GJ > 競馬ニュース > マーメイドS高配当の「鍵」
NEW

3年連続10万馬券!荒れに荒れまくるマーメイドS(G3)高配当の「鍵」を握るのは、去年も激走した前走あのレース!

【この記事のキーワード】, ,
mameido.jpg「JRA公式サイト」より

 過去5年で3連単10万馬券超えが4回。毎年ふた桁人気の馬が3着以内に激走しているマーメイドS(G3)が、今週末12日(日)に阪神競馬場で開催される。

 牝馬限定戦としては珍しい阪神2000mのハンデ戦ということもあって、毎年のごとく荒れに荒れまくっているマーメイドS。「何が来てもおかしくない」といった難解なレースだが、その分当ててしまえば、春のG1の負け分もまとめて取り返せる?

 荒れているとはいえ、1番人気は4年連続で馬券圏内の3着以内を確保しているだけに、信頼度はそれなりにある。今年の1番人気は中山牝馬S(G3)でルージュバックを破ったシュンドルボン(牝5歳、美浦・矢野厩舎)になりそうだ。

 前走のヴィクトリアマイル(G1)は相手が強かった面もあるだろうが、マイル戦が一昨年以来と9着惨敗ながら情状酌量の余地は十分。中山牝馬Sでルージュバックを破った力はここでは一枚上で、賞金を加算して秋のエリザベス女王杯(G1)に向かいたいところだ。

 ただ、ここは56㎏のトップハンデがどうか。3走前の愛知杯(G3)では2000m戦で1番人気を背負いながらも8着惨敗。ここのところ1800mでの良績が目立つだけに、2000mは微妙に長いのかもしれない。

 ならば前走OP勝で、成長著しいナムラアン(牝4歳、栗東・福島厩舎)はどうだろうか。

 前走は牡馬に交じって都大路S(OP)を逃げ切り勝ち。母がハーツクライの全妹という良血馬がついに開花して、重賞に駒を進めてきた。もともと3歳の白百合S(OP)では、後の小倉大賞典(G3)の勝ち馬アルバートドックとクビ差の競馬。メンバーの弱いここでしっかりと賞金を上積みしたい。

 だが、前走の都大路Sで2着に下したグァンチャーレが、先週の垂水S(1600万下)で2番人気ながら5着敗退とレースレベルに疑問が残る。前が止まらない京都で上手く逃げ切ったという面は拭い切れず、それで55㎏は見込まれたかも。

 去年の勝ち馬シャトーブランシュ(8番人気)を始め、データ的に相性の良い前走パールS(1600万下)組は今年も見逃せないか。

3年連続10万馬券!荒れに荒れまくるマーメイドS(G3)高配当の「鍵」を握るのは、去年も激走した前走あのレース!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【小倉大賞典】10万馬券を演出した今村聖奈と分かれた明暗…「106戦1勝」の同期に訪れた試練の時
  2. C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」G1の舞台で超大物誕生の予感? 圧倒的な強さに陣営は米クラシックも視野…気になるのは「鞍上問題」の行方か
  3. 【フェブラリーS】「馬に申し訳ないです」騎手が謝罪の大敗もノーカン?人気急落だからこそ侮れない… 勝率「1.9%」でもアノ馬の激走に要警戒
  4. 【フェブラリーS】ハイペース追走ウィルソンテソーロ「完敗」で初G1制覇持ち越し…今年重賞で「オール圏外」松山弘平には厳しい声も
  5. 「再生回数340万超」話題沸騰の武豊×蛯名正義コンビが好素材で白星! 期待される「あの超大物」に続く活躍
  6. 武豊「ノーステッキ」でドウデュースの再現!? 格の違い見せた「久しぶりにこの馬らしい走り」…大本命の川田将雅は力負けの馬券圏外
  7. 【フェブラリーS】三冠馬の主戦はなぜ「最低人気馬」を選択したのか?「何だか勘違いされてる方いるみたい」渦中の調教師が憶測に反論
  8. 【フェブラリーS】なぜ川田将雅の代打が「リーディング50位騎手」なのか…最後のG1迎える名伯楽が託した「ロードカナロアの背中を知る」男
  9. 「天才ジョッキー」再登場も幻の1着!? 大波乱フェブラリーSの裏で珍事が発生…“シルヴァーソニック級”神騎乗に驚きの声
  10. あの「人気競馬YouTuber」がフェブラリーSで超高額配当ゲット!? 「払戻いってくるね」わずか1分40秒足らずで平均年収に近い金額もまさかの結末