GJ > 競馬ニュース > 競馬女王桃井はるこが「本領発揮」!?
NEW

東京大賞典(G1)で競馬女王桃井はるこの「本領発揮」!? キタサンブラックに続く引退馬と地方からのイチオシは?

【この記事のキーワード】, ,
東京大賞典(G1)で競馬女王桃井はるこの「本領発揮」!? キタサンブラックに続く引退馬と地方からのイチオシは?の画像1

 JRAの有馬記念(G1)とともに、年末の風物詩として競馬ファンには馴染み深い東京大賞典(G1)。

 有馬記念では、ここがラストランとなるキタサンブラックとクイーンズリングがワン・ツーフィニッシュ。有終の美を飾った。だが、8番人気のクイーンズリングが上位に食い込んだため、予想が外れた人も多かったはずだ。そこでの負けを取り返すべく、東京大賞典に臨もうとしている人もいるのではないだろうか。そこで今回は、昨年に引き続き、アイドル界イチの『地方競馬好き』を自称する桃井はるこさんにこのレースの見どころを語ってもらった。桃井さんのイチオシの馬はどちら?

――先週の有馬記念ではキタサンブラックが勝利しましたね。

桃井はるこ(以下、桃井):キタサンブラックらしい強い勝ち方に感動しました。私は競馬が好きになってまだ日が浅いので、初めてファンになった馬の”ラストラン”だったんです。競走馬生活の締めくくりをいい形で終えられてよかった。だから東京大賞典でも、ラストランとなるコパノリッキーを応援したいんです!

――武豊騎手が主戦を務めるアウォーディーが出走を回避。一時、武豊騎手が同馬に騎乗するのではないかとも伝えられていましたが、田辺裕信騎手に決まりました。

桃井:ここで武豊騎手が騎乗すれば、2週連続で騎乗馬がラストランというちょっとめずらしいことになったんですけどね。私は最初にG1を生観戦したのが、田辺騎手が騎乗したコパノリッキーが勝利したフェブラリーS(G1)だったこともあり、このタッグにちょっとした縁を感じているんですよ。

 1984年にグレード制が導入されて以降、中央の平地G1で最低人気の馬が勝ったのは、ダイタクヤマトが制した2000年スプリンターズステークス(16頭立て)以来でした。そんな大波乱でレースは幕を降ろしたのですが、最低人気だったため馬券を購入している人も少なく、表彰式は寂しいものになるのかなぁと思っていたんです。ところが、レースを観戦していたファンの方たちは大勢残って、勝ち馬と騎手に拍手を送り、その勝利を讃えていたんですよ! それまでは競馬場ってもっと殺伐としているものだと思っていたので、本当にビックリしました!!

 あの日は、レースに出走する馬や騎乗する騎手だけではなく、馬券が外れたとしてもレースの勝者を称えることができるファン、それらすべてに感激しました。あの経験があったからこそ、競馬ファンとなった今の私があります。まさにコパノリッキーは私の”競馬観”を作った馬なんですよ。

 東京大賞典で勝利を収めて、レース後に行われる引退式に華を添えてもらいたいですね。

東京大賞典(G1)で競馬女王桃井はるこの「本領発揮」!? キタサンブラックに続く引退馬と地方からのイチオシは?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 「怪物候補」に早くもイクイノックス二世の声!?鞍上はドゥラメンテ、スターズオンアースで無念の降板…「7馬身差」より際立った加速と爆発力
  3. 【アイビスSD】“新婚”藤田菜七子騎手が得意の千直でビッグチャンス!超穴馬マウンテンムスメが大波乱を演出か?
  4. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  5. 「計224歳」横山典弘、武豊、柴田善臣、小牧太の爺祭り!?小倉、札幌、福島で大活躍…ラストライドの名手は「131万馬券」で有終の美
  6. 小牧太「JRAラストライド」は12番人気V!「好判断」の連続がこの日唯一の100万馬券もたらす
  7. 福永祐一厩舎「良血2歳馬」が仕切り直しのデビュー戦! 川田将雅が騎乗する「同期」の血統馬がライバル?
  8. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  9. ヤマニンウルスに次ぐ2位の好タイムで「6馬身差」圧勝劇! 新たな怪物候補の登場に横山武史「大きなところも狙える」
  10. 「伝説の朝日杯」から新たな重賞ウイナーが誕生! ドウデュースはじめG1馬が4頭…遅れてきた「好素材」が初タイトル