NEW

【スワンS(G2)展望】武豊でスマートオーディン激変!? モズアスコット、セイウンコウセイ「不調G1馬」で大荒れ確実?

【スワンS(G2)展望】武豊でスマートオーディン激変!? モズアスコット、セイウンコウセイ「不調G1馬」で大荒れ確実?の画像1

 26日(土)に京都競馬場にてスワンS(G2)が開催される。マイルCS(G1)の重要なステップレースとして注目の集まるレースである。

 今年はフルゲート18頭に対して特別登録に20頭エントリーしている。G1馬も2頭含まれているが近走の成績が悪く、抜けた馬がいないという印象だ。

【スワンS(G2)展望】武豊でスマートオーディン激変!? モズアスコット、セイウンコウセイ「不調G1馬」で大荒れ確実?の画像2

 その中で人気を集めそうなのがモズアスコット(牡5、栗東・矢作芳人厩舎)だ。昨年の安田記念馬だが、安田記念の前は3戦連続2着。賞金が足りず、抽選で滑り込んで連闘となった安田記念を制した。

 昨年もスワンSから始動して2着と好走するも、本番のマイルCSでは1番人気を大きく裏切る13着と惨敗。以降、海外遠征も含めて前走まで4戦消化しているが、いずれも掲示板すら載れない敗退が続いている。

 ただ、1週前追い切りと最終追い切りで良い動きを見せ、1走使った分上積みが見込めるという評価がもっぱらだ。

【スワンS(G2)展望】武豊でスマートオーディン激変!? モズアスコット、セイウンコウセイ「不調G1馬」で大荒れ確実?の画像3

 もう1頭のG1馬がセイウンコウセイ(牡6、美浦・上原博之厩舎)だ。一昨年の高松宮記念馬だが、今年はその高松宮記念(G1)で2着、続くCBC賞(G3)で3着と好走している。直近の2戦は惨敗しているが、G1で2着したのは大きい。

 もっとも、この馬の場合スプリント戦のみに良績が集中しており、1400m戦では負けているので、距離面に不安がある。

【スワンS(G2)展望】武豊でスマートオーディン激変!? モズアスコット、セイウンコウセイ「不調G1馬」で大荒れ確実?のページです。GJは、競馬、, , , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【シルクロードS(G3)予想】ナムラクレア、ウインマーベルを切り!「なさそうでアリの穴馬3頭」で万馬券を狙う!!
  2. 【根岸S(G3)予想】ダート転向大成功のギルデッドミラーを切り!本命は近走成績上々の穴馬
  3. 【きさらぎ賞(G3)展望】ディープインパクト「3.3億円」ラストクロップVS金子真人オーナー期待の良血馬!
  4. 【東京新聞杯(G3)展望】福永祐一が引退前に一仕事!? 「前走どん詰まり」末脚強烈のアノ馬が断然主役!
  5. 今村聖奈撃沈の裏で5年ぶり珍記録!? 「168か月連続」勝利の剛腕騎手が泥沼連敗地獄…「ダイワ消滅」を惜しむ声が続出!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. かつて「失敗の烙印」を押されかけた名牝シーザリオ、最後の産駒デビューで思い出される「13年前の奇跡」
  7. 新たな「クロフネ来襲」で日本人騎手は面目丸潰れ!? JRA信者になったアノ騎手も再来日を熱望…「国外逃亡疑惑」の問題児も存在感
  8. 武豊「さっさと区切りをつけたい」も記録目前で連日の足踏み…C.ルメールの東京替わり「一変」で大誤算!?
  9. JRAレモンポップとギルデッドミラーでは決まらない!? 本命同士がワンツー決着した先週末、激走に自信の特注馬はこれだ【根岸S(G3)予想】
  10. 「未完の大器」初年度産駒が衝撃大差V! 海外G1馬の近親が圧巻の勝ち名乗り