GJ > 競馬ニュース > 【徒然なる神のくず競馬トーク】
NEW

【安田記念】勝負師としての「イデオロギー」とは何か?キャプテン渡辺の考える勝負に出るときの「大事な心構え」とは【徒然なる神のくず競馬トーク】

【この記事のキーワード】, ,
【徒然なる神のくず競馬トーク】
【徒然なる神のくず競馬トーク】

 日本ダービー(G1)が終わり、そして敗れ、私達は一体どこへ向かえばいいというのか?その答えは誰も知りません。とりあえず、本日(5月30日現在)の船橋競馬のトリプル馬単が2日連続キャリーオーバー中なので、私はそこへ向かうだけです。ええ。

 安田記念(G1)?ああ、そんなものはねえ……。全く当たる気がしません。はい。ちなみに私の周りもダービーで大勝負に出た結果、討ち死にをした者が溢れていて、LINEでやり取りをしていても「……。」がとても多いです(笑)。まあ、頑張るしかありませんね!

 さて、世間的にはそろそろボーナスなんて話なのでしょうか?良い時期ですね。イマドキは出ない会社も多いと聞きますが、どうなのでしょう?私はこんな仕事でこんな人生なので、ボーナスなるものは貰ったことがありませんが、貰えるのなら異常テンションになっていたことでしょう。

 ボーナスではないが、馬券でボーナス級の払い戻しを受けたことは何度もあります。しかし、まあ……お金というのはすぐに無くなるものですねえ(笑)。何故お金というものは、あんなにも腹持ちが悪いのか?おそろしいことです。

 それに、それこそ例え300万くらい勝ったとしても、別に人生は変わりませんからね。300万どころか、500万でも変わらないでしょう。一時期ちょっと贅沢が出来る程度ですよね。

 そりゃあ、300万勝ちを連発出来るようなら人生も変わりますが、そんな奴はいません。なので、そんなにムキになって大金を勝ちにいってもしょうがないわけです、実際は。大金を勝ちにいくにはリスクも伴いますからね。大きく勝ちにいくと、大きく負けることも多くなります。

 そういう方もたくさんいることでしょう。一度熱くなっている時に、「これが当たったとしても、別に人生が変わるわけではないよな…。」と冷静に考えてみてください。やはり、負けた後に「……。」だらけのLINEを送り続ける程、賭けるべきではない(笑)。

勝負に出るときの「大事な心構え」とは

 一方で勝負に出るコツは、例えば5万くらい勝負するとして、5万勝負は怖いですよね?どんなに自信があっても怖いと思います。そんな時に背中を押すのは、「この5万持っていたとしても、人生が変わるわけではない」とか、「ここで買わなくても他のレースで使うだけ」とか、それこそ「持ってても1日ちょっと贅沢が出来るだけだし、負けたら贅沢しなければいいだけ」などの言葉です。そう思えるかどうかですね。

 これは勝負に出る時には結構大事な心構えだったりします。競馬に限らず、失うことを恐れたり、先の心配をし過ぎて、人生で勝負に出られない人は、これくらい豪快な気持ちを持った方がいい時もあります。ただし、当然失敗する事も多々あるでしょう。

 勝負をしなければ大勝ちは出来ません。これは絶対です。しかし、果たして勝負をする必要があるのか?つまり大勝ちをする必要があるのか?という話と、勝負しないでそのお金を持っていてどうすんの?という、どちらも間違っているとは言えない、2つのイデオロギーが常にせめぎ合っているのですよ!!それが競馬であり、人生なのです!!!!

 ハアハア……。要するにダービーの日に私と私の友人達はエライ目に遭ったということです(笑)。こんなことを考えている時は大体そういう時ですね。とりあえず、安田記念はさっぱりわかりません。というか、まだちゃんと見てません。見る気が失せていました(笑)。はい。ここからちゃんと予想します。みなさんも頑張りましょう。ではまた!

キャプテン渡辺

キャプテン渡辺

お笑い芸人。1975年10月20日生まれ、静岡県静岡市出身。A型。放送芸術学院卒業。2005年にお笑いトリオ・キラッキラーズを結成。現在はピン芸人として活躍中。土曜の競馬中継「ウイニング競馬」レギュラー。競馬予想術の粋を集めた自著「神の馬券術」が好評発売中

【YouTube】くず競馬チャンネル

Twitter:@captain1975

【安田記念】勝負師としての「イデオロギー」とは何か?キャプテン渡辺の考える勝負に出るときの「大事な心構え」とは【徒然なる神のくず競馬トーク】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  8. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  10. 武豊に替わって21歳4年目が大ブレイク! 2日続いた函館「タケ」祭り、1日4勝の永野猛蔵が開催リーディング争いに名乗り