GJ > 競馬ニュース > ドウデュース「最優秀2歳牡馬」受賞の決め手は武豊!? ライバルとの直接対決に敗れたオジュウチョウサンとの共通点とは
NEW

JRA ドウデュース「最優秀2歳牡馬」受賞の決め手は武豊!? ライバルとの直接対決に敗れたオジュウチョウサンとの共通点とは

【この記事のキーワード】, ,
JRA ドウデュース「最優秀2歳牡馬」受賞の決め手は武豊!? ライバルとの直接対決に敗れたオジュウチョウサンとの共通点とはの画像1
ドウデュース 撮影:Ruriko.I

 11日、JRAから「2021年度 JRA賞」受賞馬が発表された。

 年度代表馬には昨年末の有馬記念などG1を3勝したエフフォーリアが選ばれ、各部門の受賞馬も併せて発表された。

 記者投票によって各部門の馬が選出されるため、必ずしも満場一致で決まるわけではない。ただ、今年は軒並み「思った通り」「自分も同じ」などの声が多く、競馬的には「順当決着」といったところだろうか。

 一方で、ファンの間で議論を呼びやすい部門が「最優秀2歳牡馬」である。

 その名の通り、最も優秀な2歳馬を決めるものだが、16年までは2歳牡馬が出走可能なG1が朝日杯FS(G1)のみだったため、勝ち馬がほぼ自動的に最優秀2歳牡馬に選出されるのが“既定路線”だった。

 しかし、暮れのホープフルSがG2からG1に昇格すると事態は一変。朝日杯FSとホープフルSという2つのG1レース優勝馬から、いずれかに投票せざるを得ない状況となった。

 今年は、ドウデュース(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)が朝日杯FSを優勝、キラーアビリティ(牡3歳、栗東・斉藤崇史厩舎)がホープフルSを優勝した。

 票数的にもう少し割れそうなイメージがあったものの、計296票中ドウデュースに251票、キラーアビリティ44票、該当馬なしに1票と大差がついた。

 キラーアビリティのあまりの票数の少なさに驚いたファンも多いが、投票した記者は一体どのような見立てをしているのだろうか。

「17年からの最優秀2歳牡馬受賞馬は、朝日杯FS組とホープフルS組で『2-2』のイーブンでした。いずれもG1ということもあり、記者の間でも同等に扱われている印象があります。

評価対象は、これまでの戦績や相手関係、将来性なども考慮されていると考えられます。今年に関しては、直接対決でキラーアビリティを負かしたダノンスコーピオンが、朝日杯FSで3着に敗れていたため、間接的にドウデュースが上に見られた可能性も高そうですね」(競馬記者)

 また、無敗馬の評価も高く、現在5年連続で選出されている。

 そして、ドウデュースの選出を大きく後押ししたのが、おそらくその「話題性」だろう。

JRA ドウデュース「最優秀2歳牡馬」受賞の決め手は武豊!? ライバルとの直接対決に敗れたオジュウチョウサンとの共通点とはの画像2
オジュウチョウサン

「今年の『最優秀障害馬』は中山大障害(J・G1)を制したオジュウチョウサンが受賞しましたが、直接対決となった中山グランドJ(J・G1)でメイショウダッサイに完敗しています。

にもかかわらず、敗れた側のオジュウチョウサンが受賞したのは、ファンの多くが望んだ復活勝利というドラマや、これまでの貢献度も評価されてのことでしょう。

そういう意味では、武豊騎手が長年勝てなかった朝日杯FSを勝たせたドウデュースに票が集中したのも分かります」(同)

 だが、これはあくまで各記者が選んだ結果。2頭の競走生活はまだまだこれからも続いていく。

「最優秀2歳牡馬」のタイトルは、ドウデュースが受賞したものの、今年の活躍次第でキラーアビリティも最優秀3歳牡馬や年度代表馬などのタイトルを手にするチャンスも十分にあるだろう。

(文=坂井豊吉)

<著者プロフィール>
全ての公営ギャンブルを嗜むも競馬が1番好きな編集部所属ライター。競馬好きが転じて学生時代は郊外の乗馬クラブでアルバイト経験も。しかし、乗馬技術は一向に上がらず、お客さんの方が乗れてることもしばしば……

JRA ドウデュース「最優秀2歳牡馬」受賞の決め手は武豊!? ライバルとの直接対決に敗れたオジュウチョウサンとの共通点とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  4. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  5. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  6. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】