GJ > 競馬ニュース > グランアレグリアに並んだヤマニンウルスの成長力
NEW

わずか「2年足らず」でグランアレグリアに並んだヤマニンウルスの成長力…ダートの怪物はクロノジェネシスとも共通点

画像はイメージ
画像はイメージ

 1番人気のヤマニンウルス(牡4歳、栗東・斉藤崇史厩舎)が3馬身差の完勝を飾った今年のプロキオンS(G3)。同馬はデビューから無傷の5連勝で重賞タイトルを手中に収めた。

 騎乗した武豊騎手はレース後「今日がまだ5回目のレース。この先どこまで強くなるのかすごく楽しみです」とパートナーの潜在能力を絶賛し、「(久々に騎乗の小倉は)やっぱり暑いですね。馬の方は涼しそうに走っていました(笑)」とウイットを含んだ言葉で締めくくった。

 また、ヤマニンウルスは600キロにも迫る雄大な馬体の持ち主であることも話題の1つとなっている。出走するたびに馬体重を増やしており、今回は半年ぶりの一戦でプラス2キロに留まったものの、それでも一昨年8月のデビューから2年足らずで48キロも増えている計算だ。

グランアレグリアやクロノジェネシスも大幅に馬体増

グランアレグリア 撮影:Ruriko.I
グランアレグリア 撮影:Ruriko.I

 デビューから年を追うごとに体重を増やしていくとともに、力をつけていった馬といえば近年ではG1・6勝を挙げた名牝グランアレグリアが思い浮かぶ。同馬は2歳新馬戦での馬体重が458キロだったものの、5歳秋のマイルCS(G1)で有終の美を飾った際は506キロ。奇しくも現在のヤマニンウルスと同じく48キロもボリュームアップしていた。

 他にも国内外でG1・4勝を挙げたリスグラシュー、G1・4勝した女傑クロノジェネシスなどが初戦からラストランまでの間に40キロ近く成長を遂げたことで知られる。

 過去の名馬たちと重なるような成長過程をたどるヤマニンウルスを管理するのは、そのクロノジェネシスと同じ斉藤崇厩舎。同厩舎は「史上最重量でのJRA重賞勝利」の記録を持つドンフランキーも手掛けており、2018年の全日本2歳優駿(G1)を勝ったノーヴァレンダも526キロの馬体を誇っていた。

 そんな重量級の馬などで実績を残している斉藤調教師もプロキオンSの後、ヤマニンウルスには「またひとつステップアップできたなという感じで頼もしいです」と期待を寄せ、今後については「暮れのチャンピオンズC(G1)に行けるなら行きたい」と話していた。

 主戦を務める武豊騎手もノットゥルノで一昨年のジャパンダートダービー(G1)制覇があるものの、中央のダートG1はインティで勝った2019年のフェブラリーS(G1)から遠ざかっている。成長を続けるヤマニンウルスとともに、久々の中央G1制覇を期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

わずか「2年足らず」でグランアレグリアに並んだヤマニンウルスの成長力…ダートの怪物はクロノジェネシスとも共通点のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  4. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  5. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  8. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  9. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  10. キタサンブラック産駒を超高価格で落札「謎の購買者」が2年連続で話題に? 昨年の落札馬は「有名オーナー」の名義に