GJ > 競馬ニュース > 「もっと前行け、ボケィ」岩田康誠の“不可解騎乗”に粗品もキレた!? コントレイルに次ぐ人気を誇った実力馬が「鞍上強化」で一変、C.ルメール「サザエさん症候群」止まらず!? 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
NEW

「もっと前行け、ボケィ」JRA岩田康誠の“不可解騎乗”に粗品もキレた!? コントレイルに次ぐ人気を誇った実力馬が「鞍上強化」で一変、C.ルメール「サザエさん症候群」止まらず!? 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】

【この記事のキーワード】, ,

JRA「もっと前行け、ボケィ」岩田康誠の不可解騎乗に粗品もキレた!? コントレイルに次ぐ人気を誇った実力馬が「鞍上強化」で一変、C.ルメール「サザエさん症候群」止まらず!? 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】の画像1

 様々なGORAKUを心から愛する「GJ」。今週も人気だった競馬記事を、下手の横好きライター「A」と、当サイトの酔いどれデスク「Y」が徒然なるままに振り返ってみた!!

JRA「もっと前行け、ボケィ」岩田康誠の不可解騎乗に粗品もキレた!? コントレイルに次ぐ人気を誇った実力馬が「鞍上強化」で一変、C.ルメール「サザエさん症候群」止まらず!? 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】の画像2
C.ルメール騎手

JRA C.ルメールに「サザエさん症候群」疑惑!? 「仕事に行きたくない?」で、まさかの29戦0勝……シンザン記念(G3)大本命ラスールすら「危うい」理由

ライター「A」:今年も年始から休暇を取ったC.ルメール騎手ですが、またも“復帰”初日は苦戦してしまったようで……。5鞍に騎乗して、未勝利という結果でした。まさに「サザエさん症候群」という感じです。

デスク「Y」:シンザン記念(G3)の1番人気ラスールも、散々な内容だったねえ。これでトータル34戦0勝か。まあ、でも気持ちはわかるよ(笑)。

ライター「A」:ルメール騎手としても、そんなつもりはないんでしょうけど。

デスク「Y」:人はもちろんだけど、馬でもあるじゃん。放牧に出されて、本当にリフレッシュするパターンと、外厩で体を動かしながら休むパターンと。

ライター「A」:休み明けに弱い馬と、強い馬っていますもんね。

デスク「Y」:そうそう。なら、ルメール騎手も外厩を利用すればいいんじゃない?(笑)、ノーザンファーム天栄とかさ、ルメール騎手なら大歓迎されるでしょ。

ライター「A」:そんなメチャクチャな……。

デスク「Y」:いや、案外ありなんじゃないかな。休みのラスト1日とかさ、眠ってる体を動かす意味でも。

ライター「A」:「天栄の休み明けは買い」っていうくらい、いつも休み明けを感じさせない仕上がりになりますもんね。まあ、馬の話ですが(笑)。

デスク「Y」:いやいや、優秀な天栄ならルメール騎手も完璧に仕上げて送り出してくれるでしょ(笑)。今回負けたラスールもノーザン系ホースクラブ(シルクレーシング)の関東馬だったし、ノーザンファームにとってもルメール騎手が休み明け初戦から全開なのは歓迎だと思うよ。

ライター「A」:なんか、ルメール騎手が天栄の坂路を駆け上がってる姿が想像できました……(笑)。


JRAファンの「苦情」が陣営に伝わった!? 血縁重視の“迷走”から苦渋の決断……コントレイルに次ぐ人気を誇った実力馬が「鞍上強化」で一変

ライター「A」:先週のニューイヤーS(L)でクビ差の2着だったグランデマーレですが、戸崎圭太騎手の好騎乗が光りました。

デスク「Y」:一昨年の神戸新聞杯(G2)でコントレイルに次ぐ2番人気に推された馬だよね、ちょっと懐かしい感じさえあるんだけど、どうしてたの?

ライター「A」:あの後にマイル路線に舵を切って、地道に勝ち上がっていますよ。昨年は重賞の壁に跳ね返されましたが、年明け初戦のリステッドで2着しましたし、今年は期待できそうです。

デスク「Y」:神戸新聞杯は2番人気だったとはいえ、単勝19.9倍か。コントレイルが単勝1.1倍だったこともあるとはいえ、なかなか凄いオッズだねえ。

ライター「A」:日本ダービー(G1)で3着した3番人気のヴェルトライゼンデが、前週のセントライト記念(G2)を回避したこともあって“不調説”が流れていたんですよね。

デスク「Y」:確かに、ヴェルトライゼンデを差し置いての2番人気は凄いな。無敗とはいえ2戦2勝の長期休み明けだったわけだし、今から振り返れば、これでも過剰人気だったんだね。

ライター「A」:コントレイルが強過ぎたので、春に歯が立たなかった実績馬よりも、フレッシュな新勢力に期待したいっていうファン心理もあったと思います。

デスク「Y」:まあ、かつてはスターマンがナリタブライアンに勝った年もあったしなあ。

ライター「A」:当時は京都新聞杯でしたけどね。あの時のナリタブライアンも1.1倍じゃないですか?

デスク「Y」:いや、1.0倍だね。単勝元返しのナリタブライアンが負けたって、当時大騒ぎになったもん。

ライター「A」:単勝1.0倍でも負けることってあるんですね! 競馬に絶対はないとはいえ、ちょっと僕の記憶にはないです。

デスク「Y」:ナリタブライアンの後に、ブリッソモっていう馬がいてな。武豊騎手でデビューしたんだけど4着。結局、1勝しただけだったし、なんであの馬があんなに人気したのかは謎だ。

ライター「A」:ホントだ、単勝1.0倍で4着だったんですね。しかも勝ったビッグウルフって後のG1馬じゃないですか。気の毒に……。

デスク「Y」:これも競馬よのう~。

JRA「もっと前行け、ボケィ」岩田康誠の不可解騎乗に粗品もキレた!? コントレイルに次ぐ人気を誇った実力馬が「鞍上強化」で一変、C.ルメール「サザエさん症候群」止まらず!? 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】の画像3
岩田康誠騎手 撮影:Ruriko.I

JRA「もっと前行け、ボケィ」逆神でさえ岩田康誠の“不可解騎乗”に怒り心頭! 完璧予想から「父ちゃん違い」の満点オチ

ライター「A」:近頃、“逆神”としてすっかり定着してしまった「霜降り明星」の粗品さんですが、年が替わっても、その流れは変わっていないようで……。

デスク「Y」:「生涯収支マイナス1億円君」として注目度急上昇中の粗品さんも、ついにGJに登場だねえ。

ライター「A」:競馬評論家の方であれば逆神は不名誉な称号?かもしれませんけど、芸人の方なら逆に美味しいんでしょうか?

デスク「Y」:どうなんだろうね? 本人はもちろん真剣に予想してるんだろうけど、ファンはハズれる様を楽しんでるっていうのは、なかなか複雑だよねえ。ある意味では勝っても負けても美味しいって言えなくもないけど(笑)。

ライター「A」:当たったら当たったで、逆にファンも白けるかもしれませんし、なかなか複雑な芸ですよね(笑)。ちなみにデスクは「ハズれろー!」と思って馬券を買ったことってあるんですか?

デスク「Y」:元々、ハズすつもりで馬券を買ったことはないけど、「ハズれろー!」と祈りながらレースを観たことはあるよ。

ライター「A」:なかなか複雑な事情がありそうですね(笑)。

デスク「Y」:忘れもしないなあ……。とあるレースでね、嫁が珍しく馬券を買いたいって言ってきたのよ。ざっと買い目を見た感じ、占いのラッキーナンバー的な明らかにテキトーな感じだったし「いやいや、あり得んだろ」って、その馬券を飲んじゃったの。

ライター「A」:そしたら、まさか……。

デスク「Y」:いやあ、震えたね(笑)。テレビで一緒に見てたんだけど「うおおおお!」って絶叫した。「うおおお、当たった!」じゃなくて「うおおお、当たっちまった!」なんだけどね。嫁も珍しく興奮してて、調べたら結構な払い戻しで……。

ライター「A」:それでどうしたんですか? 処刑されたんですか?

デスク「Y」:「結構ついてるみたいだから、すぐ払い戻してくる」って逃げた(笑)。もちろん行き先はATMなんだけど、泣く泣くお金下ろしたなあ……。

ライター「A」:PATで購入してたんでしょうし、よくそんな苦しい言い訳で逃げ切れましたね。

デスク「Y」:まさに九死に一生だったねえ。ノミ行為はダメ絶対!

ライター「A」:なんの説得力もありませんよ……。皆さん、こんな人にならないためにも、必ず馬券は購入して楽しみましょう!


 さて、今週も毎度バカバカしいお話にお付き合いいただきありがとうございました。『GJ』では今週末に開催される重賞関連の記事も多数掲載しております。お手すきの際にご笑覧いただけたら幸いです。
(構成=編集部)

「もっと前行け、ボケィ」JRA岩田康誠の“不可解騎乗”に粗品もキレた!? コントレイルに次ぐ人気を誇った実力馬が「鞍上強化」で一変、C.ルメール「サザエさん症候群」止まらず!? 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  6. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  9. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  10. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑