GJ > 競馬ニュース > 【週末GJ人気記事総まとめ】
NEW

JRA 武豊でも、横山典弘でもダメ……メイケイエール「迷惑大暴走」「実況間違え」で最下位。「ウマ娘」登場アグネスタキオンの伝説が話題独占!?【週末GJ人気記事総まとめ】

【この記事のキーワード】, ,

JRA 武豊でも、横山典弘でもダメ……メイケイエール「迷惑大暴走」「実況間違え」で最下位。「ウマ娘」登場アグネスタキオンの伝説が話題独占!?【週末GJ人気記事総まとめ】の画像1

 様々なGORAKUを心から愛する「GJ」。今週人気だった競馬記事を、下手の横好きライター「A」と、当サイトの酔いどれデスク「Y」が徒然なるままに振り返ってみた!!

JRA 武豊でも、横山典弘でもダメ……メイケイエール「迷惑大暴走」「実況間違え」で最下位。「ウマ娘」登場アグネスタキオンの伝説が話題独占!?【週末GJ人気記事総まとめ】の画像2■JRA 桜花賞(G1)武豊の代打・横山典弘、無念の戒告処分。池添謙一「あれで気持ちが切れた」3番人気メイケイエールの「迷惑大暴走」止まらず最下位……

ライター「A」:先週の桜花賞で3番人気に推されたメイケイエールですが、スタートで後手を踏むと、道中もほとんど折り合えずにそのままハナへ。最後の直線でズルズル後退して結局、最下位になってしまいました。

デスク「Y」:横山典弘騎手でもダメだったか……。

ライター「A」:今回は主戦の武豊騎手が負傷していたため、横山典騎手に託されましたが、道中で折り合えずに仕方なく逃げたレースぶりは、前走のチューリップ賞(G2)とまったく同じでした。ただ、チューリップ賞は同着でも勝ちましたが、今回は最下位……。課題は少なくなさそうですし、乗り慣れた武豊騎手の復帰が待たれるところです。

デスク「Y」:再来週の天皇賞・春(G1)の週には間に合いそうなんだよね?

ライター「A」:ご本人は間に合わせたいと言っていますね。ただ、天皇賞・春で騎乗予定だったワールドプレミアは、すでに福永祐一騎手へ乗り替わりが発表されていますし、万全で復帰というわけにはいかないのかもしれません。

デスク「Y」:池添謙一騎手がTwitterで「武豊騎手とジムで会った」と言ってたね。メイケイエールのためにも、一日も早い復帰に向けて頑張ってほしい。オジサンも2人に倣って、ジムに行こうかな! 最近、運動不足だし!

ライター「A」:それ、先月も聞きましたけど、まだ行ってなかったんですね。

デスク「Y」:自分との折り合いがつかなくて……。


■JRA 「最下位」メイケイエールまさかの復活でゴール前の激戦に参戦!? 桜花賞(G1)突然ワープしたサトノレイナスに競馬ファンも困惑?

ライター「A」:桜花賞で再び暴走してしまったメイケイエールですが、その影響もあってか、実況アナの方も間違えてしまったようです。

デスク「Y」:最後の直線で「メイケイエールが上がって来た!」って言ってたね。先頭から最下位まで逆噴射しちゃったのに……。

ライター「A」:ネット上では、どうやら「サトノレイナスと見間違えてしまった」らしいと言われていますね。ゼッケンが8番と18番だったので見間違えたのかも。

デスク「Y」:いつも思うんだけど、競馬の実況ってめちゃくちゃ難しいよね。レースはコンマ数秒で刻々と変化するし、走ってる馬の数は多いし、馬名はイチイチ複雑だし……。オジサン、ライブ実況じゃなくても噛む馬いるよ、グレナディアガーズとか。なんなの? イングランドの擲弾兵近衛連隊とか。

ライター「A」:やめましょう(笑)。グレナディアガーズに限ったことではないですし、馬主さんにもそれぞれ思いがあるんですよ。僕はカッコ良くて好きですよ。

デスク「Y」:そういえば「ニシノ」「セイウン」の西山(茂行)オーナーは馬名を決める時、スタッフさんと相談して決めるって言ってたね。やっぱり、冠名があった方がわかりやすくてオレは好きだな。もしウチで馬を持ったらジージェイワン、ジージェイツー、ジージェイスリーで行こう。

ライター「A」:ジージェイワンハンドレッドトゥエンティファイブとかになったら、どうするんですか……。

JRA 武豊でも、横山典弘でもダメ……メイケイエール「迷惑大暴走」「実況間違え」で最下位。「ウマ娘」登場アグネスタキオンの伝説が話題独占!?【週末GJ人気記事総まとめ】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  3. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  4. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  5. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  6. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  7. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  8. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  9. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か
  10. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に