GJ > 競馬ニュース > ラッキーライラックで鉄板?
NEW

JRA中山記念(G2)軸はラッキーライラックで鉄板? 関係者情報から探り出した「超穴馬」2頭で高配当を狙う!

JRA中山記念(G2)軸はラッキーライラックで鉄板? 関係者情報から探り出した「超穴馬」2頭で高配当を狙う!の画像1

 3月1日(日)に中山競馬場にて開催される中山記念(G2)。

 今年は9頭と少頭数ながら、G1馬が5頭も顔をそろえた豪華メンバーとなった。もはやG1クラスとも言える、このレースを関係者からの有力情報を元に予想していきたい。

「◎」はラッキーライラック(牝5、栗東・松永幹夫厩舎)だ。

 昨年も中山記念から始動し、2着に好走。その後、春は凡走が続いたが、秋に入ってから府中牝馬S(G2)を3着し、大一番のエリザベス女王杯(G1)で2つ目のG1タイトルをモノにした。最終戦は香港へ遠征し、香港ヴァーズで2着になっている。

 エリザベス女王杯の時の馬体重が518kgだったが、ここにきてさらに成長しているという。「追い切り後で530kg。それでもまったく太目感はないし、実が入って凄い充実ぶり」という。香港からの帰国初戦となるが、「立ち上げがスムーズ」と稽古に乗ったM.デムーロ騎手も絶賛。「スミヨンの騎乗で馬も自信を取り戻した感じ」と陣営は笑顔を隠さなかった。

JRA中山記念(G2)軸はラッキーライラックで鉄板? 関係者情報から探り出した「超穴馬」2頭で高配当を狙う!の画像2

「○」は昨年の春秋マイル王インディチャンプ(牡5、栗東・音無秀孝厩舎)を指名。

 一昨年末に条件戦を勝ち上がってオープン入り。昨年初戦は東京新聞杯(G3)を選び、重賞初制覇を挙げる。マイラーズC(G2)ではダノンプレミアムの4着に終わるが、続く安田記念(G1)ではそのダノンプレミアムやアーモンドアイなど強敵を撃破してG1タイトルを奪取。

 秋は毎日王冠(G2)から始動して3着に好走。本番のマイルCS(G1)では、再びダノンプレミアムを完封して春秋マイルG1制覇を成し遂げる。その後、香港へ遠征し、香港マイル(G1)に出走するも7着と凡走する。

 中間の調教ではサンライズノヴァなど古馬の一線級を一蹴する順調さ。「脚力は非凡。まだ気性面で課題は残るものの、毎日王冠の内容からも乗り方ひとつで1800mもOK」と陣営は語る。

 主戦の福永騎手も「毎日王冠の時より調教の密度は濃く、休み明けでも十分過ぎる仕上がり。折り合いを考えればコーナー4つの方が競馬は組み立てやすく、対応できると思う」と 自信を覗かせていた。

JRA中山記念(G2)軸はラッキーライラックで鉄板? 関係者情報から探り出した「超穴馬」2頭で高配当を狙う!のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  4. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  5. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  6. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】