GJ > 競馬ニュース > 宝塚記念でクラシックホースらを逆転
NEW

横山和生も悔やんだ「タイム差なし」の惜敗から1年…宝塚記念でクラシックホースらを逆転!4歳牡馬の「惨状」に遅れてきたヒーローが登場

【この記事のキーワード】, ,
今年の大阪杯を優勝したベラジオオペラ 撮影:Ruriko.I
今年の大阪杯を優勝したベラジオオペラ 撮影:Ruriko.I

 23日に京都競馬場で行われる宝塚記念(G1)。上半期の総決算といえるグランプリに出走する顔触れも徐々に揃いつつある。

 最大の注目は武豊騎手とのコンビを予定しているドウデュースだろう。1番人気に支持された前走のドバイターフ(G1)で5着に敗れはしたが、最後の直線で進路を失う不本意な展開も響いた。最大のライバル・イクイノックスが引退した今、主役を譲る気はさらさらないはずだ。

 人気実力ともに最右翼の存在であることを証明するように、JRAが6日に発表した『第65回宝塚記念ファン投票』でもドウデュースが1位を獲得。前年のイクイノックスを超える歴代最多投票で2位のリバティアイランドを突き放してトップを守り切った。

クラシックを争った4歳牡馬の人気に異変?

 その一方で今回のファン投票でちょっとした異変を感じたことも事実。というのも3位に健闘したベラジオオペラに対し、4位ドゥレッツァ(菊花賞)、10位ソールオリエンス(皐月賞)、11位タスティエーラ(日本ダービー)と、クラシックを制した馬が人気の面で後れを取っていたからだ。

 例年であれば、三強がクラシックを分け合う世代は盛り上がるケースが多いものの、皐月賞(G1)10着、日本ダービー(G1)4着、菊花賞(G1)不出走のベラジオオペラが、世代を代表する人気で選ばれた今年のケースは少々珍しいかもしれない。

 そこには当然、大阪杯(G1)を制したベラジオオペラの最近の充実ぶりもあるが、クラシックを制したクラシックホースたちの近走を振り返ると納得せざるを得ない部分もある。

 ドゥレッツァは今年初戦の金鯱賞(G2)でプログノーシスに5馬身差の完敗。本番の天皇賞・春(G1)も15着と大敗した結果、陣営からレース後に軽度の熱中症の疑いがあると発表され、その後に骨折も判明して戦列を離脱した。

 ソールオリエンスは1番人気に推された中山記念(G2)で4着に敗れ、巻き返しを狙った大阪杯でベラジオオペラの7着に完敗。タスティエーラにしても大阪杯で1番人気を裏切り11着に敗れ、復帰2戦目の天皇賞・春も7着と振るわない成績だった。

「皐月賞馬とダービー馬がいながら有馬記念(G1)でドウデュースに歯が立たなかったため、この頃から世代レベルを疑問視する声が出始めていたことも確かです。ただ当時はまだ疑惑程度だったのですが、それが現実として浮き彫りになったのが春の成績でしょう。

宝塚記念の顔触れを見渡しても勝ち負けの期待が持てそうな4歳牡馬は、ベラジオオペラくらいかもしれませんね。また、この世代の苦戦は今週末に出走予定のあるハーツコンチェルトとレーベンスティールの成績でも、何となく察しがつきそうです」(競馬記者)

苦戦はクラシックホースだけでなく……

今度こそ負けらないハーツコンチェルト 撮影:Ruriko.I
今度こそ負けらないハーツコンチェルト 撮影:Ruriko.I

 記者から名前の出たハーツコンチェルトは、昨年の日本ダービーで3着に入ってベラジオオペラにも先着した実力の持ち主だが、秋のクラシック戦線で結果を残せなかっただけでなく、今年は日経新春杯(G2)で4着、ネオムターフC(G2)で11着に大敗。確勝を期して臨んだ六社S(3勝クラス)でさえ1番人気を裏切る4着に敗れたばかり。

 今週は土曜東京メインのジューンS(3勝クラス)の出走を予定しているが、大阪杯を優勝したベラジオオペラに大きな差をつけられている現状だ。

 また、もう1頭のレーベンスティールは昨秋のセントライト記念(G2)でソールオリエンスを撃破したことで名を上げたが、12月の香港ヴァーズ(G1)で8頭立ての最下位に惨敗。5月の新潟大賞典(G3)で復帰したものの、1番人気で11着に敗れている。

 こちらは日曜東京メインのエプソムC(G3)にC.ルメール騎手とのコンビで出走を予定しているが、59キロを背負うだけに楽ではなさそうである。こうして振り返ると4歳牡馬のトップクラスは近年稀に見る惨状にも映る。

 あと一歩で戴冠を逃したダービーで「あそこまでいったら何とかならなかったかな」と悔しがった横山和生騎手と大輪の花を咲かせた大阪杯。G1連勝のかかるグランプリでも遅れてきたヒーロー・ベラジオオペラに世代を牽引する活躍を期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

横山和生も悔やんだ「タイム差なし」の惜敗から1年…宝塚記念でクラシックホースらを逆転!4歳牡馬の「惨状」に遅れてきたヒーローが登場のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  8. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  10. 武豊に替わって21歳4年目が大ブレイク! 2日続いた函館「タケ」祭り、1日4勝の永野猛蔵が開催リーディング争いに名乗り