GJ > 競馬ニュース > 【安田記念】「11年ぶり珍記録」は武豊に追い風となるか?
NEW

【安田記念】「11年ぶり珍記録」は武豊に追い風となるか? 法則続けば8人が消える優勝候補…巻き返し期すナミュールのリベンジに期待

【この記事のキーワード】, ,
東京競馬場
東京競馬場

 日本ダービー(G1)を前にまことしやかに囁かれていた春G1の不思議な法則。その内容は同じ騎手が複数回勝利していないというものだ。

 ダービーまでに終了した9度のG1レースで、それぞれ別の騎手が勝利。SNSでも少し話題になっていたものの、ダービーの1番人気ジャスティンミラノは戸崎圭太騎手、2番人気レガレイラにはC.ルメール騎手が騎乗していた。

 3番人気シックスペンスの鞍上も川田将雅騎手だったこともあり、これだけ上位人気馬にトップジョッキーが騎乗しているなら、そろそろ“この法則”も止まるかと思いきや、勝ったのはなんと9番人気の伏兵ダノンデサイルと横山典弘騎手のコンビだった。

 これでついに二桁の大台に乗り、安田記念(G1)でも今年のG1で未勝利の騎手に出番がありそうな雰囲気も出始めた。

 ということで、安田記念に騎乗予定のある騎手の顔触れを確認してみたところ、18人中8人が該当(藤岡佑介騎手、津村明秀騎手は騎乗予定なし)していた。

■春G1で勝利した騎手

戸崎圭太 (皐月賞) ダノンスコーピオン
ルメール (オークス) パラレルヴィジョン
モレイラ (桜花賞) ソウルラッシュ
坂井瑠星 (高松宮記念) フィアスプライド
川田将雅 (NHKマイルC) セリフォス
菱田裕二 (天皇賞・春) ドーブネ
横山和生 (大阪杯) レッドモンレーヴ
横山典弘 (日本ダービー) ステラヴェローチェ

 調べてみたところ、これに似たケースは2013年以来11年ぶりの珍記録だという。

 参考までに前回のケースは、9回連続で別の騎手が勝利した後、高松宮記念(G1)を優勝していたロードカナロアと岩田康誠騎手のコンビが安田記念で2勝目を挙げて終止符を打った。当時はまだ大阪杯がG1昇格前だったため1回少なかったが、今年はどうか。

 また、前回以上に継続を予感させるのは香港から遠征してくる刺客2頭の存在だ。大将格のロマンチックウォリアーは、G1・7勝を誇る中距離の最強馬。もう1頭のヴォイッジバブルも昨年の香港マイル(G1)でナミュール、ソウルラッシュ、セリフォスといった日本の一流マイラーに先着した実力は侮れない。

武豊騎手 撮影:Ruriko.I
武豊騎手 撮影:Ruriko.I

 そうなると、これを迎え撃つ日本馬で今年のG1未勝利といえば、ナミュールに騎乗する武豊騎手への期待が高まる。初コンビとなった前走のヴィクトリアマイル(G1)で8着に敗れたが、レジェンドも「切れる脚が出せずに最後までジリジリとした感じ」と首を傾げたように本来の力を発揮できなかった。

 2度目のコンタクトとなる今回は、しっかりと手の内に入れてくるはず。ドウデュースと華麗な復活を決めた有馬記念(G1)以来の勝利を期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【安田記念】「11年ぶり珍記録」は武豊に追い風となるか? 法則続けば8人が消える優勝候補…巻き返し期すナミュールのリベンジに期待のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  8. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  10. 武豊に替わって21歳4年目が大ブレイク! 2日続いた函館「タケ」祭り、1日4勝の永野猛蔵が開催リーディング争いに名乗り