GJ > 競馬ニュース > 【安田記念】「G1未勝利」ジョッキーに初戴冠のチャンス!
NEW

【安田記念】「G1未勝利」ジョッキーに初戴冠のチャンス!ジャスタウェイをあと一歩まで追い詰めた激戦から10年、「元超大物ルーキー」は津村明秀に続けるか

【この記事のキーワード】, ,
三浦皇成騎手 撮影:Ruriko.I
三浦皇成騎手 撮影:Ruriko.I

 春のマイル王者決定戦、安田記念(G1)が今週末行われる。

 連覇を成し遂げた昨年の覇者ソングラインがターフを去り、絶対王者が不在の中行われる今回、G1・7勝している香港のロマンチックウォリアーが参戦を表明したことは大きな注目を集めた。香港最強馬を迎え撃つ日本のトップマイラーたちはどう立ち向かうか。

 そんな今年の安田記念だが、密かに一発を期待したい騎手がいる。それがデビュー17年目の三浦皇成騎手だ。

 三浦騎手はG1・3勝馬エフフォーリアを管理していたことで有名な美浦・鹿戸雄一厩舎所属の騎手である。2008年3月1日にデビューし、同日に初勝利。5ヶ月後の8月10日にはフィフスペトルに騎乗した函館2歳S(G3)で重賞初制覇。また10月25日には武豊騎手の新人年間最多勝利記録「69勝」をも更新。競馬界の第一人者である武豊の記録を塗り替えた超大型ルーキーだけにG1制覇は時間の問題という声も聞かれた。

 しかし現実はそう甘くはなかった。デビュー翌年以降もほぼ毎年のペースで重賞を取り勝利数を重ねるもG1には届かない。結果、現在に至るまでに重賞25勝、JRA1000勝を達成したものの、G1では2着2回、3着7回と未勝利が続いている。

 善戦はしても1着に縁がない三浦騎手であるが、勝利に最も近づいた瞬間が、グランプリボスとコンビを組んだ2014年の安田記念だ。

 その年の1番人気は、ドバイデューティーフリー(G1・現ドバイターフ)で世界レーティング1位に輝いたジャスタウェイ。主戦の福永祐一騎手(現調教師)が騎乗停止で乗れなくなり、代打として柴田善臣騎手が手綱を取った大本命馬は単勝1.7倍の断然人気に支持された。これに対し、三浦騎手のグランプリボスは単勝148.4倍、出走した17頭中16番人気という超大穴だった。

 だが、レースでは抜け出したジャスタウェイ目掛けて鋭い末脚を伸ばし、一時は単独先頭に躍り出るシーンもあった。そのまま押し切るかに見えたものの、底力で優る世界最強馬が差し返したところでゴール。大本命馬とブービー人気の熾烈な叩き合いは、ハナ差でジャスタウェイに軍配が上がり、三浦騎手は悲願のG1まであとわずかという惜敗だった。

 無我夢中で追ったこともあり、ゴール前でジャスタウェイの柴田善騎手にエルボーを食らわしているかのように映ったことで物議を醸すこともあったが、こちらについては柴田善騎手に謝罪したという。それほど両者が必死でぶつかり合ったということだろう。

「G1未勝利」三浦皇成ジョッキーに初戴冠のチャンス!

 そろそろJRA・G1未勝利に終止符を打ちたい三浦騎手は、今年の安田記念でウインカーネリアン(牡7歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)に騎乗する。

 パートナーは昨年の東京新聞杯(G3)でナミュールを下して優勝、今年も2着に入ったように左回りのマイル戦を滅法得意としているだけに、同舞台の安田記念は願ってもない条件が揃った。

 また今週末は天候が崩れる予報も出ており、切れる脚をもつライバルの末脚が鈍る可能性もある。こちらについては稍重で行われた2年前の関屋記念(G3)を勝利し、前走の高松宮記念(G1)も重馬場で4着に善戦しただけに適性は証明済みだ。

 先日は三浦騎手と同じく関東所属の津村明秀騎手が、先日のヴィクトリアマイル(G1)でG1初勝利を挙げたばかり。そろそろ悲願達成の瞬間が訪れても不思議ではないはずだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【安田記念】「G1未勝利」ジョッキーに初戴冠のチャンス!ジャスタウェイをあと一歩まで追い詰めた激戦から10年、「元超大物ルーキー」は津村明秀に続けるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  8. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  10. 武豊に替わって21歳4年目が大ブレイク! 2日続いた函館「タケ」祭り、1日4勝の永野猛蔵が開催リーディング争いに名乗り