GJ > 競馬ニュース > 若駒S×シルヴェリオ
NEW

JRAシルヴェリオ若駒Sは「2番人気が強い」! 血統・実績上位のラインベックに一泡吹かせるのはこの馬か?

【この記事のキーワード】, ,

JRAシルヴェリオ若駒Sは「2番人気が強い」! 血統・実績上位のラインベックに一泡吹かせるのはこの馬か?の画像1

 今週末は中山競馬場でAJCC(G2)、京都競馬場で東海S(G2)と2つのG2重賞が組まれおり、ファンの注目度も高い。だが、京都は東海Sの前に3歳オープン特別の若駒Sが開催される。

 たかがオープン特別と思うなかれ、昨年の勝ち馬ヴェロックスのクラシックでの活躍は記憶に新しいだろう。また、過去にはマカヒキやトゥザワールド、ヒルノダムールなどがここを勝って、後の活躍につなげているほか、ヒルノダムールの2着に入ったルーラーシップも種牡馬になるほどの活躍をしている。

 いわば、3歳馬の出世レースとも言える重要なポイントとなっている。

 今年は6頭と少頭数になっており、良血馬ラインベックに人気が集まると見られている。だが、同じく人気を集めそうなシルヴェリオ(牡3、栗東・池添学厩舎)に注目してみたい。

 昨年6月の阪神でデビュー。C.ルメール騎手が鞍上だったこともあり、圧倒的な1番人気に推されたが、中団から直線伸びきれず4着に終わる。3カ月後、再び阪神で未勝利戦に挑戦。このときは川田将雅騎手に乗り替わったものの、やはり圧倒的な1番人気になる。だが、このときも後ろ目からの競馬が祟ったのか、直線伸びず4着となる。

 さらに約1カ月空けて京都の未勝利戦に出走。鞍上はO.マーフィー騎手に乗り替わり、ここでも1番人気に推される。今度は積極的に前で競馬し、後続に4馬身差を付ける圧勝劇を演じた。

 新馬戦こそ1800mだったが、未勝利戦は2戦とも2000mを使われ、若駒Sが行われる同コースで未勝利を勝ち上がったのは、大きな経験だと言えるだろう。

 若駒Sは過去10年で2番人気が4勝2着1回と良績を残しており、1番人気が予想されるラインベックよりシルヴェリオの方がデータ的には優位と言える。

 鞍上は今回も乗り替わりで、先週から短期免許で来日しているA.シュタルケ騎手となる。

 先週は15鞍騎乗し、1勝2着2回3着2回とまずまずの滑り出しとなった。同コースでは1鞍乗って9番人気11着と結果を残していないが、一方京成杯(G3)では6番人気の馬を3着に持ってくる活躍を見せた。

 さらに、昨年来日したときのデータでは、シルヴェリオを管理する池添学厩舎の馬に12回騎乗して2勝2着2回3着1回。3着内率41.7%と好成績を残している。

 また、シルヴェリオを所有するサンデーレーシングは、昨年の馬主リーディングトップで124勝を挙げている。今年も3勝2着4回3着9回でリーディング3位につける好調ぶりを示している。

 出走6頭のうち、血統背景も実績もラインベックが抜けていることは否めない。だが、シュタルケ騎手、サンデーレーシングの実績はシルヴェリオの好走を後押しするデータであることに間違いない。

JRAシルヴェリオ若駒Sは「2番人気が強い」! 血統・実績上位のラインベックに一泡吹かせるのはこの馬か?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  4. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  5. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  8. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  9. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  10. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野