GJ > 競馬ニュース > 2024年マイル戦線は異常事態!
NEW

セリフォス、ナミュールも不安?2024年マイル戦線は異常事態!マイラーズCは“安田記念を見切った格下馬”の激走に要注意!

【この記事のキーワード】, ,
セリフォス、ナミュールも不安?2024年マイル戦線は異常事態!マイラーズCは安田記念を見切った格下馬の激走に要注意!の画像1
多くの名馬が勝利したマイラーズCだが、今年は何か様子がおかしい

■マイラーズCも波乱必至の状況か

 2024年のマイル戦線は異常事態ともいえる。例年は明け4歳馬の活躍が目立つが、昨年のNHKマイルC(G1)を制したシャンパンカラーを筆頭に、現4歳世代でこれといった強豪マイラーは見当たらない。

 となれば中心は昨年のマイルCS(G1)を制したナミュール、2着ソウルラッシュ、そして2022年のマイルCS馬セリフォスとなるだろうが、ナミュールはドバイ遠征の疲れが隠せず、またセリフォスにはピークを越えたのではという意見、ソウルラッシュは6歳馬で上がり目が期待しにくいといった状況がある。

 今週末に行われるマイラーズC(G2)は、京王杯スプリングC(G2)とともに安田記念(G1)の前哨戦として捉えられており、今年はセリフォス、ソウルラッシュ、エエヤン、コレペティトール、セッション、ソーヴァリアント、ボルザコフスキーなどが出走。もちろん実績馬は安田記念に向けた調整的な意味合いがあり、100%の状態で出走することは考えにくい。その状況とマイル路線のレベル低下を考えると、どう考えても波乱の空気が漂ってくる。

 しかも昨年のマイルCSは3連単17万6490円の波乱決着となっており、今年のマイル重賞をみても京都金杯(G3)は8番人気コレペティトールが勝利して5万馬券、東京新聞杯(G3)は7番人気サクラトゥジュールが勝利し60万馬券、ダービー卿チャレンジT(G3)も9万馬券と波乱続き。

 このマイラーズCは過去を見ても人気通りの決着となったこともあれば、驚くような穴馬の激走で高額万馬券が飛び出したこともある。これまでの傾向を考えると今年は後者、つまり波乱&万馬券となりそうだ。

 しかし競馬ファンにとって、このマイラーズCで激走する穴馬を見つけることは容易ではない。ならばここは万馬券的中のスペシャリスト集団「暴露王」の情報を参考にするのがベストだ。

セリフォス、ナミュールも不安?2024年マイル戦線は異常事態!マイラーズCは安田記念を見切った格下馬の激走に要注意!の画像2
まさかの波乱となった東京新聞杯も穴馬を本命に万馬券をズバリ!

 暴露王は年間300本の万馬券的中を公約とし、今年4月で創立20周年を迎えた驚異の万馬券ハンター集団。今年のマイル路線も熟知しており、つい先日の桜花賞(G1)は◎○▲で万馬券を含むパーフェクト的中を達成。東京新聞杯では7番人気で勝利したサクラトゥジュールを本命に抜擢し、相手筆頭にも2着のウインカーネリアンを指名。なんと馬単3万6140円という万馬券を1点目で的中させているのだ。こんな偉業はなかなかみられない。ほとんどのファンや競馬記者は、単勝1.9倍のマスクトディーヴァを本命にしていたが、同馬は6着に敗退。暴露王だけがその実力を見せつけたレースでもあった。

 そんな暴露王はこのマイラーズCも

“東京新聞杯に匹敵する穴馬2頭を発見済み。このレースだけで春競馬の馬券資金を稼げるだろう”

 と驚きのコメントを発している。彼らが掴んだ情報とは何か、その穴馬はどれほどの存在なのか。話を聞くべく暴露王に突撃した。

「暴露王は美浦トレセンと栗東トレセンで活動する現役の【凄腕記者】と提携しています。彼らはテレビやラジオには出演しないことで、関係者から本音を聞き出すことができる存在。その本音は、スポーツ紙や競馬専門紙では公開できないものばかりです。

 うわべだけの一般的なマスコミの情報を参考にしていては、関係者の本音、そしてレースの核心には辿り着けません。関係者の本音は万馬券の的中に何よりも重要であり、穴馬から狙って万馬券を的中させるには、必須のものといえます。

 暴露王はそんな穴馬陣営の本音を知る【凄腕記者】から情報を独占入手し、ファンに届けてきました。年間300本もの万馬券を的中できるのは、【凄腕記者】から入手した関係者の本音によるものです。

セリフォス、ナミュールも不安?2024年マイル戦線は異常事態!マイラーズCは安田記念を見切った格下馬の激走に要注意!の画像3
こんな高額万馬券を的中できるのが暴露王の魅力

 先の東京新聞杯では、ほとんどのマスコミは危険な人気馬のマスクトディーヴァとジャスティンカフェに注目していましたが、我々はサクラトゥジュールとウインカーネリアンという2頭の穴馬の激走情報を独占入手。サクラトゥジュールはこれまで重賞で5着以内に好走したことがなく、昨年の東京新聞杯でも14着。前走の中山金杯(G3)も12着と大敗していました。そんな馬を本命に指定できたのは、それだけの情報が届いていたからです。

 今週末に行われるマイラーズCも、東京新聞杯で推奨した2頭に匹敵する穴馬の情報が届いており、万馬券はもちろん、かなりの高配当馬券の的中も視野に入っています」(暴露王スタッフ)

 暴露王が入手する情報は、スポーツ紙や競馬専門紙では知ることができない関係者の本音。暴露王はそれらの情報を精査し、万馬券に繋がる情報を厳選してファンへ届けている。その内容は一般マスコミやファンでは想像も付かないものばかりだ。当然のことながら、このマイラーズCに対する期待も大きい。

「関係者の本音として興味深いのは、ここをステップに【本気で安田記念を目指す意外な穴馬】、そして【安田記念を見切ってここで一発激走を狙う格下馬】の存在。

 今年の安田記念は香港の強豪も遠征計画があるなど、混戦模様ながらハイレベルであることは疑いようもありません。その中で、安田記念に出走するには勝利が絶対条件という穴馬や、安田記念よりもこのレースに全力投球という穴馬が存在しており、この2頭が万馬券の使者となるでしょう。

 今回は来週から始まる6週連続G1レースの馬券資金を稼ぐ大勝負として、このマイラーズCで注目する【穴馬2頭】を特別に無料で公開いたします。この情報を参考にしていただき、来週から始まるさらなる大勝負へ挑んでください。もちろん暴露王ではさまざまな穴馬情報を毎週無料で見ることができますので、ぜひそちらもチェックしてください」(暴露王スタッフ)

 暴露王は競馬ファンにとって悲願ともいえる、高額万馬券を狙って的中できる最強の万馬券ハンターだ。これまで競馬で勝てなかったファンが、暴露王を利用して一気に勝ち組となったという声も少なくない。今年の桜花賞では、114万円を獲得した熱狂的な暴露王ファンもいたという。唯一無二といえる万馬券ハンターの実力を、このマイラーズCで堪能しよう。

CLICK→無料公開!【マイラーズCの「極穴馬2頭!と重賞穴馬直前リポート」】暴露王

※本稿はPR記事です。

セリフォス、ナミュールも不安?2024年マイル戦線は異常事態!マイラーズCは“安田記念を見切った格下馬”の激走に要注意!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  3. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  4. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  8. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  9. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為…ビッグレッドファームが来年GWの見学を休止。過去にあった非常識行為と、SNSやYouTubeの無断アップが後を絶たない問題
  10. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も