NEW

JRA障害王オジュウチョウサン次走「宝塚記念(G1)」濃厚!? 中山グランドジャンプ4連覇達成で「ファン投票」出走に大きく前進!

JRA障害王オジュウチョウサン次走「宝塚記念(G1)」濃厚!? 中山グランドジャンプ4連覇達成で「ファン投票」出走に大きく前進!の画像1

「非常に嬉しいです。ずっとプレッシャーを感じていました」

 13日に中山競馬場で行われた中山グランドジャンプ(G1)はオジュウチョウサン(牡8歳、美浦・和田正一郎厩舎)が圧勝。単勝1.1倍という圧倒的な支持に応え、同レース4連覇を達成した。

 苦しい展開も徹底マークもなんのその。王者は、やはり王者だった。

 4250mの障害コースを11頭で行われたレース。好スタートを決めたオジュウチョウサンは、すんなり好位へ。有力馬が激しくマークし、飛越で軽く躓くシーンもあるなど例年以上に厳しいレースだった。

 しかし、これが絶対王者の自信か。オジュウチョウサン、そして「オジュウの力を信じて乗りました」と話した主戦の石神深一騎手は落ち着いたもの。

 最後の直線入り口ではシンキングダンサーとの一騎打ちとなったが、そこからは力が違った。各馬が一杯になって次々と脱落する中、オジュウチョウサンは最後まで力強い足取り。最後は後続を引き離して4連覇を飾った。

JRA障害王オジュウチョウサン次走「宝塚記念(G1)」濃厚!? 中山グランドジャンプ4連覇達成で「ファン投票」出走に大きく前進!のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「1着に飢えて」JRAから戒告…福永祐一「持論」自ら実証の“勝ち逃げ”引退も、大先輩が痛恨の被害
  2. 新馬8馬身差「大楽勝」の大器がクラシック黄信号…2週連続「謝罪」の鞍上は踏んだり蹴ったり
  3. JRA高松宮記念、グレナディアガーズ、ナランフレグ、ピクシーナイトらG1馬全滅の危機…。「隠れた短距離適性」の注目穴馬!
  4. JRA「3月売上壊滅的」ストライキは泣きっ面にハチだった!? 大幅ダウンという形で明確に表れたファンの声…春のG1連続開催に大きな不安
  5. 和田竜二「止まっているわけではない」ディープボンドはなぜ伸びなかったのか? 阪神大賞典(G2)鞍上も気付けなかった「変則ラップ」のカラクリ
  6. 「ポテンシャルは非常に高い」川田将雅も能力を絶賛! ディープインパクト産駒「最後の怪物候補」が衝撃の5馬身差V
  7. ディープインパクトやキタサンブラックら栄光の陰で、勝者になれなかった馬たちに待ち受ける悲しい現実…「馬が好き」だからこそ知っておきたい引退馬問題の最前線【特別インタビュー】
  8. 岩田康誠「大絶賛」の超新星が4連勝! 大変身の裏にT.マーカンドの“金言”も、かつての主戦は「昨年、今年0勝」の184連敗…
  9. キタサンブラックを倒した「最強2勝馬」逝く 今村聖奈「戦意喪失」悟った最下位惨敗!川田将雅「単勝1.1倍」10連勝ストップの“事故”【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 武豊「騎乗停止」に藤田伸二氏が痛烈コメント!? 風雲急を告げる天皇賞・春(G1)クリンチャー「鞍上」は……