NEW

大魔神・佐々木主浩氏も心配!? キタサンブラックも巻き込まれた「魔のレース」の”呪い”に新生シュヴァルグランも要注意?


 果たして、その原因は激戦による疲労なのか。それとも単なる偶然のイタズラなのか……。中でも象徴的なのは、この天皇賞・春をスーパーレコードで制したキタサンブラックが、次走の宝塚記念(G1)で信じられないような敗戦を喫したことだろう。単勝1.4倍を背負ってのショッキングな敗戦は、今なお多くの競馬ファンの記憶に残っているはずだ。

 その際、演歌界の大御所・北島三郎オーナーが「この前(天皇賞・春)も多少走っているし、その前(大阪杯)も勝たせてもらって、馬も疲れている。『疲れてる』と俺に言いたかったんじゃないかな」と相当な疲労が溜まっていたことを示唆。やはり、激戦の疲労は確実に残っていたようだ。

 また、このレースで3着だったサトノダイヤモンドも、この秋は凱旋門賞制覇を目指してフランスに遠征したが、前哨戦のフォワ賞(G2)、本番の凱旋門賞(G1)ともに良いところなく敗戦。欧州の重い馬場に苦しんでいた姿が印象的だったが、やはり本来の走りではなかった。

 さらに4着のアドマイヤデウスこそ豪州に移籍となったが、5着のアルバートは秋初戦のオールカマー(G2)で7着に惨敗。さらにコンディション不良で、予定していたメルボルンC(G1)遠征を断念している。

 また6着に敗れた昨年の皐月賞馬ディーマジェスティも、疲労のために予定していた宝塚記念を回避。未だ休養中の身で、秋のプランは白紙のままである。7着のゴールドアクターも宝塚記念(G1)こそ2着に好走したが、この秋はトモに疲れが出たという理由で予定されていたオールカマー(G2)を回避。ジャパンCを目指して調整されているが、出走できるかは未定だ。

 一方で、このレースで13着、15着に大敗したタマモベストプレイとヤマカツライデンは、この夏の函館記念(G3)で揃って激走し、3連単91万馬券の大波乱を演出。今年の天皇賞・春は、競馬史に残る激戦を演じた上位陣よりも、むしろ早々に脱落してダメージが少なかった大敗組の方が後々好結果を残すという、偶然にしてはなんとも皮肉な状況が生まれている。

大魔神・佐々木主浩氏も心配!? キタサンブラックも巻き込まれた「魔のレース」の”呪い”に新生シュヴァルグランも要注意?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【シルクロードS(G3)予想】ナムラクレア、ウインマーベルを切り!「なさそうでアリの穴馬3頭」で万馬券を狙う!!
  2. 【根岸S(G3)予想】ダート転向大成功のギルデッドミラーを切り!本命は近走成績上々の穴馬
  3. 今村聖奈撃沈の裏で5年ぶり珍記録!? 「168か月連続」勝利の剛腕騎手が泥沼連敗地獄…「ダイワ消滅」を惜しむ声が続出!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. かつて「失敗の烙印」を押されかけた名牝シーザリオ、最後の産駒デビューで思い出される「13年前の奇跡」
  5. 「伝説の新馬戦」圧勝の大器と福永祐一が新コンビ! 復権へ負けられない一戦
  6. JRAレモンポップとギルデッドミラーでは決まらない!? 本命同士がワンツー決着した先週末、激走に自信の特注馬はこれだ【根岸S(G3)予想】
  7. 新たな「クロフネ来襲」で日本人騎手は面目丸潰れ!? JRA信者になったアノ騎手も再来日を熱望…「国外逃亡疑惑」の問題児も存在感
  8. 「3大始祖」消滅の危機……日本で「2頭」世界で「0.4%」の血を残すべく立ち上がったカタール王族の「行動」に称賛
  9. 元JRA藤田伸二氏「頭おかしいんちゃうか?」岩田康誠を猛批判! 騎乗馬にムチで“後脚キック”誘発か……ばんえい競馬事件を超える悪質行為「幅寄せ事件」の真相
  10. 「この条件は●●馬の独壇場」JRAシルクロードS的中のカギを握るのはトウシンマカオではなく、あの秘密兵器