GJ > 競馬ニュース > 今村聖奈にチャンス到来あるか? ダートの怪物にかかる海外遠征の期待
NEW

今村聖奈にチャンス到来あるか? ダートの怪物にかかる海外遠征の期待

今村聖奈にチャンス到来あるか? ダートの怪物にかかる海外遠征の期待の画像1
今村聖奈騎手

 8日、夏の小倉新馬を圧勝したヤマニンウルス(牡2、栗東・斉藤崇史厩舎)が、26日のカトレアS(2歳OP)に参戦することが分かった。

 今夏、度肝を抜くような圧巻のパフォーマンスでデビュー勝ちを決めたヤマニンウルス。勝ち時計1分44秒3は従来の記録をコンマ5秒更新する2歳レコードで、2着馬につけた着差もJRAの平地競走では過去最大となる4秒3差と破格の内容だった。

 レース後には、鞍上を務めた今村聖奈騎手も「直線はまだ遊びながら走っていました」「強い走りでした」と絶賛。ファンの間でも、ネットの掲示板やSNS等で「ヤバすぎる」「怪物だ…」などの声が上がるほど、強烈なインパクトを残した。

 また、そのデビュー戦で2着に退けたゴライコウが先日行われたJBC2歳優駿(G3)を勝利したこともあって、ヤマニンウルスに対する評価も相対的に上がりつつある。

 そんなヤマニンウルス陣営が次走にカトレアSを選んだからには、「海外遠征」も視野に入ってくるのではと期待したくなる。

ダートの怪物にかかる海外遠征の期待

「カトレアSは、2016年から始まった『JAPAN ROAD TO THE KENTUCKY DERBY』の対象レースとなっています。対象4レースで得たポイントによって、ケンタッキーダービー(G1)に出走することが可能です。実際、2019年にはポイントでは4位(上位3頭は辞退)だったマスターフェンサーが米国三冠に挑戦したこともありました」(競馬誌ライター)

 ライターが話す通り、近年この対象レースに出走した馬の中には、ケンタッキーダービーではなかったとしても、結果によって海外レースに向かう馬も多く見られる。

 昨年はカトレアSを勝ったコンシリエーレが、次戦でサウジダービー(G3)に挑戦。他にも、対象レースの全日本2歳優駿(G1)を2着、ヒヤシンスS(L)を勝ったコンバスチョンがUAEダービー(G2)へと向かっている。

 また、先日のJBCクラシック(G1)で2着に入ったクラウンプライドも、ヒヤシンスSでは6着に敗れたものの、その後UAEダービーを制してケンタッキーダービーに挑戦。近年では2歳から3歳春にかけて、ダート路線の馬は国内ではなく賞金の高い海外レースに挑むことも少なくない。

「『ヤマニン』の冠名で知られるオーナーの土井肇氏は、過去に札幌記念(G2)を制したヤマニンキングリーで海外遠征を敢行したこともあります。もしヤマニンウルスがカトレアSを圧勝することがあれば、選択肢に入る可能性もゼロとは言い切れないでしょう」(同)

 カトレアSの鞍上については、まだ明言されていないものの、今村騎手が継続騎乗で結果を残せば、またとない大きなチャンスを手にすることがあるかもしれない。

ハイキック熊田

ハイキック熊田

ウオッカ全盛期に競馬と出会い、そこからドハマり。10年かけて休日を利用して中央競馬の全ての競馬場を旅打ち達成。馬券は穴馬からの単勝・馬連で勝負。日々データ分析や情報収集を行う「馬券研究」三昧。女性扱いはからっきし下手だが、牝馬限定戦は得意?

今村聖奈にチャンス到来あるか? ダートの怪物にかかる海外遠征の期待のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  4. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  5. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  6. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】