GJ > 競馬ニュース > 札幌記念にクラシックホースが続々参戦
NEW

宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も

【この記事のキーワード】, ,
画像はイメージ
画像はイメージ

プログノーシスは今年も参戦見送り

 23日に開催される春のグランプリ・宝塚記念(G1)。13頭のエントリーがあった今年は、G1・3勝のドウデュースと武豊騎手のコンビが主役となる下馬評である。

 対抗格はC.ルメール騎手とコンビ復活で臨む、昨年の天皇賞・春(G1)勝ち馬ジャスティンパレス。さらに今春の大阪杯(G1)を勝利した成長著しいベラジオオペラ、昨年の皐月賞馬ソールオリエンスとG1馬4頭が参戦する。

 そんな中、古馬中距離路線で有力馬の1頭プログノーシスは今年も参戦見送りとなった。

 同馬は今年3月に金鯱賞(G2)連覇を飾り、4月のクイーンエリザベス2世C(G1)でも2年連続2着に健闘。改めてG1級のポテンシャルを証明した。後方からの鋭い差し脚を武器とする馬だけに、京都の外回りで開催される今年の宝塚記念は、阪神内回りの例年よりもチャンスがあったかもしれない。

 気になる次走について現時点では発表されていないが、昨年も同じローテーションで宝塚記念をスキップすると、8月中旬の札幌記念(G2)に駒を進めていた。

 毎年のように好メンバーが揃うことから、ファンの間では「スーパーG2」と呼ばれているその札幌記念だが、今年も例年に違わず豪華な顔ぶれとなりそうだ。

札幌記念は今年も豪華メンバーか

 すでに参戦を予定している馬の中に、2021年のダービー馬シャフリヤールがいる。同馬は日本ダービー(G1)を勝った翌年にドバイシーマクラシック(G1)も優勝。今年で6歳を迎えたものの、前走のドバイシーマクラシックで2着に好走するなど、能力に衰えは見られない。

2022年の皐月賞馬ジオグリフ
2022年の皐月賞馬ジオグリフ

 また、一昨年の皐月賞馬ジオグリフも札幌記念を目標にすることを、所有するサンデーレーシングが発表した。イクイノックスとドウデュースを退けた皐月賞(G1)の後は白星に恵まれていないが、今年は大阪杯5着、安田記念(G1)6着と復調ムード。札幌は札幌2歳S(G3)を4馬身差で圧勝するパフォーマンスを見せた舞台。完全復活を遂げるか、その走りに注目が集まりそうだ。

「出走を予定しているクラシックホースの数では、今年の札幌記念はすでに宝塚記念と並んでいます。他にも重賞を複数勝利しているステラヴェローチェやボッケリーニ、今秋はエリザベス女王杯(G1)を目指すモリアーナも札幌記念に参戦するプランがあるとのことです。

これにエアグルーヴ以来となる連覇を目指してプログノーシスも出走してくるようなら、それこそ宝塚記念に匹敵するような好メンバーが揃いそうですよ」(競馬記者)

 近年はG1昇格を望む声も一部で聞かれるようになった札幌記念。基本的に夏場といえば、多くの一流馬が休養に入る。そんな時期にトップ級が揃うレースが開催されることは、ファンにとっては喜ばしい限りである。

 ただ、今年の宝塚記念が登録の段階でフルゲートを大きく下回ったように、有力馬の分散に影響しそうな部分に関しては悩ましいところかもしれない。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念ものページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  4. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  5. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  8. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  9. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  10. キタサンブラック産駒を超高価格で落札「謎の購買者」が2年連続で話題に? 昨年の落札馬は「有名オーナー」の名義に