GJ > 競馬ニュース > 天才はいる、悔しいが。連敗脱出に自信の本命馬を発見!【小倉記念(G3)予想】
NEW

天才はいる、悔しいが。連敗脱出に自信の本命馬を発見!【小倉記念(G3)予想】

天才はいる、悔しいが。連敗脱出に自信の本命馬を発見!【小倉記念(G3)予想】の画像1

 先週末は短期免許で騎乗中のC.ホー騎手が、レパードS(G3)を制して嬉しい来日初重賞勝利を決めた。

 その一方、編集部2人の予想はまたしてもハズレ。ホー騎手の来日より一足早くスタートした本企画だったが、実力派外国人騎手に先を越されてしまった。

 先週は札幌、新潟の2場開催だったが、今週からは再び3場での開催。本企画は一応、編集部きっての穴党・黒井零と逆神の中川大河による「独断と偏券」の予想対決という名目なのだが、「逆神」中川はともかく、せめて黒井だけでもなんとかしたいところである。

黒井零(以下、黒井):目標をセンターに入れてスイッチ、目標をセンターに入れてスイッチ、目標をセンターに入れてスイッチ(ブツブツ)。

中川大河(以下、中川):どうしたんですかちょっと……。しっかりしてくださいよ。たかが3連敗じゃないですか。だらしないなあ。

黒井:いつもハズレてばかりの君には、何でもないようなことかもしれないけどさ。こっちは凹みもするのよ。

中川:まったくかすりもしませんでしたねえ。先週のエルムS(G3)の本命は、黒井さんがロードレガリスで自分がロードエクレールの“ロード対決”になった訳ですが、それぞれ5着と13着に終わりました。▲フルデプスリーダーが1着、△ウェルドーンが2着の私が大勝利ってことでいいですかね。

黒井:13着の本命馬を無視しないでよ(笑)。まあでも毎回本命が、華麗に凡走するんだから、ある意味凄いよ。

中川:「天才はいる。悔しいが。」ってところですかね。

黒井:俺の好きなトウカイテイオーまで巻き込むのはやめてくれ。レパードSの方は、しっかりと上位3頭的中していたのだけど、そっちは記事になってないレースだったしなあ。今週こそ何とかしないと。

中川:さすがTwitterフォロワー数10000人を超える、自称競馬界のインフルエンサー黒い太陽さんです。これでまたフォロワー数も増えたんじゃないですか。

黒井:いや、そうでもないんだなこれが。下ネタ言い過ぎて運営から制限を掛けられているから(笑)

黒井と中川が指名した注目の「◎」は?

中川:……相変わらずですねえ。それはそうと、小倉記念(G3)の「◎」はヒュミドールにしました。過去10年の勝ち馬の顔触れをチェックしていると、凄いことを発見したんです。実は勝ち時計の速い順に並べると、1位が2018年トリオンフ、2位が13年メイショウナルトなんですが、どちらもセン馬。4角先頭から押し切ってのレコード勝ちをしていた共通点があったんです。時計の速い今の小倉に合うと思いませんか。

黒井:あー、なるほど。それで「○」も右回りのレースが安定しているヒンドゥタイムズで、「▲」が一発に期待のスーパーフェザーだった訳ね。これ3頭全部がセン馬。徹底的に狙っている感じか。

中川:ところでそっちはどうなんですか。

黒井:こちらの「◎」にはピースオブエイトを抜擢してみた。ちょくちょく記事にしているけれど、今年の小倉は驚くほど前の馬が残っている。中京記念(G3)のときは一瞬だけ迷ったけれど、今回はもうブレないつもり。ホー騎手が53キロで乗れない代わりに、松本大輝騎手が重賞初騎乗というのも、人気になりにくくて歓迎。ここで逃げなきゃ男じゃない!

中川:今村聖奈騎手も重賞初騎乗初勝利でしたからね。松本騎手だってあるかもしれませんよ。

黒井:かつては“油断騎乗疑惑”なんかもあった松本騎手だけれど、最近の活躍はなかなかのもの。こうやってチャンスが回って来たのも、関係者から評価が上がっている証拠じゃないかな。

中川:問題は週末の天気ですよねえ。なんか台風も来ているみたいですし、馬場状態に変化がありそう。

黒井:ただでさえレースの予想で精一杯なんだから、天気の予想までしてられないよ。

中川:ですね。私のセン馬軍団がきっとなんとかしてくれますからご安心ください。

黒井:我らが阪神タイガースだって開幕9連敗の悪夢から、ようやくAクラスが見えるくらいに復活したんだから。この企画の3連敗程度は、まだまだかすり傷みたいなものだよ。

中川:そう言われてみれば、なんだか当たりそうな気がしてきました。

黒井:Vやねん!

中川:あーあ、禁断のワードを言っちゃった。

■中川の予想
◎ヒュミドール
○ヒンドゥタイムズ
▲スーパーフェザー
△タガノディアマンテ
×ピースオブエイト

■黒井の予想
◎ピースオブエイト
○マリアエレーナ
▲シフルマン
△ヒンドゥタイムズ
×ショウナンバルディ

天才はいる、悔しいが。連敗脱出に自信の本命馬を発見!【小倉記念(G3)予想】のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【有馬記念】池添謙一、川田将雅の「鞍替え」で明暗?大きな影響及ぼしたイクイノックス引退…浮き彫りになった「ルメールファースト」の舞台裏
  2. 「2戦無敗」G1挑戦も川田将雅にスイッチ…【有馬記念】イクイノックス引退で19年ぶり「秋古馬三冠」ならず…ディープインパクト×ブラックタイドの「インブリード」は?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【有馬記念】シャフリヤール「緊急登録」でますます豪華?武豊ドウデュースとタスティエーラでダービー馬の3世代対決も実現か…エフフォーリア不在を惜しむ声も
  4. 【阪神JF】永島まなみ「めちゃくちゃ悔しい」“踏み遅れ”で元相棒に惜敗…スイープトウショウ孫とG1初挑戦&前走の「リベンジ」へ!
  5. 「砂のグランプリ」に有馬記念に劣らない超強力メンバー集結!? ミックファイア、キングズソードら「4強対決」は実現するか
  6. 【有馬記念】ラストランのタイトルホルダーに追い風? 過去2敗でも今年は運も味方してくれるか
  7. 阪神JF『12番人気2着ウィルソンテソーロに続く注目穴馬』が出走。チャンピオンズCで12番人気を推せた理由とドリームチームのJFの決断
  8. 川田将雅、福永祐一も認める「大器晩成」、4連勝中ディープインパクト産駒がついに復帰!「G1挑戦」の妹に繋げたいバトン
  9. 【阪神JF】まさかの事態でC.ルメールをゲット! 歓喜のステレンボッシュ陣営は「アーモンドアイではなくアパパネの再現」を狙う!?
  10. C.ルメールが武豊らを全否定!? 「馬のことをわかっていない」国民的英雄ディープインパクトを破った「伝説の有馬記念」を語る