GJ > 競馬ニュース > 「ハーレム状態」福永祐一を巡る鞍上問題。ローズS(G2)で選びたい放題も、秋華賞(G1)の「本命候補」騎乗は避けられず!?
NEW

「ハーレム状態」福永祐一を巡る鞍上問題。ローズS(G2)で選びたい放題も、秋華賞(G1)の「本命候補」騎乗は避けられず!?

「ハーレム状態」福永祐一を巡る鞍上問題。ローズS(G2)で選びたい放題も、秋華賞(G1)の「本命候補」騎乗は避けられず!?の画像1
福永祐一騎手

 18日、中京競馬場では秋華賞(G1)のトライアル・ローズS(G2)が開催される。先週の紫苑S(G3)同様に、出走権が懸かる重要な一戦となりそうだ。

 昨年は、福永祐一騎手とコンビを組んだアンドヴァラナウトが優勝したこのレース。デビューから手綱を取り続けたパートナーとチャンスを掴み、秋華賞でも3着に入る活躍を見せた。そういった点でも、中京を得意とする名手の騎乗馬には今年も要注意だろう。

 登録メンバーを見渡すと、前走で福永騎手を背に好走した馬が4頭もいる。どの馬も賞金的に余裕があるわけではなく、是が非でも権利が欲しい。各陣営としても、引き続き福永騎手にお願いしたいところだろう。

 といっても、大切な一戦で福永騎手の騎乗できる馬は1頭だけ。そんな「ハーレム状態」の状況下で、継続騎乗を手にしたのがセントカメリア(牝3、栗東・高野友和厩舎)である。

 初勝利まで4戦を要したものの、そこからはようやく素質が開花したセントカメリア。前走の月岡温泉特別(2勝クラス)は2着に敗れたとはいえ、勝ったラーグルフは昨年のホープフルS(G1)で3着に入った実力馬であり、悲観するような相手ではないといえよう。

 また、2走前のあずさ賞(3歳1勝クラス)で破ったガイアフォースは、次走の国東特別(1勝クラス)で2着に7馬身差をつける圧巻のレコード勝ちを決めている。同馬はローズSの翌日に行われるセントライト記念(G2)で上位人気の一角を担う逸材なだけに、セントカメリアの実力に疑いはない。

 そんな強敵たちを相手に好勝負してきた上に、ローズSと同舞台の中京芝2000mで2戦2勝と抜群の相性。これは中京巧者の人馬にとって、大きなアドバンテージとなるだろう。

秋華賞の「本命候補」騎乗は避けられず!?

 しかし、福永騎手にとっては、仮にセントカメリアと権利を獲得しても素直に喜べない事情もある。というのも、同騎手にはオークス(G1)でコンビを組んだエリカヴィータと共に秋華賞へ向かう予定となっているからだ。

 オークス前、お手馬不在だった福永騎手に手を差し伸べたのが、まさにエリカヴィータ陣営だった。前走のフローラS(G2)では田辺裕信騎手が勝利に導いていたものの、本番で起用してくれた陣営には感謝の気持ちがあったはずだ。9着と結果を残すことは出来なかったが、再度の起用に応えるべく秋華賞には並々ならぬ思いがあるだろう。

 とはいえ、セントカメリアが権利取りに成功した場合、今度はライバルとして立ちはだかることになる。福永騎手にとっては、嬉しい悩みではあるが、鞍上問題は避けて通れないかもしれない。

ハイキック熊田

ハイキック熊田

ウオッカ全盛期に競馬と出会い、そこからドハマり。10年かけて休日を利用して中央競馬の全ての競馬場を旅打ち達成。馬券は穴馬からの単勝・馬連で勝負。日々データ分析や情報収集を行う「馬券研究」三昧。女性扱いはからっきし下手だが、牝馬限定戦は得意?

「ハーレム状態」福永祐一を巡る鞍上問題。ローズS(G2)で選びたい放題も、秋華賞(G1)の「本命候補」騎乗は避けられず!?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  4. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  5. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  6. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】