GJ > 競馬ニュース > 松山弘平×杉山晴紀厩舎の「好素材」が人気馬2頭を完封!
NEW

松山弘平×杉山晴紀厩舎の「好素材」が人気馬2頭を完封! ドウデュースを追い詰めるも無念の骨折、春クラシックを逃した3年前のリベンジなるか

【この記事のキーワード】, ,
ジョバンニに騎乗した松山弘平騎手 撮影:Ruriko.I
ジョバンニに騎乗した松山弘平騎手 撮影:Ruriko.I

 7日、小倉5Rに行われた2歳新馬戦は、3番人気のジョバンニ(牡2歳、栗東・杉山晴紀厩舎)と松山弘平騎手のコンビが優勝。今年のダービー馬ダノンデサイルと同じエピファネイア産駒がデビュー戦で白星を飾った。

 夏の小倉・芝1800mの新馬戦は、G1・3勝のドウデュースが3年前に勝ち上がった舞台。それ以前にもG1・4勝の女傑クロノジェネシスがここから羽ばたくなど、近年注目を集めているレースの1つだ。

 今年も友道康夫厩舎のバズアップビート、キタサンブラック産駒の3.4億円ホース・ダノンシーマといった素質馬2頭が参戦。両馬がともに単勝1倍台で人気を分け合ったこともあり、ジョバンニは単勝10.8倍とやや離れた3番人気に留まった。

 レースはダノンシーマがスタートでダッシュがつかず、後方からの競馬となるやや波乱の幕開け。ジョバンニもそれほど速いスタートではなかったものの、すぐに二の脚がついて道中は3番手からレースを進める。

 3、4コーナー中間で外からダノンシーマが追い上げてきたタイミングでジョバンニも進出を開始。4コーナーで早くも先頭に躍り出ると、直線に入っても脚色は衰えず、最後はバズアップビートの追い上げを1馬身差で振り切りフィニッシュした。

「ジョバンニは人気こそ2頭に譲りましたが、先行勢をねじ伏せて後続の追撃もしのぎ切る非常に強い競馬内容だったと思います。勝ちタイムの1分50秒1も先述のドウデュースが勝利したときのそれを0秒1上回っています。来春が楽しみな1頭が現れましたよ。

また、杉山晴厩舎の管理馬で松山騎手、KRジャパンの所有馬といえば、そのドウデュースの新馬で2着に敗れたガイアフォースと同じ組み合わせ。同馬は故障もあって春クラシックに出走できなかっただけに、陣営としてはリベンジの思いもあるかもしれませんね」(競馬記者)

ガイアフォースは新馬でドウデュースを追い詰めるも骨折

ガイアフォース 撮影:Ruriko.I
ガイアフォース 撮影:Ruriko.I

 ガイアフォースといえば2022年のセントライト記念(G2)勝ち馬であり、今年のフェブラリーS(G1)でも2着に好走。芝ダートを問わない実力馬だが、デビュー戦でドウデュースとわずか0秒1差の接戦を繰り広げていたのだから現在の活躍ぶりも納得といえる。

 ただ、同馬は新馬戦の後に膝の骨折が判明。半年以上の休養を余儀なくされることとなった。後のダービー馬をクビ差まで追い詰めながらも、春クラシックに参戦することが叶わなかった。

「セーフティーリードを取って早めに押し切る競馬をしようと思っていました。馬がそれに応えてくれて、強い競馬をしてくれました」

 レース後、松山騎手はドウデュースと同厩舎のバズアップビートを抑えて勝ち上がったジョバンニの走りをそう褒め称えた。年末や来春に向けて次も好レースを見せてくれることを期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

松山弘平×杉山晴紀厩舎の「好素材」が人気馬2頭を完封! ドウデュースを追い詰めるも無念の骨折、春クラシックを逃した3年前のリベンジなるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 永島まなみと「超人気タレント」が共演!? ひまわり賞優勝、小倉ターフ賞受賞の活躍にメディアからも引っ張りだこ
  3. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  4. 【クイーンS(G3)展望】秋を見据え「逆襲」の武豊ボンドガール登場! 秋華賞馬スタニングローズ、ウンブライルら古馬陣が迎撃
  5. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  6. 【キングジョージ(G1)展望】世界最強オーギュストロダンに挑戦状を叩きつけるのは? 欧州上半期の祭典でディープインパクトVSハーツクライが実現も
  7. 夏の新潟「パドックウォーク」が早くも話題沸騰!? 昼休みのパドック開放に「普段は入れないから興味ある」一部では懸念も
  8. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?
  9. 【アイビスSD(G3)展望】新婚の「千直女王」藤田菜七子にチャンス! 勝つのはスペシャリストか、秋を見据える大物か
  10. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体