバルとの最強馬対決を制するようなら、今回の勝利でJpn1・3勝目となった三浦騎手が手の届いていないJRA・G1のチャンピオンズC制覇も現実味を帯びてくる。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

川田将雅、J.モレイラでも勝てなかった馬が4連勝で頂点!佐々木晶三調教師「まだ本気で走っていません」…フォーエバーヤングと最強馬対決待ったなしのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  5. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  9. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  10. 武豊、横山武史が函館参戦の裏で「JRAの事情聴取」も関係?注目若手騎手の「グレーゾーン疑惑」がひっそりと決着