GJ > 競馬ニュース > スタディオブマン仏ダービー
NEW

JRAディープ産駒スタディオブマン仏ダービー制覇! 「凱旋門賞種牡馬」の夢、「日愛仏ダービー制覇」の可能性も?

JRAディープ産駒スタディオブマン仏ダービー制覇! 「凱旋門賞種牡馬」の夢、「日愛仏ダービー制覇」の可能性も?の画像1

 日本時間4日に行われた仏ダービー(G1 ジョッケクルブ賞)が行われ、ディープインパクト産駒のスタディオブマン(牡3 アイルランド産)が勝利し、ディープ産駒初の仏ダービー制覇を達成。先日行われた日本ダービーの勝者ワグネリアンとともに同産駒「日仏ダービー2冠」を達成した。同産駒仏クラシック制覇はビューティーパーラー(2012年)以来2頭目。半兄には日本で1000万下を制したマンボネフューがいる。

 前日に行われた英ダービーでは、断然の1人気に推されたサクソンウォリアーが4着に敗れた。スタディオブマンも苦しいかと思いきや、歴史的勝利となった。

「サクソンウォリアーは2400mが明らかに長いようなレースぶりでの敗戦でしたが、仏ダービーは2100m戦。中団でしっかり折り合い、最後は4頭との壮絶な叩き合いとなりましたが、半馬身ほど抜け出せました。

歴史的快挙であることはいうまでもなく、今後にも期待ができる勝負根性溢れるレースぶりでしたね」(記者)

 スタディオブマンがフランス競馬の馬であることの意味はとてつもなく大きい。順調にいけば秋の凱旋門賞出走も十分に見えてくる。日本競馬の悲願とは少し形が違うが「日本産種牡馬初の凱旋門賞制覇」という偉業も決して夢物語ではない。

 この春世界を席巻しているディープインパクト旋風。サクソンウォリアーも愛ダービーに向かう可能性が取りざたされており、まだ「日愛仏ダービー3冠」の可能性も残っている。こちらにも大いに期待だ。

JRAディープ産駒スタディオブマン仏ダービー制覇! 「凱旋門賞種牡馬」の夢、「日愛仏ダービー制覇」の可能性も?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 無策? 武豊×ドウデュースは「何故」敗れたのか。単勝165倍の最低人気に絡まれた想定外の宝塚記念…最大最強の宿敵イクイノックスがもたらした意外な弱点とは
  2. 「ゴールドシップ再び?」宝塚記念デー大出遅れに場内どよめき…横山武史「約20馬身」のハンデ跳ね返せず
  3. 永島まなみ「もったいなかった」不完全燃焼のリベンジへ! スプリントG1馬近親の「古豪」と狙う藤田菜七子、今村聖奈超え
  4. 「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗…7冠馬の父が勝てなかった宝塚記念、ドウデュースはライバルのリベンジに続けるか
  5. 今村聖奈も「300鞍」争奪戦に参加!? 岩田望来&田口貫太「フランス武者修行」で絶好機迎える“5人の騎手”とは
  6. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  7. 宝塚記念(G1)ソールオリエンスの評価真っ二つ!? 安藤勝己氏「頭打ち」VS田原成貴氏「豪脚を発揮してくれる」
  8. 「単勝174.2倍」もJRA歴代最高配当演出! デビュー戦シンガリ負け「17馬身差」からの大逆転を決めたレーヴドロペラ
  9. 単勝95.1倍「除外明け」超伏兵が直線で瞬間移動!? “実質デビュー戦”で見せた豪脚…牝馬ダート路線に遅れてきた大器
  10. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは