GJ > 競馬ニュース > 藤田菜七子劇場開幕か!?
NEW

JRA「3連続波乱」で藤田菜七子劇場開幕か!? 先週“未勝利”も、“勝ち星量産”態勢が整う裏事情

【この記事のキーワード】, ,

JRA「3連続波乱」で藤田菜七子劇場開幕か!? 先週未勝利も、勝ち星量産態勢が整う裏事情の画像1

 2016年のデビューから数々のJRA女性騎手記録を更新し続けている藤田菜七子騎手。先週末は土日合わせて計9鞍に騎乗するも、未勝利に終わってしまった。

 今年は順調な滑り出しで、一時は関東リーディングの上位に名を連ねるほど絶好調だった藤田騎手だが、2月の小倉での落馬負傷で状況は一変する。キャリア初の長期離脱となってしまい、1か月後に復帰を果たすも、その後はなかなか勝利に手が届かなかった。

 復帰後、37戦目にしてようやく連敗を脱出。だが、これをきっかけに調子は上がることなく、JRA通算100勝達成という明るい話題はあったが、それ以外は藤田騎手の活躍を耳にする機会は激減してしまっている。

 実際に、昨年はJRA女性騎手で最多の年間43勝を挙げたが、今年は6月8日現在で14勝と物足りない数字だ。

 そんな藤田騎手だが、「未勝利」に終わった先週の騎乗で復調気配を漂わせている。

 7日、東京5Rの新馬戦で9頭立ての7番人気ジュラメントに騎乗し、ゴール前で1番人気サトノレイナスに交わされてしまったが、あわや1着に逃げ粘る好騎乗を見せた。続く6Rの新馬戦でも11番人気エコロテッチャンで2着。菜七子劇場はここで終わらず、さらに7Rは8番人気ホーカスポーカスで3着に入ってみせたのだ。

 レースを勝つことはできなかったが、3レース連続で人気薄を馬券圏内に持ってくる大活躍。藤田騎手によってすべてのレースで3連単の配当が万馬券となり、まさに波乱の立役者である。

「復帰後の藤田騎手は得意の新潟開催ですら、目立った活躍ができていませんでした。そのため、落馬負傷の影響が心配されています。もともとローカル開催で勝ち星を挙げていた騎手なので、そこで勝てないとなると死活問題です。

しかし、先週末の東京での活躍は藤田騎手にとって大きな価値がありそうですね。2場開催で東京競馬場にはトップジョッキーが集まっている状況下で、立て続けに穴を開ける騎乗に復調気配を感じられます。

今週末からは函館開催が始まるため、藤田騎手にとっては稼ぎ時なわけです。その1週前にいいアピールになり、有力な騎乗馬確保につながるのではないでしょうか」(競馬記者)

JRA「3連続波乱」で藤田菜七子劇場開幕か!? 先週“未勝利”も、“勝ち星量産”態勢が整う裏事情のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  6. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  9. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  10. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑