GJ > 競馬ニュース > ラブミーファイン「異端ローテ」
NEW

JRA最強「風水師」Dr.コパの魔術!?「1800→1200→1800」札幌2歳S(G3)ラブミーファイン「異端ローテ」の裏側を語る

【この記事のキーワード】, ,
JRA最強「風水師」Dr.コパの魔術!?「1800→1200→1800」札幌2歳S(G3)ラブミーファイン「異端ローテ」の裏側を語るの画像1

 9月1日に札幌競馬場で開催される札幌2歳S(G3)は、2歳戦でも屈指の出世レースとして知られている。今年もデビュー戦をレコード勝ちしたウィクトーリア、コスモバルク2世といわれるホッカイドウ競馬からの刺客ナイママなど、翌年のクラシック戦線を睨んだ素質馬たちが集結。

その中でも一際”異彩”を放っているのが、函館2歳S(G3)を2着したラブミーファイン(牝2歳、栗東・田所秀孝厩舎)だ。

 函館1800mのデビュー戦は、1000m通過が65.2秒という超スローペースを番手から抜け出して、牡馬相手にあっさりと快勝。稍重の馬場とあってタイムこそ平凡だが、2着ニシノデイジー、3着コントラチェック、4着トゥアレグまでが、すでに未勝利戦を勝ちあがっており、そのレベルの高さを証明している。

 そのまま来年の中距離路線を進むのかと思いきや、一転して1200mの函館2歳S(G3)に出走……異例のローテーションが嫌われて7番人気の低評価だったが、番手でしっかりと流れに乗るとハナ差の2着を確保した。

 そして今度は再び、1800mの札幌2歳S。「1800→1200→1800」と、すでにメディアでも「変幻自在」「異端のローテ」と取り上げられているが、陣営が目先の賞金に走ったわけでないことは明らかだ。

「芝1800mのデビュー戦を勝ったラブミーファインは当初、順当に同じく1800mのコスモス賞(OP)の出走を予定していました。しかし、それがオーナーのDr.コパ(名義は小林祥晃)さんの意向で突如、函館2歳Sに変更になったとか……。

実は当時は、関係者の間でも議論があったそうですが、いきなりのスプリント戦でハナ差の2着ですからね。将来を見越して貴重な賞金加算にも成功しましたし結果が出た以上、『コパさんが正しかった』と言わざるを得ませんよ。関係者も舌を巻いていましたね」(競馬記者)

JRA最強「風水師」Dr.コパの魔術!?「1800→1200→1800」札幌2歳S(G3)ラブミーファイン「異端ローテ」の裏側を語るのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  5. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  8. JRAマーメイドS、栗東トレセンから届いた福永祐一厩舎エーデルブルーメ「本当の評価」とは
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬