GJ > 競馬ニュース > 桜花賞 福永祐一「あの馬」が急浮上!?
NEW

JRA福永祐一「お手馬不在」で「あの馬」が急浮上!? 桜花賞(G1)九州娘・ヨカヨカを手放した「新オークス男」が選ぶのは……

【この記事のキーワード】, ,

 来月4月11日に行われる桜花賞(G1)へ出走を予定する、ヨカヨカの鞍上が幸英明騎手に決定した。

 前走のフィリーズR(G2)で幸騎手に乗り替わり2着となったヨカヨカ。それ以前は福永祐一騎手が手綱を執り、阪神JF(G1)でも5着と健闘した実力馬だったが、幸騎手の継続騎乗で本番へ向かうこととなった。

 この決定により、現在リーディング2位の福永騎手が、桜花賞へ出走を予定する「お手馬不在」という状況に陥っている。

 今月6日に行われたチューリップ賞(G2)では1着同着となったが、その2頭、川田将雅騎手が騎乗したエリザベスタワー、武豊騎手が騎乗したメイケイエールともに、この後は同コンビで桜花賞へ向かうことが濃厚だ。

 その他、クイーンC(G3)で3連勝を飾ったアカイトリノムスメは横山武史騎手、2着だったアールドヴィーヴルは賞金的に微妙なラインだが、松山弘平騎手での桜花賞参戦が決まっている。

 また、阪神JF(G1)を勝ったソダシは、吉田隼人騎手で桜花賞に直行することが決まっている。同2着のサトノレイナスもC.ルメール騎手で直行する見込みだ。

 ただ、ルメール騎手がサトノレイナスを選んだことにより、鞍上が浮いている馬もいる。フェアリーS(G3)優勝のファインルージュと、紅梅S(L)を勝利したソングラインだ。

 これら2頭は、前走ルメール騎手が騎乗。ともに桜花賞の参戦が決まっているが、未だ鞍上の発表はない。

「ファインルージュ、ソングラインどちらも美浦所属の馬ですね。だからといって福永騎手が騎乗する可能性がないわけではありませんが、今年は一度も福永騎手を起用していない厩舎だけに依頼がいくかは微妙といえるでしょう。

チューリップ賞3着のストゥーティ(牝3歳、栗東・奥村豊厩舎)は、福永騎手が3走前に騎乗。新馬戦でも勝利に導いているだけに、こちらに騎乗する可能性が高いのではないでしょうか」(競馬記者)

 デイリー杯2歳S(G2)勝ち馬で朝日杯FS(G1)でも3着となったレッドベルオーブを、新馬戦で負かしているストゥーティ。ヨカヨカとの力関係はなんともいえない部分だが、確かにこちらを選択する可能性も十分にありそうだ。

 かつては「牝馬の福永」といわれることもあった福永騎手。オークスでは2004年から4年連続連対(3勝2着1回)という驚異的な成績を残し、自らを「新オークス男」とも語っていた。

 これまでストゥーティはデビュー戦勝利後、アルテミスS(G3)4着、その後の3戦は全て3着と、実績が示す通り決め手に欠ける部分もあるが、仮に福永騎手の騎乗が決まれば、弱点をどのように克服するのか手腕が問われるところだろう。

 今週のフラワーS(G3)、ファルコンS(G3)が終われば、桜花賞の出走ボーダーもほぼ決定。桜花賞、そしてオークスに向けて、福永騎手が牝馬クラシックで選ぶ馬に注目が集まる。

 3歳牝馬三冠レースでは2008年のローブデコルテ(オークス)以降、2016年のヴィブロス(秋華賞)のみと、勝利から遠ざかっている福永騎手。「新オークス男」の名に懸けて、今年こそは牝馬クラシックでの活躍を期待したい。

JRA福永祐一「お手馬不在」で「あの馬」が急浮上!? 桜花賞(G1)九州娘・ヨカヨカを手放した「新オークス男」が選ぶのは……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  4. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  5. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  6. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  7. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  10. JRA M.デムーロは「何故」大舞台で勝てなくなったのか。安藤勝己氏が指摘した「無難さ」と「神」が降りた重賞9週間連続3着以内