GJ > 競馬ニュース > 戸崎圭太放馬に「罵声と同情」
NEW

JRA戸崎圭太放馬に「罵声と同情」藤田伸二氏、アンカツ氏擁護、ダンビュライトの「危険度」上昇中

【この記事のキーワード】, ,
JRA戸崎圭太放馬に「罵声と同情」藤田伸二氏、アンカツ氏擁護、ダンビュライトの「危険度」上昇中の画像1暴れるダンビュライト、この直後に放馬

 まさかの事態が発生した東京競馬場では”悲鳴”と”罵声”が飛び交った。

 天皇賞・秋(G1)で出走馬のダンビュライト(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)が本馬場入場を嫌がり、大暴れ。鞍上の戸崎圭太騎手を振り落とし、そのままレース前にもかかわらず芝コースを全力疾走した。そして半周ほどコースを走ってようやく落ち着いたダンビュライトは、「疲労が著しいため」とし競走除外。勝負の場にすら立つことができずに、レースを終えてしまった。

「G1競走で放馬による競走除外は今回が10例目。今回、振り落とされた戸崎騎手に対して、東京競馬場で観戦していたファンから罵声が浴びせられました。

 この放馬で天皇賞・秋の売得金の約4.3%にあたる7億8721万9100円が返還されていますし、このコンビの上位進出を期待していたファンも大勢いたでしょう。無念さのあまり思わず罵倒してしまったその気持ちはわからなくはないです。しかし、一歩間違えれば取り返しのつかない事態になったのは想像に難くありません。まずは戸崎騎手や関係者、そしてダンビュライトが無事でよかった」(競馬記者)

 今回の一件では現場のファンはおろかネット上でも戸崎騎手には批判の声が上がっている。だが、多くの関係者たちは戸崎騎手に同情的であり、問題は別のところにあると見ているようだ。

 元騎手にして競馬評論家の”アンカツ”こと安藤勝己氏は自身のTwitterで「返し馬入る時に一旦ダートを走らせられんかったのかな。安全第一でしょ。無理に芝から出そうとしねえで、落ちついた所で戻す手もあったと思うんやけど」と安全を重要視し、臨機応変に対応してほしいとツイートした。

JRA戸崎圭太放馬に「罵声と同情」藤田伸二氏、アンカツ氏擁護、ダンビュライトの「危険度」上昇中のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  4. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  5. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  10. JRA M.デムーロは「何故」大舞台で勝てなくなったのか。安藤勝己氏が指摘した「無難さ」と「神」が降りた重賞9週間連続3着以内