GJ > 競馬ニュース > 日経賞 カレンブーケドール松山弘平と挑む!
NEW

JRA日経賞(G2)カレンブーケドール「シルバーコレクター」返上に松山弘平と挑む! ドバイのライバルに宣戦布告の前祝いを届けられるか

【この記事のキーワード】, ,

JRA日経賞(G2)カレンブーケドール「シルバーコレクター」返上に松山弘平と挑む! ドバイのライバルに宣戦布告の前祝いを届けられるかの画像1

 27日、中山競馬場では日経賞(G2)が行われる。有馬記念(G1)と同じく芝2500mを舞台とする「伝統のG2」からは過去多くの名馬が春のG1戦線へ飛躍の足掛かりとしている。

 昨年は勝ち馬ミッキースワローが、本番の天皇賞・春(G1)で3着、そして3着馬スティッフェリオは、近年長距離戦では「無敵」を誇っていたフィエールマンを最後の最後まで苦しめ、天皇賞・春の歴史に残る名勝負を繰り広げたのは記憶に新しいところだ。

 また、2着だったモズベッロは天皇賞こそ7着と沈んだが、人気を落とした宝塚記念(G1)では12番人気の低評価を覆して3着。暮れの有馬記念も制して春秋グランプリ制覇を達成したクロノジェネシス相手に健闘した。

 今年の日経賞には3歳時、そのクロノジェネシスと鎬を削ったカレンブーケドール(牝5、美浦・国枝栄厩舎)が、先週11勝と破竹の勢いを見せる松山弘平騎手と新コンビでの出走を予定している。

 最終追いは美浦坂路。サトノエルドール(古馬3勝クラス)と併せて、2馬身半追走から併入。4ハロン52秒1-13秒0。国枝師は「いい時計だった。状態はいいし、有馬記念もいい競馬だった。しまいがひと息だったのは疲れもあったのかな。ここあたりで頑張ってほしい」とコメントを残した。

 G1で2着3回(オークス、秋華賞、JC)、G2でも2着2回(京都記念、オールカマー)の強豪であり、今回も本命候補の1頭として注目を浴びるカレンブーケドールは、「重賞未勝利馬」「シルバーコレクター」という不名誉な称号を持つ。

 しかし、通算成績は[2.6.2.3/13]。着外に敗れたのは本格化前のクイーンⅭ(G3)4着、そして昨年のJC4着、有馬記念5着同着。つまりどれだけ相手が強力であろうと未だに掲示板を外したことがない堅実派で、戦歴からはむしろ重賞勝ちがないのが不思議なくらいだ。

JRA日経賞(G2)カレンブーケドール「シルバーコレクター」返上に松山弘平と挑む! ドバイのライバルに宣戦布告の前祝いを届けられるかの画像2

 今年の日経賞登録メンバーは、昨年の有馬記念で5着を分け合った菊花賞馬ワールドプレミアを筆頭に、オークスで三冠牝馬デアリングタクトにあわやのシーンを演出したウインマリリン、昨秋から好調維持のラストドラフトなど「骨っぽい」メンバーが揃ったが、常に「日本最強クラス」と接戦を繰り広げてきたカレンブーケドールにとってはむしろ与し易いとも言えよう。

「今度こそ」と応援するファンも多いカレンブーケドール。

 日経賞後の深夜、先述したクロノジェネシス、オークスで接戦を繰り広げたラヴズオンリーユーはドバイシーマクラシック(G1)を戦う。カレンブーケドールの「宣戦布告」は海を渡った2頭のライバルへ、何よりのエールとなるのではなかろうか。

 国内外で「勝利の大輪」が咲き乱れる。そんな週末に期待したい。

JRA日経賞(G2)カレンブーケドール「シルバーコレクター」返上に松山弘平と挑む! ドバイのライバルに宣戦布告の前祝いを届けられるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  6. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  9. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  10. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑