GJ > 競馬ニュース > ダービーあれこれ
NEW

日本”ダービー”ってなに?JRA以外の地方ダービー、武豊の勝利数、世界のダービー、競馬以外の「ダービーあれこれ」

【この記事のキーワード】, ,
日本ダービーってなに?JRA以外の地方ダービー、武豊の勝利数、世界のダービー、競馬以外の「ダービーあれこれ」の画像1

 枠順も確定し日本中で盛り上がっている日本ダービー。しかし、そもそもダービーって何?どういう意味?そう不思議に感じた人も少なくないだろう。

 競馬に関わらずスポーツ界で度々聞かれる「ダービー」という単語。競馬のダービーはもちろん、国内ではボートレースや競輪でも使用されているし、海外のサッカーでは「●●ダービー」などで見られるダービーマッチも多い。

 そこで日本ダービーをさらに盛り上げるために、この「ダービー」について深く掘り下げあらためて勉強したいと思う。読者にとってもちょっとした豆知識となるはずだ。

 ダービーは1780年にイギリス競馬で創設されたダービーステークスが始まりとされている。エプソム競馬場で開催されるため、エプソムダービーやイギリスダービーとも呼ばれており、世界中にあるダービーの中でもっとも歴史が深く権威のあるレースと言えよう。

 このダービーステークスは、イギリスのダービー伯爵エドワード・スミス・スタンリーと、イギリスジョッキークラブ会長のチャールズ・バンベリー準男爵、そしてスタンリーの義叔父であるジョン・バーゴイン将軍の3人によって創設された。しかし意外なことに、ダービーよりも先にオークスが作られており、ダービーはオークスよりも1年後に作られたレースなのである。

 1779年に創設された3歳牝馬限定レースのオークス初代優勝馬は、前述のダービー伯爵の所有馬。そのオークス優勝の祝賀会で新たに3歳牡馬のレースを作ろうと話題になった際、その命名を巡ってダービー伯爵とバンベリー準男爵が譲り合い、結果コイントスによってダービー伯爵が勝利し、3歳牡馬によるレースの名称を「ダービー」と決定したのだ。仮にこのコイントスでバンベリー準男爵が勝利していれば、「ダービー」ではなく「バンベリー」という名称になっていたのだから、数奇な運命といえるだろう。仮にそうなった場合、日本ダービーではなく日本バンベリーなのだから…。ちなみにオークスの名称はそのアイデアが出された別荘の名前からきているという。そして1780年の第一回ダービーはバンベリー準男爵の所有馬ダイオメドが優勝している。

日本”ダービー”ってなに?JRA以外の地方ダービー、武豊の勝利数、世界のダービー、競馬以外の「ダービーあれこれ」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  5. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  9. 宝塚記念(G1)前にドウデュース主戦・武豊が絶好調! メインレース勝利を含む「パーフェクト連対」、2歳新馬は「6馬身差」の圧勝劇
  10. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは