GJ > 競馬ニュース > 【安田記念】J.モレイラ騎手「重賞4勝」でも実は崖っぷち…
NEW

【安田記念】J.モレイラ「重賞4勝」でも実は崖っぷち…痛過ぎる大本命馬の取りこぼし、ソウルラッシュと挑む「香港の最強刺客」たち

J.モレイラ騎手 撮影:Ruriko.I
J.モレイラ騎手 撮影:Ruriko.I

 4月に短期免許で来日したJ.モレイラ騎手。「雷神」「マジック・マン」の異名を持つ名手は、あいさつ代わりといわんばかりに阪神牝馬S(G2・マスクトディーヴァ)、桜花賞(G1・ステレンボッシュ)、アーリントンC(G3・ディスペランツァ)といきなり重賞レースを3連勝。先週末の目黒記念(G2)もシュトルーヴェで鮮やかな差し切り勝ちを見せ、健在ぶりを示した。

絶対に安田記念を勝利しておきたいモレイラ騎手

 しかし、そんな名手でさえ頭を悩ませているのが、JRAが設定している短期免許の基準である。

 一つ目は国ごとに定められたリーディング上位(直近2シーズンが対象)、二つ目は当該年または過去2年で指定外国競走(G1)を2勝以上、三つめは当該年または過去2年でJRA・G1を2勝以上という条件がある。

 昨年以降にクリアできておらず、最も近道となりそうなのは、三つ目のJRA・G1で2勝以上だろう。ただ2ヶ月で桜花賞(G1)を含む重賞4勝を挙げていながらも、いまだこの基準をクリアすることが出来ていないのだ。

 春のG1シーズンに来日し、4月6日(土曜)から6月5日(水曜)まで期間を残しているものの、残されたG1は安田記念のみ。モレイラ騎手にとって今週末がラストチャンスとなる。

「来日当初のインパクトが凄かったこともあり、G1・2勝は時間の問題と思われましたが難航していますね。痛恨だったのはマスクトディーヴァに騎乗したヴィクトリアマイル(G1)の敗戦でしょう。手応えを十分に残して直線を迎えながらも勝負どころで進路がなくなる致命的な不利。モレイラ騎手もレース後に不利さえなければ勝てていたと悔やんでいました。

また、桜花賞を制したステレンボッシュにオークス(G1)で乗れなかったことも痛いです。大本命に支持されましたが、代役を任された戸崎圭太騎手が2着に惜敗。着差が着差だけに一部のファンからはモレイラ騎手なら勝てたのではないかという声も出ていました。肝心のモレイラ騎手はブラジル競馬のオーナーとの兼ね合いで帰国中と運もなかったです」(競馬記者)

ソウルラッシュ 撮影:Ruriko.I
ソウルラッシュ 撮影:Ruriko.I

 そして残された今週の安田記念でソウルラッシュとのコンビを予定しているモレイラ騎手だが、強力なライバルたちが立ちはだかる。

 武豊騎手が前走に続いて継続騎乗するナミュールをはじめ、川田将雅騎手が騎乗するセリフォスも手強いが、それより厄介なのは香港から遠征してくる2頭の刺客たちだ。大将格のロマンチックウォリアーは現在G1を4連勝中。香港に遠征した日本馬を悉く返り討ちにしている香港最強馬だ。

 また、もう1頭のヴォイッジバブルも派手さこそロマンチックウォリアーに見劣るとはいえ、そのポテンシャルの高さはなかなかのもの。昨年12月の香港マイル(G1)で最強マイラー、ゴールデンシックスティの2着に敗れたがナミュール(3着)、ソウルラッシュ(4着)、セリフォス(7着)に先着した実力は本物。崖っぷちに追い詰められているモレイラ騎手にとって高いハードルとなりそうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【安田記念】J.モレイラ「重賞4勝」でも実は崖っぷち…痛過ぎる大本命馬の取りこぼし、ソウルラッシュと挑む「香港の最強刺客」たちのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  8. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  10. 武豊に替わって21歳4年目が大ブレイク! 2日続いた函館「タケ」祭り、1日4勝の永野猛蔵が開催リーディング争いに名乗り