GJ > 競馬ニュース > 武豊“裏ルート”で凱旋門賞へ!?
NEW

JRA武豊「ビッグプラン」に残された可能性。凱旋門賞(G1)日本からの参戦困難も“裏ルート”で世界最高峰の舞台へ!?

【この記事のキーワード】, ,

JRA武豊「ビッグプラン」に残された可能性。凱旋門賞(G1)日本からの参戦困難も裏ルートで世界最高峰の舞台へ!?の画像1

 6日、英クラシック初戦・2000ギニー(G1)がニューマーケット競馬場で行われ、日本でもお馴染みのO.マーフィー騎手のカメコが優勝した。

 日本の皐月賞(G1)にあたる2000ギニーは例年であれば5月頭に開催されるのだが、今年は新型コロナウイルスの影響で約1か月遅れでの開催となった。イギリス競馬は3月18日から休止していたが、今月1日から無観客で開催再開となり晴れてクラシック初戦を迎えることが出来た。

 日本では競馬開催は途絶えることなく継続しているが、世界に目を向けるとようやく無観客ながら開催を再開した競馬場も多い。今となっては珍しくない日本馬の海外挑戦の再開も待ち遠しいものだ。

 その中でも、最も気になるレースはフランスで行われる世界最高峰のレース・凱旋門賞(G1)だろう。

 8日、『スポーツ報知』がフランスギャロの複数の関係者に取材した内容を明らかにしている。詳細については本記事をご確認いただきたいのだが、「秋に開催ができるとしても無観客になるだろう。日本からの遠征も現在の状況を見れば難しい」と話しているという。

 5月11日から無観客で競馬開催を再開しているフランスでは、現在ドーヴィル競馬場など西部、南部での開催が行われている。その一方、凱旋門賞が行われるパリロンシャン競馬場は開催再開したものの、フランス政府が新型コロナウイルスの影響を強く受けている地域(パリ近郊・東部)での競馬開催承認を取り下げたため、再度休止となっている。

 現在、フランスでの開催は国内の競走馬、騎手によって行われており、海外からの受け入れを行っていない状態。万全な新型コロナウイルス対策で開催が行われているのだ。

 この動向に最も注目しているのは、今年の凱旋門賞でジャパンに騎乗予定の武豊騎手ではないだろうか。

 今年2月、キーファーズの松島正昭代表が昨年の凱旋門賞4着馬ジャパンをクールモアグループと共同所有したことを発表。この契約には「凱旋門賞は武豊騎手で」というリクエストが盛り込まれているという。武豊騎手を懇意にしている松島代表が「武豊騎手で凱旋門賞制覇」の夢をかなえるべく、購入に踏み切ったのだ。

 この発表に武豊騎手も「ありがたいことこの上ないビッグプラン」と喜びを語っており、日本人騎手の凱旋門賞制覇に一歩前進したかに思われた。だが、コロナ禍で先行きは不透明。きっと武豊騎手が状況の進展をもっともに気にしているはずだ。

JRA武豊「ビッグプラン」に残された可能性。凱旋門賞(G1)日本からの参戦困難も“裏ルート”で世界最高峰の舞台へ!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  3. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  4. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  5. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  6. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  7. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  8. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  9. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か
  10. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に