GJ > 競馬ニュース > G1シーズン到来!音無厩舎の逆襲は...
NEW

G1シーズン到来! 高松宮記念、阪神大賞典V逃した音無厩舎の逆襲

G1シーズン到来! 高松宮記念、阪神大賞典V逃した音無厩舎の逆襲の画像1

 27日に中京競馬場で行なわれる高松宮記念(G1)。

 春のG1シーズンの到来を告げる今レースには、一昨年の阪神ジュベナイルF(G1)の覇者で阪急杯(G3)を勝利しているレシステンシアや、香港スプリント(G1)の勝者ダノンスマッシュ、昨年のNHKマイルC(G1)で勝利を飾ったラウダシオンなどが名乗りを挙げている。

 一方で、騎乗予定だった武豊騎手が怪我によるレシステンシアの鞍上乗り替わりの発表、当日の雨予報など、早くも荒れそうな雰囲気が漂い始めており、1、2番人気以外の馬も隙あらばと寝首を掻く気満々である。

 中でも、先週の阪神大賞典(G2)にて、単勝1.3倍の1番人気にもかかわらず7着に終わったアリストテレスを擁する音無厩舎の2頭も気合十分だ。

 インディチャンプ(牡6歳)は馬券外の4着となった阪急杯からの出走。しかし、今回も主戦の福永祐一騎手と共に出走した全レースで、馬券外は13戦で3回のみであることには注目したい。

 そして、これらのレースには間隔が2ヶ月以上空いていたという共通点もある。前走から中3週のローテーションで、「中京の鬼」と名高い福永騎手と共に勝利を狙う。

G1シーズン到来! 高松宮記念、阪神大賞典V逃した音無厩舎の逆襲の画像2

 インディチャンプと同じく奮起を誓うのは、昨年高松宮記念覇者モズスーパーフレア(牝6歳)だ。2番人気で10着に終わった昨年のスプリンターS(G1)や、1番人気で17着に終わった前走のシルクロードS(G3)からの巻き返しを目指す。

 舞台となる中京競馬場の当日の天気は雨、馬場は重くなることが予想されている。同馬の芝コース稍、重馬場で開催された3レースの結果を見ると(2-1-0-0)と非常に優秀な成績を収めていることは押さえておくべきであろう。また9番人気ながら繰り上がり勝利を果たした昨年の高松宮記念も、この集計に含まれているのは心強い限りだ。

 思えば昨年の高松宮記念は、前週の阪神大賞典で断トツの1番人気だったキセキが7着に敗れ、直前に1番人気のタワーオブロンドンの鞍上の乗り替わりが発表され、当日は雨予報となるという、何かが起こりそうな気配の中で迎えられたレースだった。

 結果、重馬場となった高松宮記念は1位入線のクリノガウディーの降着により9番人気のモズスーパーフレアが勝利。三連単の払戻金が217,720円と大波乱の様相を呈した。

 一方、先週のダントツの1番人気だったアリストテレスが阪神大賞典で7着に敗れ、1番人気が予想されるレシステンシアの鞍上乗り替わりが発表。当日は雨予報により重馬場が想定されている今年、この状況は昨年のレース前と酷似しているように思えてならない。

 そんな中で昨年同様に人気薄のモズスーパーフレアにとっては、昨年同様の大波乱を再現する舞台は整ったといえるだろう。

 しかも今回は2枠4番の内枠からの出走である。高松宮記念過去9年間での4番の勝率は22.2%と、他のどの馬番よりも高い勝率を残していることも追い風となる好条件だろう。

 先週敗北を喫したアリストテレスの思いを継いで、高松宮記念2連覇にむけて動き出す音無厩舎。インディチャンプ、モズスーパーフレアが逆襲を仕掛ける。

G1シーズン到来! 高松宮記念、阪神大賞典V逃した音無厩舎の逆襲のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  6. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  9. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  10. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑