GJ > 競馬ニュース > 大阪杯「鞍上問題」決着
NEW

大阪杯(G1)「鞍上問題」決着! ダンビュライト、ペルシアンナイト「騎手決定」で浜中俊、福永祐一、三浦皇成に”逆襲”のチャンス!?

【この記事のキーワード】, ,
大阪杯(G1)「鞍上問題」決着! ダンビュライト、ペルシアンナイト「騎手決定」で浜中俊、福永祐一、三浦皇成に逆襲のチャンス!?の画像1

 古馬王道路線の幕開けとなる大阪杯(G1)が4月1日(日)に迫り、いよいよ有力馬の鞍上も固まってきた。

 今年はドバイワールドカップデーと日程が重なる影響で、武豊騎手やC.ルメール騎手、岩田康誠騎手といった有力馬をお手馬に抱える騎手が不在。その影響もあって、大阪杯出走馬の鞍上問題は難航を極めている様子だった。

 中でも注目されたのが、1月のAJCC(G2)で重賞初制覇を飾り、充実が著しいダンビュライト(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)だ。

 AJCCを勝利に導いたM.デムーロ騎手は先約の影響でコンビ継続が現実的でない中、次に白羽の矢が立ったのが、昨年のクラシックを共に戦った武豊騎手。一度は話がまとまり掛けたが、お手馬のアウォーディーがドバイワールドカップに招待されたことを受け、武豊騎手がドバイ遠征を決断。鞍上は白紙となった。

 管理する音無秀孝調教師からすれば、昨年末のサンタクロースS(1600万下)で好騎乗を見せた厩舎所属の松若風馬騎手を推したいところだったが、最終的に選ばれたのはG1経験の豊富な浜中俊騎手だった。

「浜中騎手といえば、先日斜行して騎乗停止になったかと思うと、因縁のフィリーズレビュー(G2)では落馬……幸いケガはありませんでしたが、踏んだり蹴ったりといった状況です。

そんな中でダンビュライトの騎乗依頼が来たことには期するところがあるでしょうし、音無先生とのコンビというと、浜中騎手にとっては今のマイナスイメージが付くことの発端となったミッキーアイルが有名です。そういった意味でも、今回の騎乗依頼は大きいと思いますよ。何とか頑張ってほしいですね」(競馬記者)

大阪杯(G1)「鞍上問題」決着! ダンビュライト、ペルシアンナイト「騎手決定」で浜中俊、福永祐一、三浦皇成に”逆襲”のチャンス!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  3. 【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分
  4. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  5. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  9. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」