GJ > 競馬ニュース > チャンピオンズC×タイムフライヤー
NEW

JRA衝撃天才マーフィーがタイムフライヤーも導く? チャンピオンズCでも神騎乗?

JRA衝撃天才マーフィーがタイムフライヤーも導く? チャンピオンズCでも神騎乗?の画像1

 チャンピオンズC(G1)が1日に開催される。下半期ダート王決定戦ということもあり、名うての強豪が揃ったが、その1戦に生き残りをかけてタイムフライヤー(牡4歳、栗東・松田国英厩舎)が挑戦する。

 タイムフライヤーは、2年前にG1に昇格したばかりのホープフルSを制覇。だがG1馬になったものの、翌年の始動戦である若葉S(OP)を5着で終えると、皐月賞(G1)10着、日本ダービー(G1)11着と惨敗。その後も凡走を繰り返した。

 そして陣営は今年の夏にダート転向を決断。初戦のエルムS(G3)6着、シリウスS(G3)は先行するも、脚が持たずにともに6着に終わった。だが。前走の武蔵野S(G3)では後方で脚をためると最後の直線で外からしぶとく伸びて2着。ホープフルS以来となる勝ち星をあげることは出来なかったものの、ダートに転じて3走目にして復活の兆しを見せた

「前走でタイムフライヤーに騎乗した藤岡佑介騎手は、レース後に先行した2000mのシリウスSでは力んでいたため、陣営から『前に馬を置いてレースをして欲しい』と指示があったと明かしています。その結果、馬がリラックスでき、いい結果につながったようです。

 低迷しましたが、ようやく光が見え始めました。今回は、スワーヴリチャードでジャパンC(G1)を勝ったO.マーフィー騎手とコンビを組んで大一番に臨みます。誰もが認めるその手腕で、2週連続で低迷している馬を勝利に導けるかが注目されています」(競馬誌ライター)

 タイムフライヤーは1週前追い切りで強めに追われ、坂路で4F52秒7、ラスト13秒1を記録。松田調教師は「東スポ」の取材に精神的な成長を感じるといい、「東京のマイルでキチッとした競馬ができたから、この距離も大丈夫。チャンスはあるはず」と期待をかける。

「タイムフライヤーは、母方の伯父にJBCクラシック(G1)を勝つなどG1・5勝、ダート重賞で9勝をあげたタイムパラドックスがいます。また半兄や半姉もダートで勝利もあげているため、ダートの適性もあるのではないかと言われていました。

そしてダート転向初戦のエルムSを前に、管理する松田調教師は『タイムフライヤーをダートに使うのはG1に行きたいからです』とキッパリと答えています。まだ勝利をあげていないので予定通りとはいかないまでも、松田調教師は同馬がダートでもG1を走れる器であると見抜いていたのかもしれません。今回は世界的な名手であるマーフィー騎手が手綱を握りますし、ここでの上位進出を期待していいのでは?」(競馬記者)

 復活なるか。

JRA衝撃天才マーフィーがタイムフライヤーも導く? チャンピオンズCでも神騎乗?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  3. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  4. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  5. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  6. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  7. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  8. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  9. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か
  10. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に