GJ > 競馬ニュース > 「距離延長」にこそ勝算あり?「夏男」カテドラルの進化
NEW

「距離延長」にこそ勝算あり?「夏男」カテドラルの進化

【この記事のキーワード】, ,
「距離延長」にこそ勝算あり?「夏男」カテドラルの進化の画像1
カテドラル 撮影:Ruriko.I

 14日、小倉競馬場で行われるサマー2000シリーズの第3戦・小倉記念(G3)。この舞台で実に3年7カ月ぶりとなる芝2000m戦に挑むのが、カテドラル(牡6歳、栗東・池添学厩舎)だ。

 芝1800mだった前走の中京記念(G3)では、10番人気の低評価を覆して2着と奮闘。これでサマーマイルシリーズの得点を5ポイント手にし、現時点でランキング3位タイに名を連ねている。

 同馬は昨年も小倉開催だった中京記念で2着と好走した後、9月の京成杯オータムH(G3)を制覇。1勝・2着1回の好成績を収め、サマーマイルシリーズで計15ポイント稼いだが、20ポイントのロータスランドに敗れ、夏のマイル王に輝くことができなかった。

 そんな悔しさもあるだけに、昨年の忘れ物を取りに行くのかと思っていたところ、陣営が参戦を表明したのはマイル重賞の関屋記念(G3)ではなく、同日に小倉で行われる小倉記念。距離延長の選択は少々意外に映る。

 というのも、芝2000mで新馬勝ちを飾っている同馬だが、明け3歳の2019年1月に行われた京成杯(G3)で11着に敗れてからは徹底してマイル路線を歩んできた。

「距離延長」にこそ勝算あり?

 3歳春以降で芝1600mより長い距離を走ったのは、昨年と今年の中京記念だけ。開催日程の都合で小倉・芝1800mでの開催となった中での好走だったが、夏の小倉以外で芝1800mのレースに出走することはなく、ましてやさらに距離を延ばすという選択もしてこなかった。

 芝2000mの距離について、陣営は「やってみないと分からない」としているが、この馬にとって慣れ親しんだマイル戦が同日にあるにもかかわらず、あえてそこを選ばなかったということは、関屋記念よりも小倉記念の方にチャンスがあると判断したということだろう。

 その手がかりを探ってみると、一つはコンディションの良さが挙げられる。

 陣営も「前走の反動はなく、追い切りも問題ない。代謝が良くなる夏場は良い」と状態面の良さを強調。本格化の気配が漂う今、状態も上向きになる夏場に一度、芝2000mの距離を試しておきたい、と言ったところだろうか。

 ちなみに、夏季の状態の良さはそのまま成績にも直結している。同馬はこれまで24戦のキャリアで4勝を挙げているが、その全てが7月~9月で記録したものだった。

 同期間の成績は【4-2-0-1/7】という驚異的なもの。なかでもパンパンの軽い馬場を大の得意としており、良馬場に限ると【3-2-0-0/5】とパーフェクト連対中だ。

 加えて、もう一つ考えられるのが、陣営が前走のパフォーマンスに手応えを感じているということである。

 中京記念前に残したコメントによると、陣営はコーナー4回の競馬について「去年も良いレースをしてくれたので」と答えつつ、「小回りの芝1800mはそれ一回きりですから、適性に関しては今回もう一度使って判断」と語っていた。

 結果は同じ2着だが、今年の中京記念は1年前よりも1キロ増の斤量57キロでの戦いだっただけでなく、レース内容も勝ったベレヌスがゆったりとしたペースで逃げ切る前有利な流れの中、カテドラルは4角10番手からの見事な追い込み。騎乗した団野大成騎手も「いまの馬場を考えれば、よく脚を使ってくれていると思います」と健闘を称えている。

 かつては気性面の課題でコーナー4つのレースを避けていた馬が、小回りの1800m戦で2年連続の好走。緩い流れでもしっかりと折り合い、持ち味の差し脚を発揮できたのを見て、芝2000mの挑戦に食指が動いたのではないか。

 馬券戦略という観点では、人気薄での好走を経てオッズが下がった馬を後追いで狙うというのは気が引けるもの。それが3年半もの間、避けていた芝2000m戦への挑戦というオマケ付ならなおさらだ。

 しかし、中身をじっくりと見てみると、コンディション的にも実績的にも「夏馬」であることに疑いの余地がない。

 狙えるタイトルを後回しにしてでも挑戦する価値があると判断して出てくる芝2000m戦。不安の声を吹き飛ばすような連続好走があっても驚けないだろう。

木場七也

木場七也

29歳・右投右打。

本業は野球関係ながら土日は9時から17時までグリーンチャンネル固定の競馬狂。

ヘニーヒューズ産駒で天下を獲ることを夢見て一口馬主にも挑戦中。

「距離延長」にこそ勝算あり?「夏男」カテドラルの進化のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  5. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  6. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  9. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に
  10. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か