GJ > 競馬ニュース > サクソンウォリアー4着
NEW

JRAファンも応援サクソンウォリアー4着、英ダービーの壁厚く……残るは「ディープ日仏2冠」


JRAファンも応援サクソンウォリアー4着、英ダービーの壁厚く......残るは「ディープ日仏2冠」の画像1
※ディープインパクト/『JBISサーチ』

 日本時間3日に開催された英ダービー(G1)。勝利したのはW.ビュイック騎乗のマサー。断然の1人気に推されたディープインパクト産駒サクソンウォリアーは4着に終わった。

 今年のドバイを席巻したゴドルフィンがオークスをフォーエヴァートゥゲザーで、ダービーをマサーが勝利と英国でも存在感を発揮。ロイヤルブルーの勝負服が主役となった。

 無敗の4戦4勝、クラシック初戦の2000ギニーも完勝し、圧倒的1番人気だったサクソンウォリアーだが、苦い初敗北となってしまった。序盤は中団インコースで脚を溜めたが、後半下りのカーブを終えたところで周囲のスピードにややついていけず。最後は脚が残っていなかった印象は否めず、レース前にいわれていた「距離不安」が的中してしまった。

 先週の日本ダービーをワグネリアンが制したことで、世界的「ディープインパクト旋風」が期待されていた今年の英ダービー。ここまで圧倒的な強さを示しただけに、大きな期待をされていた。

 しかし、2400mではこれまでの強さは出ず。これは日本的感覚だが、よりパワーが求められる欧州の2400mで、国内でも中距離適性の高さが感じられるディープインパクト産駒には苦しい、ということなのだろうか。

 3日23時15分には、仏ダービーには、これまた前哨戦を圧勝したディープインパクト産駒スタディオブマンが上位人気で出走予定。「日英仏ダービー制覇」の夢は潰えたが「2冠」の可能性は残っている。ここも期待したい。

JRAファンも応援サクソンウォリアー4着、英ダービーの壁厚く……残るは「ディープ日仏2冠」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. スプリンターズS(G1)横山武史「史上2人目」大記録達成に王手! 相性抜群パートナーと臨む舞台で武豊、C.ルメール、川田将雅超えなるか
  2. 「将来が楽しみ」圧巻の勝ちっぷりに川田将雅も絶賛! イクイノックスの名門からまた新たな大物が出現、目指すは来年の三冠競走か
  3. 1日5勝の川田将雅さえ霞む池添謙一のW神騎乗! 15番人気→10番人気でWIN5「歴代5位」4億2878万3320円演出&菊花賞切符ゲットの大仕事!
  4. 菊花賞(G1)見えたが、ファンからは溜息…!? 「秋には重賞戦線へ」大物オーナーが期待をかけるスタミナ自慢が第2のデルタブルースになれない理由
  5. 審議長引いた「斜行体当たり」も降着なし 横山武史「コメントしないから!」に現場騒然 「帰国」J.モレイラも心中複雑!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【スプリンターズS(G1)】何故「絶好調」ナムラクレアは敗れたのか。レース後、調整過程に起こった変革。まさかの5着に終わった昨年の裏事情とは
  7. 凱旋門賞はなぜ「日本の夢」であり続けるか。「名馬の墓場」と世界から侮蔑の眼差しを受けた過去を乗り越えて 〜スルーセブンシーズの孤独な挑戦〜
  8. 【シリウスS(G3)展望】武豊VS岩田望来! 「打倒ミックファイア」へ、ジャパンダートダービー(G1)2着馬も参戦
  9. 東西最終レースに未来のダート女王候補登場か? 武豊主戦のインゼルレーシング所有馬とキャロットファームのドゥラメンテ産駒に熱視線
  10. 武豊「オファーがあれば」豪州最高峰メルボルンC(G1)に急遽参戦も!? 今年限りで「引退」L.デットーリと最後の共演なるか