GJ > 競馬ニュース > 大記録へアルバート
NEW

JRA「史上初」大記録へアルバート出陣! ステイヤーズS(G2)「同一重賞4連覇」で12年続く”名門の証”繋ぐ

【この記事のキーワード】, ,
JRA「史上初」大記録へアルバート出陣! ステイヤーズS(G2)「同一重賞4連覇」で12年続く名門の証繋ぐの画像1

 12月1日に中山競馬場で行われるステイヤーズS(G2)に、史上初の同一重賞4連覇を目指して古豪アルバート(牡7歳、美浦・堀宣行厩舎)が出陣する。

 JRA史上初の大記録達成も然ることながら、ここは本馬も看板の一翼を担う「厩舎のため」にも負けられない戦いになりそうだ。

 関東の名門厩舎の「記録」が風前の灯火となっている。デビュー4年目の2006年に重賞初制覇(函館スプリントS(G3)ビーナスライン)を飾った堀宣行厩舎は、現在12年連続でJRA重賞勝利中。しかし、今年は12月の開催を残して重賞未勝利……長年バトンを繋いできた”名門の証”が途絶えようとしている。

 2010年の高松宮記念(G1)をキンシャサノキセキが勝ってG1厩舎の仲間入りを果たすと、同年の天皇賞・春(G1)のジャガーメイルで早々に2勝目。この年は重賞7勝を上げ、一気に関東の有力厩舎に上り詰めた堀厩舎。そこから現在までJRA重賞51勝。今では競馬サークル内で確固たる地位を築いているが、今年は”不振”に喘いでいる。

 いや、成績自体は現在44勝を上げ、関東リーディング2位。間違いなくトップクラスといえるだけの結果を残しているが、こと重賞に限っては41頭を送り出して未勝利と苦戦が続いているのだ。

 レースを勝つことは大前提だが、大レースで結果を残すことは厩舎に馬を預けてくれた馬主へ大きな賞金を届けるためにも、極めて大きな重要性を持つ。極端に述べれば、例え堀厩舎の半分しか勝てていなくともG1を1、2つ勝っていれば、それ以上の名声が得られるのが調教師といえるだろう。

 そういった点で、トップクラスの勝利数を積み上げていても重賞を勝てていない状況は、厩舎にとって決して好ましくない。今年の堀厩舎は重賞2着も3回、3着も2回しかなく、人気面でも2016年には10回あった重賞1番人気が、昨年は3回、今年はここまで0回と全体的な層の薄さが深刻さを物語っている。

JRA「史上初」大記録へアルバート出陣! ステイヤーズS(G2)「同一重賞4連覇」で12年続く”名門の証”繋ぐのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  3. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  4. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  5. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  6. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  7. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  8. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  9. 【日本ダービー】ジャスティンミラノ「7枠15番」は勝利のフラグ!? 優勝馬は馬連払戻が次走で「100分の1」…戸崎圭太の援護射撃となるか
  10. 【日本ダービー】女傑レガレイラが超えるべき壁。「64年ぶり」に歴史を変えた名牝ウオッカとの比較で見えた“ジャスティンミラノ超えの奇跡”