GJ > 競馬ニュース > ウオッカ×ディープ
NEW

JRAファン「悲願」ウオッカ×ディープインパクトついに実現か……「遅すぎる」意見多数も谷水オーナーの「思い」が

【この記事のキーワード】, ,
JRAファン「悲願」ウオッカ×ディープインパクトついに実現か......「遅すぎる」意見多数も谷水オーナーの「思い」がの画像1

 27日(日)に行なわれる日本ダービー(G1)。いろいろとネットでも情報が飛び交い盛り上がっているのだが、過去のダービー馬に関する情報で面白い話を「Number」(文藝春秋)が明かしている。

 今週の同誌は日本ダービーが特集されたが、現在海外で繁殖活動を行なっているウオッカも取り上げられていた。その記事の中で、ウオッカのオーナーである谷水雄三氏が「ウオッカを日本へ戻して、ディープインパクトと交配させるプランもある」と語っている、というのだ。

 日本で種牡馬としても活躍を続け、いまだに3歳クラシック戦線に産駒を送り込むディープインパクト。ウオッカと交配し生まれてくれば、”14冠の仔”が誕生することになる。日本で走らせれば、新馬戦から話題になるはずだ。

 だが、この情報に対してネットでは「少し遅すぎたのではないか」「いまはロードカナロアでは?」「どれでもいいから、早く日本の種牡馬をつけてほしい」と反応が様々。

 諸手を挙げて喜んでいるのは、意外にもごく一部のファンであった。

「たしかに海外の種牡馬をつけて生まれた仔を日本で走らせてみたものの、あまりうまくいっておらず、そろそろ日本の種牡馬と交配させようとするのも生産者側としては必然の考え方じゃないでしょうか。しかし、種付料が値上がった今のディープインパクトに、ファンは魅力を感じていないようです。

ファンの『遅すぎた』という声の裏には『何故、まず最初にディープインパクトと交配してくれなかったんだ?』『なぜ海外の種牡馬ばかりウオッカに付けるんだ?』という疑問があるからでしょう。それだけにいまさらな感じは拭えないのだと思います」(競馬ライター)

JRAファン「悲願」ウオッカ×ディープインパクトついに実現か……「遅すぎる」意見多数も谷水オーナーの「思い」がのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 無策? 武豊×ドウデュースは「何故」敗れたのか。単勝165倍の最低人気に絡まれた想定外の宝塚記念…最大最強の宿敵イクイノックスがもたらした意外な弱点とは
  2. 「ゴールドシップ再び?」宝塚記念デー大出遅れに場内どよめき…横山武史「約20馬身」のハンデ跳ね返せず
  3. 永島まなみ「もったいなかった」不完全燃焼のリベンジへ! スプリントG1馬近親の「古豪」と狙う藤田菜七子、今村聖奈超え
  4. 「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗…7冠馬の父が勝てなかった宝塚記念、ドウデュースはライバルのリベンジに続けるか
  5. 今村聖奈も「300鞍」争奪戦に参加!? 岩田望来&田口貫太「フランス武者修行」で絶好機迎える“5人の騎手”とは
  6. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  7. 宝塚記念(G1)ソールオリエンスの評価真っ二つ!? 安藤勝己氏「頭打ち」VS田原成貴氏「豪脚を発揮してくれる」
  8. 「単勝174.2倍」もJRA歴代最高配当演出! デビュー戦シンガリ負け「17馬身差」からの大逆転を決めたレーヴドロペラ
  9. 単勝95.1倍「除外明け」超伏兵が直線で瞬間移動!? “実質デビュー戦”で見せた豪脚…牝馬ダート路線に遅れてきた大器
  10. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは