GJ > 競馬ニュース > 珍名馬オヌシナニモノの「あまりに切ない」境遇!? 宿命のライバル・アイアムハヤスギルに先着も、ゴール寸前“逆噴射”……の原因とは
NEW

JRA珍名馬オヌシナニモノの「あまりに切ない」境遇!? 宿命のライバル・アイアムハヤスギルに先着も、ゴール寸前“逆噴射”……の原因とは

【この記事のキーワード】, ,

JRA珍名馬オヌシナニモノの「あまりに切ない」境遇!? 宿命のライバル・アイアムハヤスギルに先着も、ゴール寸前逆噴射……の原因とはの画像1

 16日、中山競馬場で行われた11R京成杯(G3)は、6番人気のオニャンコポンが重賞初制覇。

 特徴的な馬名に加え、大ヒット漫画『進撃の巨人』の人気キャラクターと同名の「珍名馬」として注目されている同馬だが、その意味が「偉大な者(アカン語)」であることを改めて証明する勝利となった。

 一方、同じ「珍名馬」としてTwitterのトレンド入りを果たしたのが、約35分前の中山10RジャニュアリーS(OP)に出走したオヌシナニモノ(牡5歳、栗東・高橋義忠厩舎)である。

「珍名馬」の先駆けとして、今や出走するたびにトレンド入りを果たしているオヌシナニモノ。今回は3走前にワンツーゴールを決めた“宿命のライバル?”珍名馬アイアムハヤスギルにリベンジを果たしたものの、レースの結果はなかなか辛い現実を物語っている。

 16頭立てのフルゲートで行われたレース。オープン入り初戦を迎えたオヌシナニモノだったが、前走の勝ちっぷりが評価されて3番人気に支持された。

 そんなファンの期待に応えるように、最後の直線を先頭集団で迎えたオヌシナニモノは、抜群の手応えで馬群から抜け出す。スッと後続を3馬身近く突き放した際は、多くのファンが勝利を確信したことだろう。

 しかし、残り50mといったところだろうか。先頭を走っていたオヌシナニモノが、まるでガス欠したかのように失速……。あっという間に後続馬群に飲み込まれて、最後は5着まで着順を落としてゴールした。

「うーん、良い馬なんですけど1200mでは、どうしても最後に止まってしまうんですよね。脚抜きのいい不良馬場ならワンチャンスあるんですが、この日のように力のいる良馬場だとなかなか……厩舎も騎手も、あの手この手を尽くしてはいますが」(競馬記者)

 記者がそう語る通り、オヌシナニモノの戦績は「ダート1150mがベストの馬」であることを如実に物語っている。

 ここまで19戦4勝の戦績だが、1150mでは3戦3勝と無類の相性を誇っているオヌシナニモノ。しかし、それが1200mになると、9戦して1勝2着2回と今一歩勝ち切れない。

 それも1200mは不良馬場ならすべて連対、それ以外はすべて3着以下と、これほど傾向がはっきりしている馬もそうはいないだろう。

「陣営も本当は1150mのレースに使いたいのでしょうが、実は1150mは福島しか開催されない特殊な距離。従って福島の開催を待つしかありませんが、1150mのオープン以上のレースは存在しません。つまり、すでにオープン馬のオヌシナニモノがベストな条件で走れる機会は、おそらくもうないんですよ……」(同)

 例えば昨年、2000mの天皇賞・秋(G1)を勝ったエフフォーリアが、2500mに延長された有馬記念(G1)をあっさり連勝した例がある一方、オヌシナニモノのようなスプリンターは距離が少し延びただけで、その壁にぶち当たることは珍しくない。

 代表的な例は、今なお「最速」と名高いサクラバクシンオーだろうか。1400m以下では12戦11勝という生粋のスプリンターだったが、最後まで1600m以上で勝利を挙げることはできなかった。

 まるでお約束のようなゴール前の失速ぶりも相まって「あまりにも切ない状況」と言わざるを得ないオヌシナニモノ。果たして、天の助けを借りず、あと「50m」の壁を超えられる日は来るのだろうか。それとも陣営は本馬が出走するたびに、てるてる坊主を逆さに吊して、ワンチャンスを祈る他ないのだろうか……。

 元々、抜群の注目度を誇る人気馬だけに、さらに興味深い存在になりそうだ。

(文=大村克之)

<著者プロフィール>
 稀代の逃亡者サイレンススズカに感銘を受け、競馬の世界にのめり込む。武豊騎手の逃げ馬がいれば、人気度外視で馬券購入。好きな馬は当然キタサンブラック、エイシンヒカリ、渋いところでトウケイヘイロー。週末36レース参加の皆勤賞を続けてきたが、最近は「ウマ娘」に入れ込んで失速気味の編集部所属ライター。

JRA珍名馬オヌシナニモノの「あまりに切ない」境遇!? 宿命のライバル・アイアムハヤスギルに先着も、ゴール寸前“逆噴射”……の原因とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  3. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  4. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  5. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  6. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  7. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  8. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  9. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か
  10. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に