GJ > 競馬ニュース > アドマイヤハダルが皐月賞候補へ急浮上!
NEW

JRA若葉S「武豊ディープモンスターを負かした男」アドマイヤハダルが皐月賞(G1)候補へ急浮上! 超新星登場に「あの騎手」は複雑……?

【この記事のキーワード】,

JRA若葉S(L)「武豊ディープモンスターを負かした男」アドマイヤハダルが皐月賞(G1)候補へ急浮上! 超新星登場に「あの騎手」は複雑……?の画像1

 20日、阪神競馬場で行われた皐月賞トライアル若葉S(L)は、2番人気のアドマイヤハダル(牡3歳、栗東・大久保龍志厩舎)が勝利。叔母にG1・3勝のスイープトウショウを持つ良血馬が、本番の皐月賞(G1)へ大きく前進した。

 10頭立てで行われた芝2000mのレース。やや煽り気味のスタートとなったアドマイヤハダルだが、レース後に「積極的に自分で動ける位置でレースをしようと思った」と振り返った鞍上の松山弘平騎手が促して好位へ。4番手で流れに乗ると、最後の直線ではあっさりとライバルたちを置き去りにした。最後は2着シュヴァリエローズに3馬身差をつける完勝だった。

「強い競馬でした。1番人気の2着シュヴァリエローズは、昨年末のホープフルS(G1)で5着だった実力馬だけに、この勝利は価値がありますね。

レースが異なるので一概には言えませんが、シュヴァリエローズはホープフルSで勝ったダノンザキッドと0.6秒差。この日はアドマイヤハダルと0.5秒差。これだけを見てもアドマイヤハダルが皐月賞で好勝負できる可能性を秘めていることがうかがえます。

若葉Sの勝ち馬からはジェニュインやヴィクトリーといった皐月賞馬も出ていますし、近年でもヴェロックスが本番で2着。アドマイヤハダルも皐月賞争いの勢力図に割って入れるだけの器だと思います」(競馬記者)

 その強さは「本物」だった。

 アドマイヤハダルが2勝目を挙げた前走のエリカ賞(1勝クラス)では、1番人気だったディープモンスターの追撃を振り切っての勝利。そのディープモンスターは、その後に梅花賞(1勝クラス)、すみれS(L)を連勝してクラシックの有力候補に上り詰めたが、当時4番人気だった本馬はアイビーS(L)で4着に敗れていたこともあって、どこかフロック視されていた。

 しかし、この日はそんな“疑念”を完全に払拭する圧勝劇。これには本馬を管理する大久保調教師も「思っていた以上に強かった。ここまで強いとは思ってなかった」と驚きを隠さない様子だったが、いずれにせよ皐月賞の有力候補に躍り出たことは間違いないだろう。

「強かったです」「反応が良く、追ってから突き放してくれました」

 レース後、そうアドマイヤハダルを絶賛した松山騎手だが、どうやら素直に喜べない事情もあるようだ。

「レース後にアドマイヤハダルを高く評価していた松山騎手ですが、皐月賞では京成杯(G3)を勝ったグラティアスに騎乗することが発表されたばかり。あの馬も京成杯を2馬身半差で勝った素質馬ですが、今日のアドマイヤハダルのインパクトはそれ以上かもしれません。

目の前のレースをしっかりと勝ち切った松山騎手はさすがですが、皐月賞の行方を考えると強力なライバルの出現に頭が痛いかも……」(同)

「権利をもらったので、前向きに考えたいと思います」

 レース後、アドマイヤハダルの皐月賞挑戦を示唆した大久保調教師。デビュー戦から手綱を執っていた福永祐一騎手はレッドベルオーブでの皐月賞参戦が濃厚で、この日は中京で騎乗している。トライアルを快勝し、皐月賞の有力候補となったアドマイヤハダルだが、鞍上の行方は大きく注目されそうだ。

JRA若葉S「武豊ディープモンスターを負かした男」アドマイヤハダルが皐月賞(G1)候補へ急浮上! 超新星登場に「あの騎手」は複雑……?のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  4. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  5. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  6. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】