GJ > 競馬ニュース > ルメール「2020夏休み」の行方
NEW

JRA揺れるルメール「2020夏休み」の行方。函館「厳戒態勢」でゴルフ制限……武豊「1カ月休んでいい」猛プッシュに現実味?

JRA揺れるルメール「2020夏休み」の行方。函館「厳戒態勢」でゴルフ制限……武豊「1カ月休んでいい」猛プッシュに現実味?の画像1

 今週末から例年通り函館競馬が開幕するが、新型コロナウイルスが猛威を振るった今年は「開催そのもの」が危ぶまれていたというから驚きだ。

「新型コロナウイルスの影響で一般人の遠出も自粛ムードですし、騎手も東西のトレセンに行き来できないなどの制限がありましたからね。日本の中でも感染者数が多かった北海道の競馬開催ですし、何よりも他県から多くの関係者が流入すること自体がリスクの高い行為。緊急事態宣言が解除される以前は、函館・札幌の中止論さえ浮上していました」(競馬記者)

 そういった背景もあり、今年の函館開催の内情は見た目以上に綱渡りだ。なんとか開催にこぎ着けたもののJRAからは「家族帯同の禁止」や「20時以降の外出は禁止」など厳しい制限が敷かれ、一部の関係者からは「まるで監獄」という悲痛な声もある。

 そんな中、改めて「今後の動向」が注目されているのが、現在リーディングをひた走っているC.ルメール騎手だ。

 ルメール騎手といえば「暑さ嫌い」で有名でJRA移籍後、夏は毎年のように涼しい北海道にべったり……。競馬だけでなく、ゴルフや地元のグルメを楽しむなど、北海道の夏を満喫している。

 しかし、今年はそうはいかなさそうだ。6月こそ東京での騎乗が中心のルメール騎手だが、7月以降は例え“厳戒態勢”でも、例年通り北海道シリーズに参戦するのだろうか。

JRA揺れるルメール「2020夏休み」の行方。函館「厳戒態勢」でゴルフ制限……武豊「1カ月休んでいい」猛プッシュに現実味?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  4. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  5. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  8. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  9. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  10. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野