NEW

「オレが好きやったタイプ」元JRA安藤勝己氏が“G1級”と大絶賛!? 父のイメージ覆す走りに底知れぬ可能性、セリフォスがなぜダイワメジャー産駒「最後の大物」候補と呼べるのか

【この記事のキーワード】, ,

「オレが好きやったタイプ」元JRA安藤勝己氏がG1級と大絶賛!? 父のイメージ覆す走りに底知れぬ可能性、なぜダイワメジャー産駒「最後の大物」候補と呼べるのかの画像1

 もしかしたら相当な大物なのかもしれない。

 そう思わせる走りを見せたのは、29日の新潟2歳S(G3)を勝利したセリフォス(牡2、栗東・中内田充正厩舎)だ。

 6月の中京でデビュー勝ちを決めたダイワメジャー産駒は、前走から2か月半ぶりの休み明け。2戦目で見事に重賞勝利を飾り、2歳チャンプの座も視野に入る前進を見せた。

 ここまでなら例年と変わらないのだが、今年は異なるかもしれない。

「セリフォス。アドマイヤマーズなんかに似てて、走るダイワメジャー。今の馬場で内から併せてグッと来とるからね。オレが現役時代に好きやったタイプで、マイルならいいところまでいける」

「オレが好きやったタイプ」元JRA安藤勝己氏がG1級と大絶賛!? 父のイメージ覆す走りに底知れぬ可能性、なぜダイワメジャー産駒「最後の大物」候補と呼べるのかの画像2

 能力の高さを感じるレースぶりに、元JRA騎手の安藤勝己氏は自身の公式Twitterで即座に反応。「現役時代に好きやったタイプ」と評し、香港マイル(G1)を含むG1・3勝馬アドマイヤマーズの名前も出すほどの大絶賛だった。

 では、セリフォスの走りがいかに目を引いたのか、安藤氏とは別の角度で振り返ってみたい。

 新潟2歳S(G3)は、2歳馬による新潟・芝1600mのマイル重賞。外回りの最後の直線659mは、ほぼ平坦となっている。長い直線で有名な東京競馬場をも凌ぐ日本最長を誇るだけに、差し馬が末脚を活かしやすいコース設定だ。逃げ馬が苦戦しやすい傾向も、このコースの特徴である。

 その一方、今年は谷川岳S(L)を逃げたシュリ。関屋記念(G3)を2番手からロータスランドが抜け出したように、むしろ前残りする馬場状態でもあった。内側が荒れていれば外差し馬場になるため、それほど内も悪くなかったということだ。

 そして、デビュー戦を2番手から押し切ったセリフォスは、父ダイワメジャー同様に先行抜け出しがベストの戦法と思われていた馬。イメージされたのは、父同様に早め先頭から押し切る形が勝ちパターンだっただろう。コンビを組む川田将雅騎手もおそらくそう考えていたのではないか。

 ところが、スタートしてすぐに3番人気に支持されたコンビを襲ったのは出負け。その結果、好位につけるどころか、中団前目とやや後ろのポジションでのレースを強いられることとなる。

 それでも冷静な手綱捌きを見せたのは、川田騎手がトップジョッキーたる所以か。1枠1番という最内枠を引いた幸運も味方した。パートナーをインピッタリに走らせ、ポジションを上げる。最後の直線でも安易に外へ出さず、最短距離を走れる最内を狙ったのは好判断だった。

 ただ、川田騎手の好騎乗が光ったにせよ、勝利したのはセリフォス自身の能力ということは間違いない。なぜなら、同馬が計時した上がり3ハロン32秒8というメンバー最速の切れ味を見せたからに他ならない。

 ここでもう一度ダイワメジャー産駒の特徴を思い出してみたい。

「オレが好きやったタイプ」元JRA安藤勝己氏が“G1級”と大絶賛!? 父のイメージ覆す走りに底知れぬ可能性、セリフォスがなぜダイワメジャー産駒「最後の大物」候補と呼べるのかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【シルクロードS(G3)予想】ナムラクレア、ウインマーベルを切り!「なさそうでアリの穴馬3頭」で万馬券を狙う!!
  2. 【根岸S(G3)予想】ダート転向大成功のギルデッドミラーを切り!本命は近走成績上々の穴馬
  3. 今村聖奈撃沈の裏で5年ぶり珍記録!? 「168か月連続」勝利の剛腕騎手が泥沼連敗地獄…「ダイワ消滅」を惜しむ声が続出!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. かつて「失敗の烙印」を押されかけた名牝シーザリオ、最後の産駒デビューで思い出される「13年前の奇跡」
  5. 「伝説の新馬戦」圧勝の大器と福永祐一が新コンビ! 復権へ負けられない一戦
  6. JRAレモンポップとギルデッドミラーでは決まらない!? 本命同士がワンツー決着した先週末、激走に自信の特注馬はこれだ【根岸S(G3)予想】
  7. 新たな「クロフネ来襲」で日本人騎手は面目丸潰れ!? JRA信者になったアノ騎手も再来日を熱望…「国外逃亡疑惑」の問題児も存在感
  8. 「3大始祖」消滅の危機……日本で「2頭」世界で「0.4%」の血を残すべく立ち上がったカタール王族の「行動」に称賛
  9. 元JRA藤田伸二氏「頭おかしいんちゃうか?」岩田康誠を猛批判! 騎乗馬にムチで“後脚キック”誘発か……ばんえい競馬事件を超える悪質行為「幅寄せ事件」の真相
  10. 「この条件は●●馬の独壇場」JRAシルクロードS的中のカギを握るのはトウシンマカオではなく、あの秘密兵器