GJ > 競馬ニュース > デアリングタクト「中1週」ジャパンCに賛否も…陣営コメントの変化に復調予感
NEW

デアリングタクト「中1週」ジャパンCに賛否も…陣営コメントの変化に復調予感

デアリングタクト「中1週」ジャパンCに賛否も…陣営コメントの変化に復活予感の画像1
デアリングタクト 撮影:Ruriko.I

 1番人気に支持されたエリザベス女王杯(G1)を6着に敗れたデアリングタクト(牝5、栗東・杉山晴紀厩舎)だが、27日に東京競馬場で行われるジャパンC(G1)の参戦を前向きに検討していることが分かった。

 陣営によれば、「問題がなければ向かう方向で考えています」と条件付きではあるが、幸いレース後もいつもと変わらない様子とのこと。脚元の様子を見ながらではあるものの、順調なら出走に期待できそうだ。

 ただ、デアリングタクトは右前肢繋靱帯炎を発症し、1年1ヶ月の長期休養を経験した過去もあり、ネットの掲示板やSNSなどでは一部のファンから強行軍にも映る「中1週」での参戦を心配する声もあった。

 また、オールカマー(G2)前に結果次第でエリザベス女王杯とジャパンCを両睨みで次走の候補に入れているという陣営の話もあったため、両レースに参戦するプランが驚かれたのも無理はない。

 とはいえ、この参戦が無謀かといわれると、一概にそうとは言い切れない背景もある。

 なぜなら当初、出走を表明していたドウデュースが回避し、目玉となるはずだった超大物アルピニスタも故障が判明したことにより引退。さらには上位人気を確実視されていたイクイノックスも有馬記念(G1)への出走を決断したからだ。

女王復活のシナリオも十分に考えられる!?

 実績的にシャフリヤールが日本の大将格といえる存在だが、前走の天皇賞・秋(G1)でイクイノックスに完敗といえる5着に敗戦。3歳馬ダノンベルーガも有力だが、こちらはまだG1勝ちがない。新興勢力のヴェラアズールも人気を集めそうだが、牝馬三冠のデアリングタクトの実績は、ここでも目を引く。

 勿論、外国馬もグランドグローリー、オネスト、シムカミル、テュネスの4頭が出走する見込みだが、日本の馬場への適性は実際に走ってみないと分からないだろう。

 そして、この一見ハードに思えるローテーションでも、陣営があえての出走を検討したとなると女王復活のシナリオも十分に考えられるのではないか。希望的観測を含んでという意味なら、オールカマーとエリザベス女王杯に出されたコメントに少々変化も見られていた。

「ここは楽に勝ち負けしたかったのですが、最後は前を交わすのがやっとでした」

 こちらはオールカマー後に松山弘平騎手が語ったコメントだが、杉山調教師も「らしさがなかった」と話したように、本来のデアリングタクトの走りではなかったという想いが伝わる内容だった。

 これに対し、同じ敗れたレースでもエリザベス女王杯の場合は、「勝ち馬は大外枠でしたし、外枠の馬が上位に来る中で、苦しい枠になってしまいましたが、最後までしっかり伸びてくれていました」と振り返っている。

直前の大雨で外枠が有利になったことを主な敗因に挙げており、デアリングタクトの走りに関しては、及第点を思わせる言葉が続いた。

 となると、前走で復調気配を感じ取った陣営が、当初予定していたジャパンCで、もう一度期待したくなるのも不思議ではないはずだ。

そもそも2年前に史上初となる無敗での牝馬三冠を達成した実力の持ち主だけに、アーモンドアイやコントレイル相手に善戦した2年前のジャパンCに比べると、相手関係は楽になったという見方もできる。

 前走の敗戦で終わってしまったのか、それとも復活の前兆だったのか、その答えが出る27日を待ちたい。

黒井零

1993年有馬記念トウカイテイオー奇跡の復活に感動し、競馬にハマってはや30年近く。主な活動はSNSでのデータ分析と競馬に関する情報の発信。専門はWIN5で2011年の初回から皆勤で攻略に挑んでいる。得意としているのは独自の予想理論で穴馬を狙い撃つスタイル。危険な人気馬探しに余念がない著者が目指すのはWIN5長者。

デアリングタクト「中1週」ジャパンCに賛否も…陣営コメントの変化に復調予感のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  2. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  6. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 年度代表馬の「1年ぶり復活劇」が誰の印象にも残らなかった理由…芸術的な神騎乗だった岡部幸雄×皐月賞馬に見事な逆転勝利も
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」