GJ > 競馬ニュース > デムーロ不調「きっかけ」と「呪い」
NEW

リオンディーズより心配なM.デムーロ騎手……絶不調の「きっかけ」と、やはり『情熱大陸』が!?

 日本ダービー(G1)で後方から最速の上がりタイムを繰り出したが、5着に敗れたリオンディーズ。能力は同レースで勝利したマカヒキや2着サトノダイヤモンドに勝るとも劣らない部分がああるものの、この一族特有の気性の荒さやレース前のテンションの高さなどが仇となっている印象。とはいえまだ3歳春。兄エピファネイアが4歳でジャパンカップを勝ったように、まだまだこれからだ。

 ファンの間で心配されているのは、リオンディーズでなくその鞍上だ。年明けから絶好調だったM.デムーロ騎手が、ここへきて絶不調に陥っているのだ。きっかけは、4月の皐月賞だという声が一般的だ。

 皐月賞、リオンディーズが暴走気味に早め先頭に立ち、直線で力尽きてヨレ、後につけていたエアスピネルとサトノダイヤモンドを妨害して5着降着(4着入線)。デムーロ騎手としても後味の悪いレースになってしまい、2日間騎乗停止も喰らってしまった。

 そこから、先週日本ダービー開催日終了時点で中央レース勝利はわずか3勝。今年通算は61勝でリーディング3位であるものの、かなりの失速といえる。もちろん年間100勝ペースで十分すごいわけで、調子を崩すのはどの騎手にもある。このようなデムーロ騎手を見たことがないから気になってしまう、という部分もあるのだろう。騎乗する馬の質を考えればもっと勝って然るべきという声も多いが……。

 また、近い間にまた危険な騎乗や妨害をすると処分がさらに厳しくなることから「大人しくしている」という話や「ドゥラメンテで再爆発」という、宝塚記念で本命視されるドゥラメンテにすべてを賭けているなんて声も。ただ、一部ではあの呪いの話が……。

「皐月賞当日夜に放送された『情熱大陸』(TBS系)の”呪い”なんてことは言われています。キズナやら福永祐一などなど、ドキュメンタリー番組に出ると悪いことが起こるというジンクスは以前よりあります。何の根拠もありませんが、デムーロに関しても放送前から騒がれてましたから、やっぱりそうなのか? という声もあるんでしょう」(記者)

 様々な話が出ているが、心配しているという部分も大きいだろう。また陽気に力強く勝利を重ねる姿を早く見たいものだ。

リオンディーズより心配なM.デムーロ騎手……絶不調の「きっかけ」と、やはり『情熱大陸』が!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. ジャスティンミラノを大幅に上回った「期待の良血」がG1に向けて出陣! C.ルメールに替わる新パートナーは「初制覇」のチャンス到来?
  2. 【フローラS】「批判覚悟の出走」が1000万馬券の大波乱を演出!除外された武豊の超良血は幻のG1馬に…「東京マスター」菅原明良と挑む渾身の権利獲り
  3. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  4. 【NHKマイルC】川田将雅ジャンタルマンタル参戦で浮上した「鞍上問題」…陣営と繋がり強い「三冠騎手」が有力候補? その背中に跨るのは
  5. セリフォス、ナミュールも不安?2024年マイル戦線は異常事態!マイラーズCは“安田記念を見切った格下馬”の激走に要注意!
  6. JRA「隠れ最強馬」が待ちに待った戦列復帰…ジャスティンミラノに引け取らない実力、令和の「マツクニローテ」再現あるか?
  7. コスモキュランダ次走ダービーも「鞍上未定」の怪…J.モレイラ続投が決まらない理由に「身元引受調教師」の影響も?
  8. JRA横山典弘「再登板」もファンの胸中は複雑!?ソダシでも主戦騎手が降板の過去…「騎乗批判疑惑」で物議醸したコンビが復活
  9. タガノエルピーダ×M.デムーロ「新タッグ」でオークスヘ!「タイトルを獲得したいものと夢見ております」悲願の初G1制覇目指す名オーナーの希望となれるか
  10. 【福島牝馬S(G3)展望】今年「50戦0勝」騎手が本命馬に騎乗!? リバティアイランドに迫った実力を示せるか