NEW

JRA順調コントレイルの裏に「歴代ホースマン」の英知。「厩務員が泣いた」ディープインパクト、「単勝1.0倍裏切る」ナリタブライアンが陥った夏のワナ

JRA順調コントレイルの裏に「歴代ホースマン」の英知。「厩務員が泣いた」ディープインパクト、「単勝1.0倍裏切る」ナリタブライアンが陥った夏のワナの画像1

 いよいよ、史上3頭目となる無敗の三冠を目指しコントレイル(牡3歳、栗東・矢作芳人厩舎)が、27日の神戸新聞杯(G2、中京・芝2200m)から始動する。

 ここまでG1・3勝を含むデビュー5連勝。特に、皐月賞(G1)で半馬身差の接戦を演じたサリオスを3馬身突き放した日本ダービー(G1)の走りは、陣営に「三冠」を強く意識させるものだったに違いない。

 この夏は鳥取県の大山ヒルズで過ごし、今月4日に帰厩。矢作芳人調教師が「良くなり過ぎているくらい。とにかく順調に来ているよ」と言えば、1週前追い切りに跨った主戦の福永祐一騎手も「トモが春とは全然違う。いい夏を過ごせた証拠」と改めて順調さを強調。

 日本競馬史でシンボリルドルフ、ディープインパクトの2頭しか達成していない偉業へ、関係者には想像を絶するプレッシャーがあったことは容易に想像できるが、極めて円滑に夏を過ごせたと言えるだろう。

 しかし、改めて「歴史」を紐解いてみると、これまで培われてきたホースマンたちの努力と英知が、今のコントレイルの順調さに少なからず関係していることがわかる。

 1994年の菊花賞(G1)を7馬身差で圧勝し、史上5頭目の三冠を達成したナリタブライアンだが、実は秋初戦の京都新聞杯(G2)では2着に敗れ、単勝1.0倍を裏切った経緯がある。

 当時、その最大の敗因と言われたのが日本ダービー後の「夏の過ごし方」だった。

JRA順調コントレイルの裏に「歴代ホースマン」の英知。「厩務員が泣いた」ディープインパクト、「単勝1.0倍裏切る」ナリタブライアンが陥った夏のワナのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「遅れてきた大器」が秋の逆転に好発進…シュネルマイスター凌ぐ32秒7の切れ味にC.ルメールも手応え十分、敗れた相手も「今日は相手が悪かった」
  2. 幸運の「○番人気」はそろそろ無視できない?直近1カ月でG1を3勝、重賞5勝…の大活躍
  3. 武豊「絶賛の嵐」で川田将雅&池添謙一にとばっちり!?「これ見ると、武豊のすごさがわかる」大好評のジョッキーカメラでまさかのアクシデント
  4. 「悲しいです」悲運の“裏切り女王”の遠い春…G1で1番人気2回、2番人気2回、3番人気1回「大器」の待たれる完全燃焼
  5. 武豊が立ちはだかる無敗の三冠、今年のジャパンダートダービー(G1)は「史上空前」のハイレベル濃厚…「賞金5割引」の栄誉はラッキーかアンラッキーか
  6. 「追い切り代わり」のノーステッキ大楽勝、ソングライン凌ぐ瞬発力! グランアレグリアやサリオスもデビューした注目舞台に来年のクラシック候補が早くも登場
  7. 宝塚記念(G1)父キタサンブラックも惨敗…イクイノックスに降りかかる「不吉データ」とは
  8. 「やってしまった」絶好調D.レーンに迫る暗い影…JRA「新ルール」に適応できず、来年の日本参戦を懸けた薄氷のラストウィークへ
  9. 「またマイルで頑張りたい」武豊の言葉に別れの予感…ジェニュイン、ダイワメジャー、カンパニーが歩んだローテも急浮上? 「父子の絆」でコンビ再結成もあるか
  10. 「あの武豊が乗ってくれます。信じられません」まさかのサプライズに祝福の嵐!「身の程知らずとは私のこと」から大逆転…発端は超大物オーナーの鶴の一声