GJ > 競馬ニュース > 【共同通信杯(G3)予想】ダノンスコーピオン・ジオグリフの2強は余裕の消し! 昨年エフフォーリアでさえ4番人気…「隠れた逸材」はあの馬!?
NEW

JRA【共同通信杯(G3)予想】ダノンスコーピオン・ジオグリフの2強は余裕の消し! 昨年エフフォーリアでさえ4番人気…「隠れた逸材」はあの馬!?

【この記事のキーワード】, ,

JRA【共同通信杯(G3)予想】ダノンスコーピオン・ジオグリフの2強は余裕の消し! 昨年エフフォーリアでさえ4番人気…「隠れた逸材」はあの馬!?の画像1

 今回はクラシックへ直結、かつ出世レースである3歳重賞・共同通信杯(G3)を予想していきたい。

 先週だが東京新聞杯(G3)は3着こそ来てくれたものの、勝ち馬ノーマーク、2着は切った馬と散々。1着2着は予想以上の実力の持ち主かも知れない。が、C.ルメール騎手は馬質に恵まれてもやはり2着まで。まだまだ信頼できない。

 きさらぎ賞(G3)は、1着2着は予想通りだったものの3着がノーマーク。近走の勢いなら確かにこのくらい走ってもおかしくはなかった。

 さて、予想に戻ろう。

いつもの通り、過去10年馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていきたい。
新馬戦 5頭
東スポ杯2歳S、京成杯 各4頭
朝日杯FS 3頭
ホープフルS、ラジオNIKKEI杯2歳S、セントポーリア賞(1勝クラス)、1勝クラス 各2頭
京都2歳S 1頭
オープン特別 1頭
条件特別(1勝クラス) 4頭
となっている。新馬戦からいきなり重賞挑戦で結果を出している馬が最多となっているが、5頭とも2歳時の勝利と2歳時に勝っている馬に注目したい。思ったよりG1からの転戦馬は少なく、中3週で京成杯(G3)から挑む馬が意外に多い。

続いて人気順の成績を見てみよう。
1番人気 1-3-1-5
2番人気 2-1-3-4
3番人気 3-2-2-3
4~6番人気 4-3-2-21
7~9番人気 0-1-1-26
10番人気以下 0-0-1-19
となっている。1番人気と2番人気がアテにしづらい。近5年を見ても1番人気は2着1回3着1回と冴えない。その点3番人気は2勝2着1回とこちらの方が信頼できる。もうひとつ4番人気が3年連続して馬券に絡んでいるのも注目だ。実際、4番人気から6番人気の馬で2勝しているので、中穴クラスの馬をチェックしておきたい。

 これらを踏まえて「◎」は10番ダノンベルーガとする。

 前走は昨年11月の新馬戦。東京2000m戦で単勝1.7倍の圧倒的1番人気だった。道中中団につけて直線では外に持ち出して内で粘る馬を交わし、2馬身差の完勝を飾った。

 上がり3ハロンで33.1秒と切れる脚を披露しており、前走メンバーでは明らかな実力の違いを見せつけた。セレクトセールで1億7280万円(税込)と高額落札された評判馬。陣営でも期待のかかる1頭で、能力は相当なものを感じているとしており、ここが試金石になることだろう。血統面からの成長度合いも込みで期待値高として挙げる。

「○」だが、1番のサンストックトンを挙げる。

 前走は京成杯。出遅れも響いて道中は中団より後ろで競馬していたが、直線からよーいドンのレースで差し届かず7着に終わっている。

 新馬戦と3走前の未勝利戦では番手につけるも粘りきれず2着。2走前の未勝利戦で勝ち上がっているが、それが今回と同じコース。中団から直線で前を捉えて差し切る競馬を見せている。ここから考えても小回りコースより広い東京コースの方が向いていると見た。前走の中山から東京に替わって、改めて持てる実力を発揮できるのではないだろうか。

JRA【共同通信杯(G3)予想】ダノンスコーピオン・ジオグリフの2強は余裕の消し! 昨年エフフォーリアでさえ4番人気…「隠れた逸材」はあの馬!?の画像2
アサヒ 競馬つらつらより

「▲」は人気しそうだが2番のアサヒを指名する。

 前走は東スポ杯2歳S(G2)。中団につける競馬から直線でよく伸びてきたのだが、勝った馬が強すぎた。上がり33.5秒の脚を使ってもそれを上回る32.9秒で上がられてしまっては手も足も出ない。2馬身半差の完敗だった。

 キャリア4戦で今回と同じコースを3回走り、1勝2着2回と好相性を見せている。陣営も前走は勝ち馬に差し負けたとして、予定していたローテーション通りで好勝負を期待するコメントを出している。

 メンバー中もっともこのコースに適性があると思われ、2勝目を重賞制覇で飾ってもおかしくはない。

JRA【共同通信杯(G3)予想】ダノンスコーピオン・ジオグリフの2強は余裕の消し! 昨年エフフォーリアでさえ4番人気…「隠れた逸材」はあの馬!?の画像3
アケルナルスター 撮影:Ruriko.I

「△」は6番アケルナルスターと9番ジュンブロッサムの2頭とする。

 アケルナルスターの前走はホープフルS(G1)。後方待機策を取って直線勝負にかけたが、差し届かず7着。それでもメンバー中最速の上がりタイムを記録しているほか、ハナ差の6着となったマテンロウレオが先週のきさらぎ賞を勝っていることを考えると、この馬のパフォーマンスはまだ発揮されていないと言えよう。ただ、キャリア3戦がいずれもそれほど速いタイムでないので、速い時計の決着だと厳しい可能性もある。

 ジュンブロッサムは前走・未勝利戦でローテーション的には切り。だが、未勝利戦の勝ちタイムが抜群にいい。東京2000mで2分を切るどころか1分58秒台に近いタイムを叩きだしているあたり、ただ者ではなかろう。

 人気どころでは5番ジオグリフ、11番ダノンスコーピオンの2頭を切り。

 2頭とも前走は朝日杯FS(G1)で、ローテーション的には何ら問題はない。また、両頭とも掲示板を確保するあたり、実力のほども察せられる。

 ただ、ジオグリフはノド鳴りが、ダノンスコーピオンは追い切りの内容が悪く、モタれ癖が課題と報じられているあたり、上位人気ではあるがこの舞台で実力を発揮できる状態ではないと見る。また、ジオグリフは鞍上が問題のルメール騎手。2着まではあるかも知れないが、今年最初の重賞勝ち星を進呈できるほどの実力ではないと考えている。

 無論、報じられている課題をあっさりクリアして、勝ち負けしてもおかしくはなかろう。ただ、それを期待して買うには人気しすぎていて、旨みが少なすぎる。ということで、ここは切ってしまおうと思う。実際に、昨年のエフフォーリアもここでは4番人気だった事実を忘れてはならない。

 ということで、今回は1番、2番、6番、9番、10番の5頭で3連複BOX10点勝負としたい。

 大穴馬をピックアップしていないため、高配当は期待しにくいが、来ればそれなりに満足できる配当はあり得るはずだ。

(文=トーラス神田)

<著者プロフィール>
オグリ引退の有馬記念をリアルタイムで見ている30年来の競馬好き。ウマ娘キャラがドンピシャの世代。競馬にロマンを求め、良血馬にとことん目がない。おかげで過去散々な目に遭っている。そのくせ馬券は完全データ派。座右の銘は「トリガミでも勝ちは勝ち」。

 

JRA【共同通信杯(G3)予想】ダノンスコーピオン・ジオグリフの2強は余裕の消し! 昨年エフフォーリアでさえ4番人気…「隠れた逸材」はあの馬!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  5. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  6. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  9. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に
  10. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か