GJ > 競馬ニュース > 2着エポカドーロ
NEW

日本ダービー2着エポカドーロ「世代最強」を送り出した「厩舎力」……藤原英昭調教師の「神業」で秋の主役へ

日本ダービー2着エポカドーロ「世代最強」を送り出した「厩舎力」......藤原英昭調教師の「神業」で秋の主役への画像1

 第85回東京優駿「日本ダービー(G1)」が27日に行なわれ、5番人気の友道厩舎のワグネリアンが福永祐一騎手の手綱で優勝した。

 前残りの決着というレースで、走破時計は2分23秒6。これは遅すぎで、この日の1000万下クラスの決着が2分22秒9であり、6着ケイブルグラムはワグネリアンより0.1秒速い。結局、G1となると牽制し合ってしまうのと、先行勢がうまくスピード落として、スローになってしまう。そういった意味では、一番うまくレースをしてかつ強い競馬を見せたのは、2着に残った皐月賞馬のエポカドーロ(牡3 栗東•藤原英昭厩舎)であろう。

 レースは、スタートから逃げ•先行馬が先頭を目指してインに殺到し、かなりごちゃついた状態で1コーナーを回ったところ、エポカドーロとジェネラーレウーノが先頭に立つ。エポカドーロがインを走っていたので行きっぷりも良く2コーナーで単独ハナに。この時点で行き脚が他馬と違うので、馬のコンディションがかなり良いとわかる。そして、そのまま隊列は4コーナーまで同じである。

「隊列がほとんど変わらなかったのは、各騎手がどの馬を注意しなければいけないのかわからず、ずっと牽制しあってたことが大きいですね。本当に動いたのは4コーナーあたり。人気は偏ってましたが、主役不在のダービーだったのではないでしょうか。その中では、自信を持って前回と同じレースをしていた戸崎騎手のエポカドーロが、手応え良く直線を向いたので『勝つんじゃないか!?』と興奮しましたね」(現場記者)

 直線、ジェネラーレウーノが脱落し、ダノンプレミアムもモタつく中、エポカドーロが抜け出し、先行勢にいたコズミックフォースが馬体を併せてきた。この時、コズミックフォースの石橋脩騎手は何発かムチを入れていたが、エポカドーロの戸崎圭太騎手は1発のムチだけ。そして、中団前目から追い上げてきたワグネリアンが並んできた。ここでコズミックフォースが下がると、ラスト100mはワグネリアンとエポカドーロの叩き合い。1/2馬身ワグネリアンが突き出てゴール。エポカドーロは2着に終わる。スイッチが入ったワグネリアンのスピードは凄まじく完勝に見えるが、エポカドーロのラップは残り600m11.3秒-残り400m11.4秒-残り200m12.0秒。最後はワグネリアンに交わされたものの、逃げた後の直線でムチを1発しか使わず、11~12秒台で後続を振り切るエポカドーロの脚は素晴らしいといえる。

日本ダービー2着エポカドーロ「世代最強」を送り出した「厩舎力」……藤原英昭調教師の「神業」で秋の主役へのページです。GJは、競馬、の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  4. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  5. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  8. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  9. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  10. キタサンブラック産駒を超高価格で落札「謎の購買者」が2年連続で話題に? 昨年の落札馬は「有名オーナー」の名義に