GJ > 競馬ニュース > 大阪杯「鞍上問題」決着  > 2ページ目
NEW

大阪杯(G1)「鞍上問題」決着! ダンビュライト、ペルシアンナイト「騎手決定」で浜中俊、福永祐一、三浦皇成に”逆襲”のチャンス!?

【この記事のキーワード】, ,

大阪杯(G1)「鞍上問題」決着! ダンビュライト、ペルシアンナイト「騎手決定」で浜中俊、福永祐一、三浦皇成に逆襲のチャンス!?の画像2

 また、そのミッキーアイルが勝った翌年のマイルCS(G1)を、3歳馬として16年ぶりに制した若きマイル王ペルシアンナイト(牡4歳、栗東・池江泰寿厩舎)も、主戦のM.デムーロ騎手がスワーヴリチャードを選択したことで鞍上問題が宙に浮いていた1頭だ。

前走の中山記念(G2)は、1番人気に推されながらも5着に敗退。不甲斐ない走りで主戦騎手にはフラれてしまったようだが、ここに来て関西の名手・福永祐一騎手とのコンビが決定。

「福永騎手は、大阪杯でも有力視されている昨年のジャパンC馬シュヴァルグランの元主戦騎手。オーナーの佐々木主浩氏との確執によって、昨年の宝塚記念(G1)を最後に降板を言い渡された、いわば”因縁”の相手ですね。ここでシュヴァルグランを抑えて勝つようなら、それはそれで1つのドラマと言えるのではないでしょうか」(同)

 そのシュヴァルグラン(牡6歳、栗東・友道康夫厩舎)の鞍上を任されたのが、昨年長期休養から復活した三浦皇成騎手だ。

 デビュー初年度で、武豊騎手が持っていた新人最多勝記録を大きく更新する91勝を上げ、輝かしいスタートを切った三浦騎手。だが、その後は伸び悩み、一昨年夏に落馬によって骨盤骨折や外傷性気胸などの重傷を負うと、約1年に渡る長期休養を余儀なくされた。

「昨夏復帰後はインカンテーションとのコンビで重賞を勝つなど、ケガを思わせない騎乗ぶり。特にこのコンビで挑んだ今年のフェブラリーS(G1)は、事前にハイペースを見切った見事な騎乗でした。

とはいえ、まだG1を勝ったことがない三浦騎手に自分の一番の期待馬を依頼する辺りは、大魔神・佐々木氏らしい男気溢れる起用ですね。三浦騎手も、何とかこのビッグチャンスを掴みたいと気合が入っていることでしょう」(同)

大阪杯(G1)「鞍上問題」決着! ダンビュライト、ペルシアンナイト「騎手決定」で浜中俊、福永祐一、三浦皇成に”逆襲”のチャンス!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「出禁」になったO.ペリエ「税金未払い」騒動!? L.デットーリ「コカイン使用」K.デザーモ「アルコール依存症」過去の”外国人騎手トラブル”に呆然……
  2. 【天皇賞・春(G1)】馬券圏内100%の激走で5万馬券的中!? 四位洋文が福永祐一に授けた「金言」とは… 11番人気2着スティッフェリオにあった鉄板級の法則
  3. 目を掛けた愛弟子の「造反」に師匠がブチ切れ!? 今村聖奈、角田大河の謹慎中に存在感発揮も…安田記念前に師弟関係で遺恨勃発か
  4. 「素行不良」で干された若手の更生に関西の大御所が名乗り! 福永祐一を担当した大物エージェントもバックアップ…関係者から「優遇され過ぎ」の声
  5. 「ニューヒロイン候補」小林美駒が見せた著しい成長!リーディング争いに敗れても勝負強さでベテランを圧倒…女性騎手戦線に「新時代到来」の予感
  6. 須貝尚介厩舎「重賞50連敗」ゴールドシップ、ソダシら手掛けた名門が苦戦…相次いだ誤算と見えてきた光明
  7. 【青葉賞】武豊「ダービーに出さないといけない」キタサンブラック弟シュガークン出陣! 相性抜群レース完勝も、本番に不安材料?
  8. 横山武史「乗り替わり」の無念を晴らす重賞勝利に会心ガッツポーズ! 初のメイン勝ちなど大暴れ「妹弟子」の活躍も刺激に?
  9. 【マイラーズC】団野大成がソウルラッシュで代役V!安藤勝己氏、田原成貴氏も安田記念に好感触…「申し訳ない気持ちです」元主戦が悔やんだ2年前の大失態
  10. NHKマイルCに「史上最高メンバー」集結!? 2歳女王アスコリピチェーノVS2歳王者ジャンタルマンタルに加え「あの大物」参戦も…役割を終えたマル外ダービーに脚光